観光ルート:円山公園界隈(まるやまこうえんかいわい)

内容概要

四条通の東の端に八坂神社がある。7月の祗園祭、大晦日のおけら詣りで全国的に知られ、また、古くから‘祗園さん’の名で京の人びとに親しまれている京都有数の神社である。円山公園は八坂神社の隣に位置する。中央に池を配置した回遊式庭園になっていて、木立のあいだから知恩院や安養寺の屋根が見え隠れし、眺望も良い公園である。公園の散策を楽しんだら平家物語のヒロイン建礼門院ゆかりの長楽寺に行こう。訪れる人も少ない静かな寺である。ここを出たら曲りくねった坂道を北へ歩く。法然上人の吉水草庵の跡で、念仏発祥の地とされている安養寺に参拝したら、北隣にある知恩院の大鐘楼に足を運ぶ。ここには日本最大の銅鐘がつられており、銅鐘の高さが5.4m、重さは約75トン、7~8人がかりで撞かれる。石段を降りたら御影堂の横に出る。山内には御影堂の他、大方丈・小方丈・経蔵・唐門など多くの重要文化財が建ちならぶ。その北隣が天台宗の門跡寺院の青蓮院である。本堂、宸殿、小御所の建物のほか、華頂山を借景とした池泉回遊式の庭園が見られる。門を出て北へ向い、東にまわれば、粟田神社が高台に建っている。

観光ルート路線リスト

徒歩3分

八坂神社・円山公園

徒歩2分

長楽寺

徒歩3分

安養寺

徒歩3分

知恩院大鐘楼

徒歩2分

知恩院御影堂

徒歩5分

青蓮院(青蓮院門跡)

徒歩10分

粟田神社

徒歩5分