春の特別公開

洛東

霊鑑寺
椿の花咲く尼門跡寺院「谷の御所」

 
期 間 平成30年3月24日(土)~平成30年4月8日(日)
受付時間 10時~16時
内 容 歴代皇女が住職を務めた尼門跡寺院。別名「谷の御所」と呼ばれています。後西天皇の院御所から移築した書院は狩野派の作と伝わる華麗な障壁画で飾られ、愛らしい御所人形や絵カルタなど雅な寺宝が伝えられています。御水尾天皇が椿を好まれたことから、広い庭内には「日光(じっこう)椿」をはじめ、三十種以上の名椿が色とりどりに咲き誇ります。
拝観料 600円
交 通 市バス5「真如堂前」、100「宮ノ前町」
問合せ 京都市観光協会 075-213-1717

霊鑑寺

勧修寺
氷室の池と桜 平安の美を伝える門跡寺院

 
期 間 平成30年3月24日(土)~平成30年4月15日(日)
受付時間 9時~16時
内 容 醍醐天皇が創建された勅願寺で格式を誇る門跡寺院。特別公開される書院は、土佐光起とその子・光成が手掛けたと伝わる金地極彩色の「近江八景図」「龍田川紅葉図」などの華麗な障壁画で飾られています。「氷室池」を中心に広がる池泉庭園の桜は見事で、書院前の水戸光圀寄進と伝わる石灯籠「勧修寺型灯籠」や樹齢約750年のハイビャクシンなども見どころです。
拝観料 600円
交 通 地下鉄東西線「小野」
問合せ 京都市観光協会 075-213-1717

勧修寺

東福寺 法堂・光明宝殿
仏師・運慶作と伝わる「多聞天」と東福寺の仏像 一挙公開

 
期 間 平成30年4月27日(金)~5月6日(日)
受付時間 10時~16時
内 容 法堂 (仏殿)は、昭和9年に再建された昭和期の木造建築としては最大級の建物。今回の見どころ「多聞天像」は右手の親指を立て戟(げき)を持つ姿などの作風が特長で、鎌倉時代初期の仏師・運慶の作と伝えられます。天井には京都画壇の巨匠・堂本印象がわずか17日間で描いたという「蒼龍図」が残されています。「光明宝殿」では、国宝三門に安置されていた像高約3.4mの巨大「二天王立像」や、運慶作と伝わる金剛力士立像、白河法皇の皇女郁芳門院の六条御堂の旧仏と伝わる阿弥陀如来坐像など、いずれも重要文化財の仏像が一挙公開されます。
拝観料 800円
交 通 JR奈良線・京阪本線・市バス208
「東福寺」
問合せ 京都市観光協会 075-213-1717

東福寺

銀閣寺 春の特別公開
東山文化の原点 国宝東求堂

 
期 間 平成30年3月15日(木)~平成30年5月6日(日)
受付時間 10時~15時30分
内 容 茶、花、香道の原点となった東求堂同仁斎や弄清亭の公開。
拝観料 1,000円(別途通常入山料500円要)
交 通 市バス5・100「銀閣寺道」
問合せ 銀閣寺 075-771-5725

銀閣寺

法然院
春季伽藍内の特別公開

 
期 間 平成30年4月1日(日)~7日(土)
受付時間 9時30分~16時
内 容 椿の名所。
中庭の三銘椿が見頃を迎えます。
拝観料 500円
交 通 市バス5「浄土寺」
問合せ 法然院 075-771-2420

法然院

安楽寺
春の特別公開

 
期 間 平成30年4月1日(日)~8日(日)、4月21日(土)~5月6日(日)の土・日・祝日、5月26日(土)・27日(日)、6月2日(土)
受付時間 9時30分~16時
内 容 桜やつつじの花の開花に合わせて公開。
拝観料 500円
交 通 市バス5「真如堂前」
問合せ 安楽寺 075-771-5360

安楽寺

南禅寺塔頭 天授庵
重要文化財長谷川等伯筆襖絵三十二面複製一般公開

 
期 間 平成30年4月29日(日・祝)~5月5日(土・祝)
受付時間 9時~17時(5月5日は16時30分まで、いずれも閉門)
内 容 禅の説話画が襖絵となり、公開されます。
拝観料 500円
交 通 市バス5「南禅寺・永観堂道」
問合せ 天授庵 075-771-0744

天授庵

青蓮院門跡
「茶室 好文亭」の特別拝観

 
期 間 平成30年3月21日(水・祝)~平成30年5月5日(土・祝)の土・日・祝日
受付時間 10時~15時30分
内 容 後桜町上皇の御学問所にて正式なお茶のお点前をお楽しみください。
拝観料 1,000円(抹茶または煎茶、菓子付)(別途通常拝観料500円要)
交 通 市バス5「神宮道」
問合せ 青蓮院 075-561-2345

青蓮院門跡

得浄明院 春の特別公開
戒壇めぐりと一初鑑賞会

 
期 間 平成30年4月21日(土)~5月5日(土・祝)
受付時間 9時30分~16時
内 容 東山の花の寺。一初はアヤメ科の中でも最も早く咲く花です。
拝観料 500円
交 通 市バス206「知恩院前」
問合せ 得浄明院 075-561-3767

