観光ルート:洛陽妙見十二支めぐり(らくようみょうけんじゅうにしめぐり)

内容概要

(子=北)善行院-(丑=北北東)本満寺-(寅=東北東)道入寺-(卯=東)霊鑑寺-(辰=東南東)満願寺-(巳=南南東)日体寺-(午=南)本教寺-(未=南南西)法華寺-(申=西南西)慈雲寺-(酉=西)常寂光寺-(戌=西北西)三宝寺-(亥=北北西)円成寺
妙見菩薩は北極星・北斗七星を神格化し宇宙万物の運気を司るといわれ、鎮宅霊符神・玄武神として鎮護国家の守り本尊とされていた。昭和61年新たに発足し、御所紫宸殿を中心に12の恵方から構成されている。

観光ルート路線リスト

  

  

  

霊鑑寺

  

  

  

  

  

  

常寂光寺

  

三宝寺