• ホーム
  • イベント情報
  • 観光スポットを地図から探す
  • 観光スポットをカテゴリから探す
  • 観光スポットをおすすめ機能から探す
京都の天気
8月2日(土)
34℃ / 26℃

週間天気へ

観光ルート:鷹ヶ峰から金閣寺へ(たかがみねからきんかくじへ)

内容概要

鷹ヶ峰の地は、京の七口の一つ、長坂口にあたる。京都から北丹波へ通じる道の出入口だったためか、周りは山々に囲まれ、水清らかな紙屋川が流れるたいへん自然に恵まれている所である。そんな地に江戸時代の初め、工芸家であった本阿弥光悦は一族を率いて移り住み芸術村をひらいた。鷹ヶ峰に残る寺院には光悦ゆかりの寺もあり、鷹ヶ峰一帯は今なお、芸術村の雰囲気を漂わせている。まずは、常照寺に行ってみる。常照寺は吉野太夫ゆかりの寺で、吉野太夫自身も、そして夫の灰屋紹益も光悦と芸術を通して交友があったらしい。寺の山門は吉野太夫寄進の朱塗の門で、たいへん目を引く。境内には吉野太夫の墓もあり、吉野太夫の寺という感じがする。次に源光庵に向う。源光庵の本堂の天井は血天井になっており、伏見桃山城の遺構である。その痕跡はたいへん生々しい。そして源光庵のすぐ近くには光悦寺がある。光悦寺はその名の通り本阿弥光悦一族の寺である。山門をくぐると長い参道が続き、奥へ行く程広くなっている。境内にはいくつものお茶屋が点在していて、紅葉の名所でもある。光悦寺からしばらく行くと、現在の芸術村であるしょうざんがある。更に南下すると、金閣寺へと通じる。金色に輝く金閣の豪華さには目をみはるばかりである。

観光ルート路線リスト

徒歩3分

常照寺

徒歩3分

源光庵

徒歩3分

光悦寺

徒歩10分

しょうざん

徒歩20分

金閣寺(鹿苑寺)

徒歩7分