京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi
2019年1月の京都観光   
 催し
お正月三が日も開館!
~下鴨神社の南、木立に包まれて建つ豪商・旧三井家の別邸~

平成31年1月1日(火)~3日(木) 開館時間:9時~16時30分(受付)
初詣で賑わう下鴨神社の参道に位置する旧三井家下鴨別邸は、元旦から開館します。三が日は、鴨川近くに蔵を構える老舗酒蔵松井酒造のお酒をふるまい、京のお正月を祝います。
休館:水曜日及び12月29日~31日

二条城年末年始庭園公開
平成30年12月26日(水)~28日(金)、平成31年1月1日(火・祝)~3日(木)
時間:8時45分~17時(入城は16時)※期間中、御殿内は非公開

庭園鑑賞など、雅やかな京都ならではの年末年始が過ごせます。

新春の庭で楽しむ-お正月特別ガイドと特別茶菓子
平成31年1月1日(火)~3日(木) 10:00~16:00(香の庭体感)
開催時間:11:00~、13:00~、14:00~(各回ガイド15分)

無鄰菴は、お正月にも開場中。ゆっくりと日本庭園の中で日本文化と季節のしつらえを味わえる催しを、たくさんご用意しています。庭園コンシェルジュがお庭の味わい方、見どころ、歴史をわかりやすく解説する「お正月特別ガイド」や、庭が最も美しく見える視点場を中心に香りを配置し、庭園の空間構成を体感できる「香の庭」、そして、お正月にあわせた特別限定茶菓子(1000円)とお抹茶とお庭をみはらすお茶席を実施いたします。初詣の際には、無鄰菴でほっこり休憩しながらお庭に詳しくなりませんか?

協力:香老舗 松栄堂

以下URLより講座詳細をご確認いただけます。
https://murin-an.jp/events/event20190101-03/

→チラシはこちら

獅子展
平成31年1月1日(火・祝)~3日(木) 10:00~16:00
民芸品から俳句、火鉢、有名絵師の掛け軸など約600点、奉納頂いた糸魚川産の黒翡翠も公開します。

→チラシはこちら

水墨画の美に親しむ 第3回
平成31年1月6日(日) 10:00~12:00、14:00~16:00
東山の景色や、季節の花を水墨画で描けたらどれほど楽しいでしょう。大人気の村田先生と一緒に、実際に和紙にいろいろな濃さの墨で描いてみながら、筆と墨の感覚を味わってみましょう!
題材は、新年を祝うモチーフ。ワークショップ形式で、最後には水墨画で絵葉書に絵付けをし、お持ち帰りいただけます。制作の楽しみと合わせて美術館などでの水墨画の観賞ポイントなどをわかりやすくご紹介します。墨の世界、今までよりもずっと美しく見えます。

定員:各20名(要予約・先着順)
講師:村田隆志(大阪国際大学准教授)

以下URLより講座詳細をご確認いただけます。
https://murin-an.jp/events/event-20190106/

→チラシはこちら

七草(ななくさ)粥の振る舞い
平成31年1月7日(月) 9時~
江戸時代より行われてきた七草を神前に供える“七種神事”の後、春の七草を炊き込んだ七草粥が振る舞われます。
七草粥:300円 (なくなり次第終了)

白馬奏覧神事
平成31年1月7日(月) 10時~
宮中の儀式である白馬節会を神事化したもの。神前に七草粥を供え、神馬を曳いて大豆を与えます。年の初めに白馬(青馬)を見ると一年の邪気が祓われるといわれます。限定500食の七草粥接待もあります。

若菜節句祭
平成31年1月7日(月) 10時~
お札を焼く焼納祭の後、11時から参拝者に若菜粥がふるまわれます。また、この日に白馬を見ると健康に暮らせるという言い伝えにちなみ、「白馬 (あおうま) 飾り」が一般に公開され、風邪除けの勝栗守りが授与されます。

Shall We きものショー?-もうひとつの成人の日-
平成31年1月12日(土) 午後5時~7時
一生に一度のハレの日を,きものショーで艶やかに!

記念日の思い出づくりにきものショーに参加してみませんか?
振袖一式レンタル,着付・ヘアメイクに記念写真2枚 本格ステージでのショー体験に,軽食付の着物交流会も込みでおひとりさま7,000円でご参加いただけます。
もちろんご自分の振袖でも参加OKです!

待ち時間を利用して,知ってトクするきものミニマナー講座も受講できますよ。
ショーへの参加定員は30名です。みなさま是非ご参加ください。

→チラシはこちら

「和菓子の『銘』と歌の世界」
Vol.2 秋から冬へ

平成31年1月13日(日) 14:00~16:00
120年以上続く京都の老舗和菓子「京菓子司 末富」さまをお招きして京菓子の魅力を素材や形、色で楽しみながら学びます。

京菓子司 末富の山口富蔵さんを招いた連続講座の最終回。この講座のためにおつくり頂いたオリジナルのお菓子で茶席をひらきながら、日本文学の歌の世界に想いを馳せ、和菓子の「銘」から広がるイメージの世界を旅します。また、今しか聞けない昭和の京都の暮らしについてもたっぷりとお話いただきます。生活に根ざし、京都の人々が築いてきた文化の深さを存分に味わい、学びます。

