観光ルート

  • カテゴリー一覧
  • 寺院・神社
  • 観光施設
  • 年間行事
  • 食事・宿泊・買い物
  • 文化・歴史・自然
  • 駒札
  • 観光ルート
検索結果 558件が該当しました

京の三庚申

尊勝院-八坂庚申堂-猿田彦神社庚申の日とは干支で60日に1回、1年に6回まわってくる庚と申の日。三猿像は人間の悪行を見ザル、聞ザル、言ザルという謹慎態度を具現化したもの。庚申塚からは道祖神信仰が生まれた。

京の三弘法めぐり

東寺-神光院-仁和寺毎月21日は弘法大師空海の縁日。三弘法めぐりは江戸中期にはじまる。京都では四国八十八ヵ所巡礼にいく人は出発前に無事を祈ってお参りし、帰ったら必ずお礼参りするしきたりがある。

京の七福神めぐり

毘沙門天(毘沙門堂)-布袋尊(長楽寺)-えびす神(恵美須神社)-大黒天(松ヶ崎大黒天)-弁財天(三千院)-福禄寿(護浄院)-寿老神(革堂)結成はかなり古くからだが、各社寺メンバーの入れ替えが随時行われた。はじめは本尊・祭神そのものが七福神の社寺で構成されていた。現在...

京の大黒さんめぐり

大山崎大黒天・宝寺-淀大黒天・大徳寺-大原野大黒天・正法寺-嵯峨野大黒天・遍照寺-因幡堂大黒天・因幡薬師-伏見大黒天・大黒寺京都の真言宗各派6ヵ寺が集まって平成元年6月スタート。古くは寺院の守護・豊饒の神としてあがめられ、特に厨房の守護とされた。大黒寺、遍照寺、正法...

清水寺から円山公園へ

清水寺は、京都屈指の名刹で特に清水の舞台として名高い本堂とそこからの市街のながめがすばらしい。清水寺へまいったあと、みやげ店が建ちならぶ清水坂を下り、大駐車場の手前を北へ向かうと産寧坂(三年坂)である。この産寧坂から円山公園にかけては、折れまがった石畳みの坂道や石段...

近代建築を訪ねて<洛東>

古い社寺めぐりのあい間に、明治以降に造られた近代建築を訪ね歩くのも楽しいものだ。まず最初は東山七条にある京都国立博物館を訪ねよう。本館はフレンチ・ルネサンス様式の煉瓦造りで、明治30年に開館されている。バスを利用し長楽館へ行く。長楽館は円山公園の西南にあり、明治42年に...

久多の里めぐり

久多は京都市の最北端で、そこに行きつくには大原から途中越に出て一旦滋賀県に入り安曇川に沿って梅ノ木、朽木方面にすすむ道と花背、広河原を通って峠を越える山道の2本しかなく、いずれも京都の中心部から車で約1時間半を要するところである。また、出町柳駅から梅ノ木まで京都バスの...

雲ヶ畑を訪ねて

賀茂川をひたすら上流へとさかのぼってゆく。バスの車窓からはリズミカルに並ぶ杉の美林や、しだいにその川幅をせばめところどころに瀬をつくっている賀茂川の清流が見え、大自然の景色を楽しむことができる。そんな景色にもやがて飽きてきたころ、左右の山がひらけ民家が点在するように...

鞍馬から貴船へ

鞍馬は鞍馬寺の門前町として、また丹波若狭との交通の要衝として古くから開けた所であり、昔ながらのたたずまいを残す町並みには、名物木の芽煮を煮しめる香りが漂う。鞍馬寺は町の中ほど、鞍馬街道に面した仁王門から始まる。そこから、‘鞍馬の火祭’で知られる鞍馬の鎮守社由岐神社へは...

黒谷界隈

東山通東一条を東へ京都大学の間を通って歩いて行くと、吉田神社の鳥居が見えてくる。そこから、長い石段を登りつめると、左手に本殿が建っている。吉田神社は貞観元年(859)の創建で、もとは藤原氏の氏神社であったと伝える。この神社の神官、吉田兼倶が神仏思想に陰陽五行説を加えた唯...