得浄明院

長楽寺
建礼門院寺宝展

 
期 間 平成30年4月1日(日)~5月10日(木)
受付時間 9時~17時(閉門)
内 容 建礼門院ゆかりの品々や多数の遺宝を公開します。
拝観料 650円
交 通 市バス206「祇園」
問合せ 長楽寺 075-561-0589

長楽寺

正伝永源院
春の庭園特別公開・寺宝展

 
期 間 平成30年4月14日(土)~5月6日(日)
受付時間 10時~16時30分
内 容 境内には大名茶人織田有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵」が復元されています。池泉観賞式の庭園と併せて公開。
拝観料 500円
交 通 市バス206「東山安井」
問合せ 正伝永源院 075-531-0200

正伝永源院

高台寺
春の特別展

 
期 間 平成30年3月9日(金)~平成30年5月6日(日)
受付時間 9時~21時30分
内 容 漫画家、バロン吉元と寺田克也のコラボレーション作品展「バッテラ展」を開催。
拝観料 600円
交 通 市バス206「東山安井」
問合せ 高台寺 075-561-9966

高台寺

圓徳院
春の特別展

 
期 間 平成30年3月9日(金)~平成30年5月6日(日)
受付時間 10時~21時30分
内 容 「禅寺体験ことはじめ」「光の糸が紡ぐほとけさま」展を開催。
拝観料 500円
交 通 市バス206「東山安井」
問合せ 圓徳院 075-525-0101

圓徳院

智慧・美貌・福徳
京都春の東山 三ヶ寺巡り

 
期 間 平成30年3月14日(水)~5月6日(日)
内 容 智慧を積む寺智積院、美をみがく寺泉涌寺、福を招く寺東福寺。「東山三ヶ寺巡りオリジナルご朱印帳」で春の東山を散策ください。
拝観料 東山三ヶ寺巡りオリジナルご朱印帳1,200円
(泉涌寺は御座所庭園拝観を除く・東福寺は方丈または通天橋のみ)
問合せ 智積院 075-541-5361 ◆市バス208「東山七条」
泉涌寺 075-561-1551 ◆市バス208「泉涌寺道」
東福寺 075-561-0087 ◆市バス208、JR奈良線「東福寺」

東福寺

東福寺

洛中

本法寺
春季特別寺宝展

 
期 間 平成30年3月14日(水)~平成30年4月15日(日)
受付時間 10時~16時
内 容 長谷川等伯筆の涅槃図と日蓮上人や本阿弥光悦の寺宝を多数公開。
拝観料 1,000円
交 通 市バス9「堀川寺ノ内」
問合せ 本法寺 075-441-7997

本法寺

宝鏡寺
春の人形展

 
期 間 平成30年3月1日(木)~平成30年4月3日(火)
受付時間 10時~15時30分
内 容 光格天皇より拝領の有職雛をはじめ、御所人形や内裏雛が公開されます。
拝観料 600円
交 通 市バス9「堀川寺ノ内」
問合せ 宝鏡寺 075-451-1550

宝鏡寺

妙顕寺
春の花見と特別拝観

 
期 間 平成30年3月24日(土)~平成30年4月12日(木)
受付時間 10時~16時
内 容 しだれ桜と宝物館の特別拝観。
拝観料 800円 期間中抹茶席あり500円
交 通 市バス9「堀川寺ノ内」
問合せ 妙顕寺 075-414-0808

妙顕寺

妙覺寺
新緑の青もみじ「法姿園」特別拝観

 
期 間 平成30年4月28日(土)~5月31日(木)※5月20拝観休止
受付時間 9時~15時
内 容 織田信長の宿所の1つとされ、千利休による茶会も催された古刹の庭園を鑑賞ください。
拝観料 500円
交 通 市バス9「天神公園前」
問合せ 妙覺寺 075-441-2802

妙覺寺

相国寺
春の特別拝観

 
期 間 平成30年3月24日(土)~平成30年6月4日(月)
受付時間 10時~16時
内 容 法堂、方丈、浴室を公開。
拝観料 800円
交 通 地下鉄烏丸線「今出川」
問合せ 相国寺 075-231-0301

相国寺

京都御所
宮廷文化の紹介

 
期 間 平成30年4月4日(水)~8日(日)
受付時間 入門9時~15時50分
内 容 通年公開とは異なるルートで、高御座・御帳台などを近くに見学できるほか、普段は非公開の調度品や人形などで宮廷文化が紹介されます。また、催しとして、7日に雅楽、8日に蹴鞠が行われます。(両日共10時、11時)
交 通 地下鉄烏丸線「今出川」
問合せ 宮内庁京都事務所 075-211-1211
特別イベントの実施に伴い通年公開は4月2日・3日・9日・10日は休止となります

京都御所

洛北

大徳寺塔頭 興臨院
特別公開

 
期 間 平成30年3月17日(土)~平成30年6月10日(日)
受付時間 10時~16時30分
内 容 本堂・表門・唐門は室町期創建の禅宗建築の代表作。
拝観料 600円
交 通 市バス206「大徳寺前」
問合せ 京都春秋事務局 075-231-7015