定 員 20名(要予約・先着順)
講師:京菓子司 末富 会長 山口富蔵
お点前:千葉宗幸

以下URLより講座詳細をご確認いただけます。
https://murin-an.jp/events/event-20190113/

→チラシはこちら

小品盆栽フェア 第44回 雅風展
平成31年1月11日(金)~13日(日) 時間:9時30分~16時30分(最終日は16時まで)
小品盆栽を主に他、中品・貴風を含め約200席の「盆栽」が、全国の愛好家から集まります。盆栽相談やコンテスト、鉢の作家展など、さまざまなイベントが繰り広げられます。

文化財講座 技術編
第7回「無鄰菴の銘木・木材の世界」その2

平成31年1月14日(月・祝)
前回大好評のお講座がかえってきました!数寄屋空間の基礎となる「銘木・木材」の味わいを、無鄰菴で実際の銘木を観察しながら理解していきましょう。原木から「木取り」の工程を経て、実際に建築に生かされるまでを、銘木師の中川典子さんにご解説いただきます。銘木として木材を愛でる日本の美学に学べば、これからのお庭巡りがもっと楽しくなります。この日本にしかない銘木技術を中心に、無鄰菴の銘木取り合わせについて、実例を見学しながらわかりやすく解説します。

定 員   20名(要予約・先着順)
講 師   菅澤茂(工学院大学総合研究所客員研究員)
ゲスト   中川典子(銘木師、千本銘木商会 常務取締役)

以下URLより講座詳細をご確認いただけます。
https://murin-an.jp/events/20190114/

→チラシはこちら

泉山七福神めぐり
平成31年1月14日(月・祝) 8時~16時
七福神が祀られている山内の即成院(福禄寿)、戒光寺(弁財天)、観音寺(ゑびす神)、来迎院(布袋尊)、雲龍院(大黒天)、悲田院(毘沙門天)、法音院(寿老人)に加え、新善光寺(愛染明王)、泉涌寺本坊(楊貴妃観音)をめぐります。福神の特別開扉、福笹吉兆授与、甘酒、こぶ茶、小豆粥の無料接待などがあります。(数に限りあり)

伏見五福めぐり
平成31年1月1日(火・祝)~15日(火)
秀吉の城下町、そして酒の町として栄えてきた伏見。その中でも代表的な5社寺で初詣を兼ねて散策する「伏見ご利益巡り」が行われます。
朱印料 (1社につき):300円(専用の色紙 1,000円)

《五福めぐりの社寺》
長建寺
 交通・アクセス:京阪本線・市バス19「中書島」
藤森神社
 交通・アクセス:JR奈良線「JR藤森」
大黒寺
 交通・アクセス:京阪本線・近鉄京都線「丹波橋」
乃木神社
 交通・アクセス:JR奈良線「桃山」
御香宮神社
 交通・アクセス:近鉄京都線「桃山御陵前」

初六阿弥陀めぐり
平成31年1月15日(火)
1年の最初の六阿弥陀めぐり。洛中、洛東6カ寺の阿弥陀仏を巡り、結願します。江戸時代初期の頃から行われているといわれます。

御粥神事
平成31年1月15日(火) 10時~
小豆粥、大豆粥を神前に供し、国家国民の安泰を祈願し、執り行われます。神事の後、志納で接待も行われます。(先着順)
料金:300円

第一回京もの認定工芸会「響」 展示・販売会
平成31年1月9日(水)~16日(水)
京都府より認定を受けた高い技術を有する指定工芸品の若手職人「京もの認定工芸」の有志で立ち上げた、京もの認定工芸会「響」、の第一回展示・販売会です。
次の世代を担う若手職人の素晴らしい作品の他、今回は、道具・素材も展示し、どのように作られたかをイメージできる展示になっております。
通常写真撮影不可、手に触れられない展示が多い中、手に触れていただけるものも展示し、直接手に取ってご覧いただく。
また職人の手作りのあたたかみを感じていただける展示になっておりますので、是非お越し下さい。

→チラシはこちら

明治維新150年記念歴史講演会
「『岩倉具視関係史料』の世界」

平成31年1月19日(土) 13:30~15:00
幕末の政治史に重要な位置を占める岩倉具視。既に多くの研究が行われ、研究しつくした感のあるテーマだが、近年、広島市で新たな史料群が発見された。
今回の講演は、その新発見の史料群を史料集に編纂する際に編集担当として活躍された、気鋭の研究者・谷川穣先生にご講演いただく。
元々岩倉具視の手元にあった史料がどのようにして他者の手に渡っていったのか、質屋、古書肆、美術館から現在の史料集編纂へと辿る軌跡について、現場の担当者でしか知り得ないお話をご講演いただく。
谷川先生独自の視点で、岩倉具視と浄土真宗との関係など、新出の史料から新たに明らかになった事実などをご紹介していただきますので、ぜひご参加ください。(募集:30名)
講 師:谷川 穣(京都大学文学部歴史文化学専攻歴史文化学講座 准教授)

