寺院・神社

  • カテゴリー一覧
  • 寺院・神社
  • 観光施設
  • 年間行事
  • 食事・宿泊・買い物
  • 文化・歴史・自然
  • 駒札
  • 観光ルート
検索結果 427件が該当しました

岩屋神社

音羽山西麓の旧郷社で岩屋明神とも。天忍穂耳命などを祭る。宇多天皇時代の創建といわれ、治承年間(1177-81)に焼失したが、1262年(弘長2)再建。本殿の奥山に陰陽1対の岩(磐座)があり陰岩に溜った水は霊水とされる。氏子域は山科ほぼ全区にわたる。

印空寺

その昔、俳人松尾芭蕉が「名月や 池をめぐりて 夜もすがら」と詠んだといわれる広沢池の東200m、「一条山越通」交差点より西へ2軒目にあります。元禄元年(1688)に印空上人が時の仁和寺門跡覚隆法親王より土地を賜り開山し、明治維新後の荒廃の時期を経て、平成3年(1991)に本堂、...

引接寺

高野山真言宗。開基小野篁卿(802~853)、開山定覚上人(1017-恵心僧都の法弟)、諸人化導引接仏道から寺名。本尊は閻魔法王(高さ2.4メートル)左脇に司命、右脇に司録を安置し、往古の裁判庁舎を象っている平安朝京洛の中心道路である朱雀大路(現千本通)頭に位置するこの辺りはあの...

羽休山飛行院 西林寺 

延暦(えんりゃく)年間(781~806)に、慶俊僧都(けいしゅんそうず)によって開かれた天台宗(てんだいしゅう)の寺院。僧都がこの地で朝露に乱れ咲く木槿の草むらから地蔵尊を感得されたところから、木槿地蔵と呼ばれるようになった。本尊であるこの地蔵尊は、京都の名地蔵尊のひとつ...

梅宮大社

橘諸兄の母、橘三千代が酒解神、酒解子神(大山祇、木花咲耶姫)を祭り酒造安全と子孫繁栄を祈願した神社。檀林皇后(嵯峨天皇の后)が井手町から現在地に遷座。皇后は当社に祈願し初めて皇子をもうけたといい、以来子授けの神として信仰され、境内にまたげ石や産砂をうける風習がある。...

雲龍院

泉涌寺別院。1372年(応安5)後光厳上皇の創建。開山は竹厳聖皐。後円融天皇の綸旨によって如法写経が行われ、後小松天皇も帰依し、発展する。1501年(文亀1)後柏原天皇より御黒戸御殿を賜り写経道場とした。本堂「龍華殿」は重文。寺宝の絹本着色後円融院宸影は土佐光信筆で重文。建立...

雲林院

船岡山の東麓にあり、初め紫野院と云い淳和天皇の御離宮であった「大鏡」、「源氏物語」、「古今和歌集」等、平安時代のほとんどの文献に登場する古刹である。元亨四年、敷地を宗峰妙超が賜り大徳寺を創建した。現在は観音堂一宇が残り、十一面千手観世音菩薩を本尊として、大徳寺開山の...

栄春寺

永禄11年(1568)開創の曹洞宗寺院。伏見城遺構の門。伏見城総構え(土塁)が唯一現存する。長沼流兵法の祖、長沼宗敬の墓・碑有。本堂絵天井と内陣龍図天井に見学者有。秀吉の命により植えた孟宗竹。浅野内匠頭、大石内蔵助、志士をまつる。現在、道元禅師三十二禅刹の一寺、茶室指心庵...

恵福寺

(沿革)伏見は醍醐の南、日野の山すそにあり、宇治と隣接している。近くには法界寺(国宝)、親鸞上人の日野誕生院がある。また方丈石も歩いて15分ぐらいの山中にある。創建年代は鎌倉時代後期に天台宗として開かれ、その後慶長3年(1598)に浄土宗となった。境内には、しだれ桜があり、花見...

慧照院

妙心寺塔頭。1623年(元和9)福井城主松平忠昌候の正室花姫の菩提所として創建され、当初は花姫の法号にちなみ黄梅院と称した。宝永年中(1704~11)に、衰退していた当院を大春和尚が中興し、このときに慧照院と改称。花姫を弔うかのように咲く当院の「五色散椿」は樹齢120年。五色椿の...