興臨院

大徳寺塔頭 黄梅院
特別公開

 
期 間 平成30年3月24日(土)~平成30年5月27日(日) ※5月26日は休止
受付時間 10時~16時
内 容 庫裡は日本の禅宗寺院において現存する最古のもの。
拝観料 600円
交 通 市バス206「大徳寺前」
問合せ 京都春秋事務局 075-231-7015

黄梅院

大徳寺塔頭 総見院
特別公開

 
期 間 平成30年3月24日(土)~平成30年5月26日(土)の土・日・祝日 ※ 5月1日・2日は公開
受付時間 10時~16時(期間:平成30年4月1日、5月6日は午後~)
内 容 織田信長公木像の公開。
拝観料 600円
交 通 市バス206「大徳寺前」
問合せ 京都春秋事務局 075-231-7015

総見院

洛西

妙心寺塔頭 退蔵院
春の特別拝観

 
期 間 平成30年3月31日(土)~平成30年4月15日(日)
受付時間 9時~17時
内 容 通常非公開の本堂と、枯山水庭園「元信の庭」を公開します。
拝観料 500円
交 通 JR嵯峨野線「花園」
問合せ 退蔵院 075-463-2855

退蔵院

妙心寺塔頭 大雄院
特別拝観

 
期 間 平成30年4月22日(日)~5月13日(日)
受付時間 10時~16時 ※4月30日・5月5日は13時~
内 容 柴田是真の花丸図が、「大雄院襖絵プロジェクト」による宮絵師・安川如風の手で襖絵として甦り、完成した第1次の8枚が披露されます。
拝観料 600円
交 通 市バス26「妙心寺北門前」
問合せ 大雄院 075-463-6538

妙心寺

仁和寺
「霊宝館」春季名宝展

 
期 間 平成30年4月1日(日)~5月27日(日)
受付時間 9時~16時30分
内 容 国宝の阿弥陀三尊像をはじめとする名宝の数々を展観します。
拝観料 500円
交 通 市バス26「御室仁和寺」
問合せ 仁和寺 075-461-1155

仁和寺

平岡八幡宮
花の天井 春の特別公開

 
期 間 平成30年3月2日(金)~平成30年5月15日(火)
受付時間 10時~16時
内 容 神殿天井の44枚の極彩色の花絵が公開されます。
拝観料 800円(宮司のお話、縁起書、大福茶付)
交 通 JRバス「平岡八幡」
問合せ 平岡八幡宮 075-871-2084

平岡八幡宮

旧嵯峨御所 大覚寺
特別名宝展

 
期 間 平成30年3月16日(金)~平成30年5月14日(月)
受付時間 9時~16時30分
内 容 「五大明王像」はじめ、重要文化財を含む旧嵯峨御所大覚寺所蔵の寺宝を展観。
拝観料 800円(寺内拝観料含む)
交 通 市バス28「大覚寺」
問合せ 大覚寺 075-871-0071

大覚寺

清凉寺
霊宝館の特別公開

 
期 間 平成30年4月1日(日)~5月31日(木)
受付時間 9時~17時
内 容 内容国宝の阿弥陀三尊像、重文の釈迦十大弟子像など多数の宝物が拝観できます。
拝観料 400円
(本堂と合わせて拝観の場合700円)
交 通 市バス28「嵯峨釈迦堂前」
問合せ 清凉寺 075-861-0343

清凉寺

弘源寺
春の特別公開

 
期 間 平成30年3月17日(土)~平成30年5月16日(水)
受付時間 9時~17時
内 容 竹内栖鳳の日本画や毘沙門天立像など。
拝観料 500円
交 通 市バス28「嵐山天龍寺前」
問合せ 弘源寺 075-881-1232

弘源寺

宝厳院
春の特別公開

 
期 間 平成30年3月17日(土)~平成30年6月30日(土)
受付時間 9時~17時
内 容 嵐山を借景とする「獅子吼(ししく)の庭」の公開。
拝観料 500円
交 通 市バス28「嵐山天龍寺前」
問合せ 宝厳院 075-861-0091

宝厳院

洛南

醍醐寺
霊宝館 春期特別展

 
期 間 平成30年3月20日(火)~平成30年5月15日(火)
受付時間 9時~16時
内 容 桜の時期に合わせ、公開されます。
拝観料 1,500円
交 通 地下鉄東西線 「醍醐」
問合せ 醍醐寺 075-571-0002

醍醐寺

東寺
春期特別公開

 
期 間 平成30年3月20日(火)~平成30年5月25日(金)
受付時間 9時~17時
内 容 密教美術の宝庫である宝物館では、毎年テーマに沿って寺宝を展示。
拝観料 500円

五重塔初層内部

●期間:平成30年4月27日(金)~5月25日(金)8時~17時
●内容:国宝「五重塔」は木造の建造物としては日本一の高さ。
●拝観料:800円(金堂・講堂含む)

交 通 近鉄京都線「東寺」
問合せ 東寺 075-691-3325

東寺

※都合により拝観できない場合があります。詳細は事前にお問い合わせください。