以下URLより講座詳細をご確認いただけます。
https://iwakura-tomomi.jp/news/20190119-2/

無鄰菴 宇高姉弟のお能講座
第4回 『雑能』 =安宅、放下僧、隅田川、猩々、枕慈童=

平成31年1月19日(土) 14:00~16:00
舞や衣装、そしてお囃子と、能は日本の総合芸術です。そんな能を本シリーズでは演目ジャンルごとに学んでいきます。能には主人公の属性に応じて大きく5つのジャンルがあります。それを五番立といい、これらの理解が、能という芸能の理解への近道でもあります。今回のテーマは雑能。いろいろな種類の演目が集まったジャンルで、現在物と呼ばれる現実の人物を主人公とするものや、狂女物、唐物など幅広い面白さをお楽しみいただけます。解説は無鄰菴パートナー講師宇高姉弟。現代へとその技をつなぐ金剛流シテ方能楽師の一家でもあります。気さくな会話の弾む雰囲気の中で、お能の鑑賞がもっと楽しくなる講座、ぜひご参加ください!
定員:20名(要予約・先着順)
講師:宇髙姉弟

以下URLより講座詳細をご確認いただけます。
https://murin-an.jp/events/event-20190119/

→チラシはこちら

京都市美術館所蔵品展「花鳥風月」
平成31年1月2日(水)~20日(日) 午前10時~午後8時
京都市美術館は1933(昭和8)年に設立され、建築当初の面影を残す日本国内有数の歴史ある大規模公立美術館の一つです。収蔵する絵画や工芸の名品の数々はまさに文化都市・京都に相応しいコレクションを形成し、京都における文化施設の中核的な存在として京都市民から愛されています
本展覧会では2019年度中のリニューアルオープンに向け、現在本館が改装中である京都市美術館の所蔵品の中から選りすぐりの名品をご紹介します。2018年1月に開催をした第1回目は「きもの美人」をテーマに美しく艶やかな作品を展覧しました。第2回目となる本展では、新春にふさわしく晴れやかな「花鳥風月」をテーマに日本画、洋画、工芸作品36点を展示します。竹内栖鳳、富岡鉄斎、菊池芳文、神坂雪佳、福田平八郎、堂本印象、山口華楊、須田国太郎、山鹿清華、鈴木治ら近現代の作家たちが表現した「花鳥風月」をお楽しみください。

★お着物で「花鳥風月」鑑賞!!!
会期中、着物でご入館の方先着100名さまに、便利堂オリジナル絵はがきを差しあげます。お一人さまにつき1点限り。
※なくなり次第、終了をさせていただきます。

詳細はこちら:
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1901.html

→チラシはこちら

織部流「へうげもの」茶会(初釜)
平成31年1月20日(日) 10時30分~14時30分(所要時間30分)
珍しい「織部流」のお点前で「へうげもの」の茶道具を使用したお茶会を開催します。茶道経験のない初心者の方でもお気軽にご参加いただけます。この機会にどうぞお越しください。

京都ぐるり
平成31年1月5日(土)、12日(土)、19日(土)、26日(土)
京都市営地下鉄の駅周辺の、まだまだあまり知られていない史跡や見どころを巡るウォーキングツアーです。
期日:毎週土曜10時出発

●内容
1月のコース 《レギュラーコース》 10時出発
5日 椥辻駅「忠臣蔵・大石内蔵助ゆかりの史跡ぐるり」
12日 竹田駅「鳥羽離宮ゆかりの史跡をぐるり」
19日 くいな橋駅「深草の歴史と史跡ぐるり」
26日 九条駅「平安京の玄関と弘法大師ゆかりの地ぐるり」

参加費:500円
※小学生以下は保護者・引率者同伴(有料)に限り無料
要予約(申込は前々日17時まで)
定員:20名

お申し込みはHPから https://www.kyokanko.or.jp/gururi

匠と舞
舞妓舞台 1/20(日)
芸妓舞台 1/27(日)
両舞台とも14時~、14時30分~、15時~(各回約15分)

舞妓さん・芸妓さんの舞台をお楽しみいただけます。

職人による製作実演もございます。詳しい予定はHPにて。
※12/29~1/2は休館

http://kmtc.jp

京焼の未来展
平成31年1月18日(金)~30日(水) 10:00~18:00 木曜日休館(祝日の場合は開館)
京都府下の若手作家の公募展、「京焼の未来展」を開催いたします。 今回のテーマは「豆皿」です。 10㎝以内という規定の中で、最大限の技術と情熱が注がれた力作のうち、審査を通過した秀作がならびます。
一般財団法人京都陶磁器協会では、「京焼」を後世に伝える事業を行っています。今回は、京焼の未来を担う若手作家にとって、京都が明るい未来を描ける地域となるために、本展を企画しました。与えられたテーマの中で、新たな発想やデザイン、表現方法を使った作品が生まれ、その革新が伝統となり、京都における焼き物文化が未来へ継承されていくことを望んでいます。

審査員〈敬称略〉
清水六兵衞(陶芸家)
石橋裕史(陶芸家)
中野仁人(京都工芸繊維大学 デザイン・建築学系 教授)
栗栖正博(たん熊北店)
山田久枝(NPO法人 食空間コーディネート協会 近畿支部長)

