文化・歴史・自然

  • カテゴリー一覧
  • 寺院・神社
  • 観光施設
  • 年間行事
  • 食事・宿泊・買い物
  • 文化・歴史・自然
  • 駒札
  • 観光ルート
検索結果 1101件が該当しました

足利義満、北山第を造営(1397)

室町幕府三代将軍・足利義満は、将軍職を退いて出家したが太政大臣として実権をふるった。応永4年(1397)から北山の旧西園寺家別荘地に北山殿を造営。その後、後小松天皇を北山殿に迎えた。この北山殿が現在の金閣寺となる。

足利義満、日明貿易始める(1401)

応永8年(1401)、足利義満は九州探題に倭寇を取り締まらせるとともに明に使者を使わして国交を開く。勘合符の有無によって公私の船を区別する勘合貿易の方式を定め、多くの貿易上の利益を収めた。

芦刈山

謡曲「芦刈」から取材、妻にさられて一人淋しく難波の浦で芦を刈る老翁の姿をあらわす。御神体(人形)の頭には「天文6年6月7条仏師運慶七代孫康運作」の墨書銘がある。御神体の古衣装として綾地締切蝶牡丹文片身替小袖(あやじしめきりちょうぼたんもんかたみがわりこそで)(室町時代)...

愛宕社<大豊神社> 狛鳶

愛宕社は大豊神社の境内末社。愛宕山を空からお守りしている鳶を、社殿前には「狛鳶」として建てられている。

愛宕山

右京区嵯峨愛宕町と北桑田郡京北町の境にある山。標高924メートル。丹波山地で突出した硬岩からなる残丘。山頂には火難除けの信仰が厚い愛宕神社があり、山腹には月輪寺、空也の滝がある。登山は清滝からの表参道が一般的で、約2時間5.5キロ。

化野

右京区嵯峨にある地名。小倉山のふもと、二尊院から念仏寺にいたる付近一帯。東の鳥辺野、北の蓮台野と並び葬地として有名である。1931年(昭和6)京都市に編入。近くに嵐山高雄パークウェイの入口がある。京都バス鳥居本南一帯。

安土・桃山時代(1573~1603)1

●天下人、信長と秀吉の京都全国統一を目指して時代を駆け抜けた織田信長と豊臣秀吉。戦国の世は京都の街を戦場と化し、破壊に破壊を重ねた時代であった。しかし、安土・桃山時代の京都は、この二人の英傑によって建設の時代へと移り変わる。海外貿易でヨーロッパとの交流ができ、芸術、工...

安土・桃山時代(1573~1603)2

●歴史を変えた本能寺の変天才的な指導者といわれる織田信長は、鉄砲隊の使用やキリスト教の布教を許すなど世界的視野にたって物事を見ていた人物。しかしのちに復興を促したとはいえ、比叡山の焼き討ち、長島一向一揆の虐殺など、何万人もの人間を平気で殺したのも彼であった。信長が長生...

安土・桃山時代(1573~1603)3

●京都に数ある信長の墓信長の墓は、本能寺の他、大徳寺の塔頭のひとつである総見院と、寺町今出川を上がったところに建つ阿弥陀寺(上京区)にもある。総見院は、豊臣秀吉が信長の一周忌に合わせて建立、七日間にわたって大法要を行った寺。寺名も信長の法号にちなみ、本堂には信長の木像...

安土・桃山時代(1573~1603)4

●秀吉が改造した京の街織田信長亡きあと、天下人となった豊臣秀吉は京の街の大規模な都市整備を行った。平安京の町組みに縦の通りを設け、現在に見られるような碁盤の町割りを作ったのである。寺町通は市中に散らばっていた寺を集めたのでその名が残る。また、京の四囲には、洛外、洛中を...