主催 一般財団法人京都陶磁器協会
 京都陶磁器協同組合連合会
後援 京都府 京都市 京都新聞
 NHK京都放送局 KBS京都

→チラシはこちら

小豆粥で初春を祝う会
平成31年1月15日(火)~31日(木) 11時~15時 予約不要
新年に小豆粥を食すると一年間の邪気を払い、万病を除くと言われます。この小正月の習わしが精進料理の一つとして伝えられ、初日の15日には禅寺の食事作法に基づく法要「小豆粥・散飯式」(10時~)が行われ、自由にお参りできます。

木屋町三条「ライブスポットラグ フォトコンテスト&撮影会」
応募期間:2018年10月1日(月)~2019年1月31日(木)
撮影会:2018年10月6日(土)7日(日)11月8日(木)9日(金)いずれも11:00~14:00

多くの著名アーティストが連日素晴らしいパフォーマンスを繰り広げる京都・木屋町三条の「ライブスポットラグ」。木屋町RAG30年を迎えるにあたりフォトコンテストを開催、この30年の間に店内で撮影された写真を大募集します!フォトジェニックな演出であなたらしい写真を撮って、ご応募ください。10/6,7、11/8,9は昼間の店内を一般公開します。一面のサインも撮りごたえあり。【賞品】ライブスポットラグ金券5万円(1名)ほか各賞あり。

→チラシはこちら

詳しくは https://www.ragnet.co.jp/photocontest/ まで

都七福神めぐり
平成31年1月1日(火・祝)~31日(木)
古来より民衆の間で信仰のあつい七福神は室町時代に京都で始まったといわれ、「都七福神」の巡拝は近世になって盛んになったといわれています。特に新春の巡拝は功徳が大きいとされ、人気があります。ゑびすさんは商売繁盛、交通安全の神、大黒さんは台所、福運、毘沙門天は学業成就、財運、弁財天は芸能、財福、知徳の神。福禄寿は延寿、健康、除炎の神、寿老神は長寿、吉運の神、布袋さんは円満福徳の神として深厚されています。各社寺にて御軸・大護符(色紙)・御宝印帖が用意されています。
授印料:お軸500円(大護符・御宝印帖 300円)

《七福神を祀る社寺》
恵美須神社
 ゑびす神 = 商売繁盛
 交通・アクセス:地下鉄烏丸線「四条」→市バス207「四条京阪前」
松ヶ崎大黒天 (妙円寺)
 大黒天 = 開運招福
 交通・アクセス:地下鉄烏丸線「松ヶ崎」
東寺
 毘沙門天 = 七福即生
 交通・アクセス:近鉄京都線「東寺」
六波羅蜜寺
 弁財天 = 福徳自在
 交通・アクセス:市バス206「清水道」
赤山禅院
 福禄寿神 = 延寿福楽
 交通・アクセス:市バス5「修学院離宮道」
革堂(行願寺)
 寿老神 = 不老長寿
 交通・アクセス:市バス205「河原町丸太町」
黄檗山萬福寺
 布袋尊 = 諸縁吉祥
 交通・アクセス:JR奈良線「黄檗」

★期間中、京都定期観光バスが毎日、運行します。
料金:大人 10,000円/小人 6,980円
お問い合わせ:京都定期観光バス予約センター TEL 075-672-2100

町家のお正月 歳徳神・七草粥
平成31年1月1日(火・祝)~2月3日(日) 9時~17時
築約130年、西陣の商家特有の様式を数多く残した佇まいの中で、今も息づく町家文化にふれます。
「町家見学」と「しきたりのお話」
料金:2,000円(税別)
※1月1日~3日は1人プラス1,000円(税別)

★七草がゆ(七草粥の行事・七草粥ミニ懐石)
期日:平成31年1月7日(月) ※要予約
料金 10,000円(税別)

★どんと焼きと小豆粥(小豆粥と御餅のお食事)
期日:平成31年1月15日(火) ※要予約
料金:10,000円(税別)

KYOTO まち歩き×御朱印巡り
平成31年1月8日(火)~2月3日(日)
本企画専用の『歩くまち京都御朱印帳』(先着300名限定)を入手し,東福寺・清水寺・高台寺・圓徳院の4カ寺で御朱印をいただく。3カ寺以上巡った方には,素敵な景品をプレゼントいたします。
※御朱印帳は清水寺を除く3カ寺にて無料配布(一人1冊)
※各寺院の拝観料・朱印料は参加者負担
※企画説明のHP
http://www.arukumachi-kyoto.jp/information/6717.html
(NPO法人「歩くまち・京都」フォーラム)

→チラシはこちら

京友禅 技の公開と体験
平成31年1月26日(土)~1月27日(日)2日間
1月29日(火)~2月 3日(日)6日間
2月5日(火)~2月11日(月・祝)7日間
10:00~16:00

(1)京友禅制作実演
各日4工程の実演を公開
○挿し彩色/素描工程の実演 ○下絵/糊置/金彩工程の実演
○紋上絵の実演  ○型彫工程の実演

(2)京友禅・京小紋制作体験(無料)
○手描染ハンカチの制作体験
火~金…先着15名
日  …先着40名
○型染テーブルセンターの制作体験
火~金…先着15名
土  …先着40名

比叡山延暦寺 寒行の集い
第一会 平成31年1月19日(土)~20日(日)
第二会 平成31年1月26日(土)~27日(日)
第三会 平成31年 2月2日(土)~3日(日)
第四会A 平成31年2月9日(土)~10日(日)
第四会B 平成31年2月9日(土)~11日(月・祝)

主な内容 写経・勤行・坐禅・法話・諸堂参拝など
参加費:16,000円~ ※第一会~三会いずれか参加の方に限り第四会B2日目午後からの参加も可能です。
1泊2日(3食付):12,500円~
参加費には巡拝料・宿泊費が含まれています。各会とも初日の昼食は含まれていません。詳しくはお問い合わせください。
◆JR湖西線「大津京」まで送迎があります(要予約)

京都十六社朱印めぐり
平成31年1月1日(火・祝)~2月15日(金) 9時~17時まで
年頭に巡拝することにより、1年間、あらゆるご利益が得られるといいます。期間中に十六社全部のご朱印を受けた方には干支置物が授けられます。
朱印料 (1社につき): 300円 ※専用の朱印帳のみ

《京都十六社朱印めぐりの神社》
【洛 北】
・今宮神社
 (健康長寿・良縁開運)
 交通・アクセス:市バス206「船岡山」

【洛 中】
・わら天神宮
 (安産・厄除・子授け)
 交通・アクセス: 市バス205「わら天神前」
・御霊神社
 (こころしずめ・厄除・学業成就)
 交通・アクセス:地下鉄烏丸線「鞍馬口」
・市比賣《いちひめ》神社
 (女人厄除)
 交通・アクセス:市バス205・17「河原町五条」

【洛 東】
・京都 熊野神社
 (縁結び・安産・病気平癒)
 交通・アクセス:市バス206「熊野神社前」
・東天王 岡崎神社
 (子授け・安産・縁結び・厄除)
 交通・アクセス:市バス5・100「東天王町」
・熊野 若王子《にゃくおうじ》神社
 (学業成就・商売繁昌)
 交通・アクセス:市バス5「南禅寺・永観堂道」
・豊国《とよくに》神社
 (出世開運・厄除招福・良縁成就・商売繁盛)
 交通・アクセス:市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
・粟田神社
 (旅立ち守護・厄除)
 交通・アクセス:市バス5「神宮道」
・新熊野《いまくまの》神社
 (健康長寿・病魔退散・お腹守護)
 交通・アクセス:市バス208「今熊野」

【洛 南】
・六孫王《ろくそんのおう》神社
 (出世開運・家運隆昌)
 交通・アクセス:市バス16「六孫王神社前」
・吉祥院天満宮
 (ちえと能力開発の神・受験合格・開運招福)
 交通・アクセス:市バス42「吉祥院天満宮前」
・藤森神社
 (勝運と馬の神)
 交通・アクセス:JR「JR藤森」
・御香宮《ごこうのみや》神社
 (安産・厄除・病気平癒)
 交通・アクセス:近鉄京都線「桃山御陵前」

【洛 西】
・西院 春日神社
 (厄除・病気平癒・交通旅行安全)
 交通・アクセス:市バス26・28・205「西大路四条」
・長岡天満宮
 (合格祈願・厄除開運)
 交通・アクセス:阪急京都線「長岡天神」

世界遺産 二条城の早春
平成30年12月17日(月)~平成31年2月28日(木) ※12月29日~31日は休城日のため休館
■ 国宝・二の丸御殿大広間三の間特別入室
期間:平成31年1月4日(金)~28日(月)※毎週火曜は二の丸御殿観覧休止
●内容
大広間三の間の室内にお入りいただき、間近で狩野探幽が描いた障壁画(模写画)や天井画、厚さ35センチメートルの欄間彫刻を御覧いただきます。

************************

■ 二条城障壁画 展示収蔵館
原画公開第4期
探幽の孔雀 ~美しき写実と創作~
期間:12月17日(月)~2月17日(日)※12月29日~31日は休城日のため休館
●内容
将軍との公的な対面の際,来殿者(らいでんしゃ)が座した〈大広間〉二の間と,来殿者が控えた同三の間には,大きな松樹(しょうじゅ)とともに,孔雀の姿が描かれています。
孔雀は,中国,東南アジアを原産とし,古来,益鳥として,また,魔除けの力を持つ鳥と信じられ,尊ばれてきました。
これら〈大広間〉の孔雀は,羽一本一本を写実的に描写する一方,その流麗な姿態には,現実の孔雀をそのまま描くだけではなく,大胆に創作されたと思しきものもあります。
この写実と創作を破綻なく組み合わせ,気高いたたずまいの孔雀を描き上げた若き天才,狩野探幽の妙技を,ぜひ御堪能ください。
※別途入館料100円

************************

■ 清流園香雲亭で「京野菜の煮物椀付 早春の二の丸御膳」
期間:平成31年1月26日(土)~2月28日(木)
時間:第1部11時30分~12時30分、第2部13時~14時
※それぞれ,開始時刻の10分前に香雲亭までお越しください。
1日68名限定(前日16時までに要予約)
●内容
非公開の香雲亭にて,庭園を眺め,「京料理いそべ」による「京野菜の煮物椀付 早春の二の丸御膳」をお召し上がりください。
料金:3,500円(別途入城料必要)12月1日(土)から予約受付開始
問合せ:京料理いそべ 075-551-1203(10時~16時,12月30~1月3日を除く)

************************

入城受付:8時45分~16時
入城料:一般 600円/中高生 350円/小学生 200円

画像・・・二条城二の丸御殿〈大広間〉二の間障壁画《松孔雀図》(部分)

第40回記念京都名流いけばな展
平成31年1月22日(火)~3月3日(日) 6~23時
※ただし、毎週月・木曜日はいけ替えのためご覧いただけない場合があります。

底冷えの京都で、新春の息吹を感じていただく「京都名流いけばな展」は、今回で40回目を迎えました。これまで、京の玄関口にて、いけばな発祥の地、京都の名流各派の花の匠が心をこめて活け込んだ作品により、冬の京都にお越しいただいた皆様をお出迎えしてまいりました。今回も16流派それぞれが6週間にわたって花を活け、各流派ならではの花と器の組み合わせや花型を演出します。

【出瓶流派】
 1月22日(火)~ 27日(日) 未生流、未生流中山文甫会、いけばな京花傳
 1月29日(火)~2月3日(日) 東山未生流、華道本能寺、清水流
 2月 5日(火)~ 10日(日) 小原流、いけばな京楓流、京都未生流
 2月12日(火)~ 17日(日) 専慶流、嵯峨御流、桑原専慶流
 2月19日(火)~ 24日(日) 小松流、草月流
 2月26日(火)~3月3日(日) 香風流、池坊

保津川下り 冬期お座敷暖房船
平成30年12月10日(月)~平成31年3月9日(土) 12月29日~1月4日運休
※2月7日も安全点検のため運休

保津川の渓谷を縫って、亀岡から嵐山まで、約2時間の自然とふれあう船。冬場は、船の敷き板に絨毯を敷き、ストーブを入れ、透明のビニールで屋根をつくった温かい暖房船が運行されます。絨毯の上に直接座るお座敷スタイルになり、中は温かく、硝子の窓から風景を楽しみます。

【ぷらっと京さんぽ】朝さんぽ お寺で“朝ヨガ”&阿字観体験と東寺さんぽ
平成30年11月18日(日)・平成31年3月16日(土)
通常非公開のお寺・東寺塔頭「宝菩提院」にてヨガ・阿字観体験と世界遺産東寺のさんぽをします♪ヨガの後は阿字観体験も!初心者の方参加大歓迎♪♪東寺のさんぽでは現地ガイドがご案内します。ぜひご参加ください!
※事前にJR東海ツアーズにてお申込みが必要です。(お申込み締切日:1日前)
※交通費・食事代金などは含まれません。各自でお支払いください。

http://www.jrtours.co.jp/domestic/option/kyoto.html

京都dddギャラリー第219回企画展
組版造形 白井敬尚

平成31年1月12日(土)~3月16日(土)
タイポグラフィというデザイン要素の中でも、「紙面に文字組版を配置・構成した空間を含む造形」である「組版造形」。ブックデザインやエディトリアルデザインを中心に活動を続ける白井敬尚による展覧会タイトルでもあります。本展は、美しい装丁の数々をお見せするのと同時に、基本的には墨文字1色の見開きページがずらりと並ぶ、ちょっと異色の展覧会となります。
白井敬尚といえば、世界中で高く評価されているデザイン誌『アイデア』(誠文堂新光社)のアートディレクションが代表的な仕事の一つで、振り幅の大きい多様なテーマを取り扱う同誌のデザインを2005年から10年間にわたり手がけました。隔月刊行というスケジュールにも関わらず、その1号1号が1冊の作品集のような充実ぶりで、非常に魅力的なコレクションとなっています。
他にもこれまでに関わってきた数多くの書籍たち。白井は本に書かれたモノ・コト・ヒトを注意深く読み解き、丁寧に、1ページ1ページ組版を整えていきます。白井の手により形を与えられた様々なテキスト=声が、ときに軽やかに、ときに厳粛に、ときにスタイリッシュに、本の中から鳴り響いてきます。魅惑的な組版との出会いにより、忘れられない読書体験を提供してくれます。
本展では白井による実際の仕事とともに、制作にあたって参照された資料なども併せて紹介します。1冊の本を作るのにどれほど目を見開く必要があるのかがうかがい知れると同時に、過去の知識や造形がいかに引用・参照され、形を変えて継承されていくのか、表層だけではない実に奥深い組版造形の世界を、じっくりと堪能できる時間となるに違いありません。

オープニングパーティ
日時:1月12日(土) 17:00~18:00
会場:京都dddギャラリー

ギャラリートーク
日時:1月12日(土)15:30~17:00
「組版造形とブックフォーマット」(ケーススタディ)
出演:白井敬尚
会場:京都dddギャラリー
入場無料、要予約、定員40名
※定員に達しましたので受付は終了しました。
日時:2月15日(金)16:30~18:00
「制約と自由」
対談:ニコール・シュミット×白井敬尚
会場:京都dddギャラリー
入場無料、要予約、定員40名
※1月21日(土)より受付開始します。

ギャラリーツアー
日時:1月26日(土)14:00~17:00
解説:白井敬尚
会場:京都dddギャラリー
入場無料、要予約、定員30名
※1月8日(火)より受付開始します。
参加ご希望の方はギャラリーHPよりお申し込みください。

白井敬尚 Yoshihisa Shirai
グラフィックデザイナー。1961年愛知県豊橋市生まれ。株式会社グレイス(宮崎利一チーム。1981~86年)、株式会社正方形(清原悦志主宰。1986~98年)を経て、1998年白井敬尚形成事務所を設立。ブックデザイン、エディトリアルデザイン、展覧会周知物など、タイポグラフィを軸としたデザインに従事している。
主な仕事:ヤン・チヒョルト著『書物と活字』朗文堂、1998年。組版工学研究会編『欧文書体百花事典』朗文堂、2003年(共著・編集)。ggg『EXHIBITIONS』大日本印刷ICC本部、2007年。東京タイプディレクターズクラブ『Tokyo TDC Vol. 20』DNPアートコミュニケーションズ、2009年。山口藍著『ほがらほがら』羽鳥書店、2010年。『横尾忠則全装幀集』パイ・インターナショナル、2013年。ggg『ヤン・チヒョルト』展、公益財団法人DNP文化振興財団、2013年。印刷博物館『ヴァチカン教皇庁図書館展』Vol. 1、2002年、Vol. 2、2015年、凸版印刷。1996年から2011年にかけてリョービイマジクスのフォント事業のブランディングに携わる。2005年より10年間にわたりデザイン誌『アイデア』(誠文堂新光社)のアートディレクションとデザインを担当。
主な著作:「日本の活字版印刷を支えたアメリカの活字版印刷」『日本の近代活字 本木昌造とその周辺』近代印刷活字文化保存会、2003年。「タイポグラフィ 言語造形の規格化と定数化の軌跡」『言語社会2』一橋大学大学院言語社会研究科、2008年。「活字とグリッド・システム――ブックフォーマットの形成」『文字講座』誠文堂新光社、2008年ほか。
展覧会・教育:「TYPOJANCHI: Seoul International Typography Biennale」2001年・2011年参加。第673回デザインギャラリー1953企画展「本の知と美の領域VOL. 1白井敬尚の仕事」展、日本デザインコミッティー(企画・構成:平野敬子)2011年。ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)第362回企画展「組版造形 白井敬尚」2017年。タイポグラフィスクール新宿私塾講師、朗文堂、2003年~。ミームデザイン学校講師2011年~。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科教授2012年~。

主催
公益財団法人DNP文化振興財団

→ポスターはこちら

画像:design by Yoshihisa Shirai

【ぷらっと京さんぽ】京都で楽しく ノルディック・ウォーク♪
平成30年11月17日(土)・12月16日(日)・2019年3月17日(日)
季節が感じられる京都。
ノルディック・ウォークで楽しく京都を散策しませんか?
ノルディック・ウォークはポールを2本使うウォーキングで、近年注目されています!初心者の方大歓迎!出発前にノルディック・ウォークのレクチャーも行います!ぜひご参加ください♪
※事前にJR東海ツアーズにてお申込みが必要です。
(当日申込の場合は、京都支店・京都駅新幹線中央口支店にて承ります。)
※交通費・食事代金などは含まれません。各自でお支払いください。

http://www.jrtours.co.jp/domestic/option/kyoto.html

京の「匠」ふれあい事業 ~京の職人さんによる実演~
平成30年7月23日(月)~平成31年3月17日(日) 10:30~16:30 (休館日:平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木))
(但し,平成30年12月28日(金),平成31年1月4日(金),5日(土)は,実演を行っておりません)

京都市では,伝統産業に携わる職人さんの雇用創出及び市民や観光客などへの伝統産業のPRを目的として,集客施設や小学校等において,職人さんによる体験教室や実演を実施しています。
現在,西陣織工業組合協力のもと,西陣織会館において,西陣織や京友禅など,帯やきものに関する業種の職人さんによる実演を実施しています。普段目にすることができない,伝統産業の希少な工程,職人さんの匠の技を是非御覧ください。

京都謎解きミュージアム巡り「古き学び舎と封印の石」
平成31年1月17日(木)9時から 3月17日(日)17時(最終受付12時)
「謎解きキット」とスマートフォンを使い,学校跡地に建つ4つのミュージアムを巡って,展示を見ながら謎を解いて遊ぶリアル謎解きゲーム。

一人でも,家族でも,友人とでも,デートでも,子どもから大人までみんなが楽しめ,京都のミュージアムの魅力を体感できるイベントです。

終了後のアンケートに答えると,抽選で素敵なプレゼントも当たります。

※本イベントは,2019年9月に日本初開催の「国際博物館会議(ICOM…アイコム)京都大会」と,日本初の小学校「番組小学校」創設150周年を記念して実施されるプレイベントです。
※予約不要

http://game.nazotown.jp/kyotomuseum/

→チラシはこちら

韋駄天立像 特別公開
平成31年1月18日(金)~3月17日(日) 受付:9~16時
今上陛下御在位三十年を記念して舎利殿および韋駄天立像の特別公開をいたします。同期間内には、舎利殿裏堂の韋駄天図(写真パネル)の公開、さらには実物の韋駄天図の公開、そして華道月輪未生流「花ふたたび」展を開催いたします。この特別な機会に、東山の瑞々しい香気に包まれた天皇ゆかりのお寺に御神気を頂きにお訪ねください。

同期間中の特別展示
◆舎利殿裏 韋駄天図 写真パネル展示 1/18(金)~2/28(木)
◆舎利殿裏 韋駄天図 特別公開 3/1(金)~3/17(日)
◆華道月輪未生流「花ふたたび」展開催 3/10(日)~3/14(木)
◆仏殿 大涅槃図公開 3/14(木)~3/16(土)

→チラシはこちら

第53回「京の冬の旅」非公開文化財特別公開
平成31年1月10日(木)~3月18日(月) 10:00~16:30(16:00受付終了) 
2019年9月に日本で初開催となる国際博物館会議(ICOM2019)京都大会が開催されることに先駆け、「京都にみる日本の絵画~近世から現代~」をテーマに寺院において、通常非公開の文化財を特別公開します。

○公開期間  2019年1月10日(木)~3月18日(月)
*公開箇所によって、公開期間・拝観休止日が異なりますのでご注意ください。
*その他法要や悪天候等、都合により拝観できない日や時間帯が生じる場合があります。

○公開時間  10:00~16:30(16:00受付終了)
*東寺 五重塔は8:30~17:00(16:30受付終了)
*智積院は9:00~16:30(16:00受付終了)
*善想寺は毎週日曜日10:00~13:00は拝観休止

○公開箇所
■建仁寺 正伝永源院
~狩野山楽生誕460年記念 山楽の障壁画で飾られた大名茶人の寺~
※1月10日(木)~27日(日)、3月1日(金)~18日(月)の公開
■建仁寺 両足院
~長谷川等伯生誕480年記念 道釈画家の方丈襖絵と若冲&等伯~
■建仁寺 霊源院
~今川義元生誕500年記念 一休禅師や今川義元も修行した五山文学の寺~
■智積院
~長谷川等伯生誕480年記念 桃山時代の絵師と京都画壇の巨匠 華麗なる障壁画~
※特別公開は2月28日(木)までの公開
■東福寺 光明宝殿
~東福寺秘蔵の襖絵や貴重な仏像、一挙公開~
※3月1日(金)~18日(月)までの公開
■大徳寺 本坊
~洛北の禅刹 国宝方丈を飾る探幽の代表作~
※1月16日(水)~18日(金)・21日(月)、2月21日(木)、3月1日(金)は拝観休止
■相国寺 慈照院
~足利義政と桂宮の菩提所 朝鮮通信使ゆかりの寺~
■本法寺 
~長谷川等伯生誕480年記念 芸術家たちの美の競演~
■善想寺 【京の冬の旅初公開】
~「身代わり地蔵」と800年前の上皇の石仏~
※毎週日曜日10:00~13:00は拝観休止
■仁和寺 金堂・経蔵
~門跡寺院に残る宮殿建築と輪蔵~
※2月2日(土)・3日(日)・14日(木)・15日(金)、3月3日(日)・4日(月)は経蔵のみの公開(300円)
■転法輪寺 【京の冬の旅初公開】
~「御室大仏」と裸の阿弥陀如来像を祀る寺~
※1月20日(日)は拝観休止、2月24日(日)は13:00からの公開
■妙心寺 天球院 
~狩野山楽生誕460年記念 京狩野 山楽・山雪の絢爛豪華な障壁画~
■妙心寺 麟祥院
~海北友雪の龍図が残る春日局の菩提寺~
■妙心寺 龍泉菴
~長谷川等伯生誕480年記念 雄大な自然美が描かれた四季の襖絵~
※2月28日(木)、3月1日(金)は拝観休止
■東寺 五重塔 
~京都の象徴 日本一高い五重塔~

詳細はコチラ https://www.kyokanko.or.jp/huyu2018/


 伝統行事
若水祭
平成31年1月1日(火・祝) 3時~
清和天皇の頃、その水で疫病を鎮めた朝日泉から、元旦の早朝、年の初めに無病息災を祈り若水を汲む神事。三が日の間は境内で飲むことができます。

画像・・・撮影:上村輝子

修正会
平成31年1月1日(火・祝)~2日(水)
新年にあたり天下泰平、万民豊楽を祈念し、修正会が行われます。1日10時~、14時~、2日10時~の法要には一般の方も参拝できます。
拝観料:500円

釿始【ちょうなはじ】め
平成31年1月2日(水) 10時~ (天候により中止の場合あり)
中世から、番匠(ばんしょう)と呼ばれた建築の匠が、正月に1年の安全を祈願する儀式。「京きやり」の音頭が流れるなか、古式の衣裳で、番匠保存会の会員により厳粛に行われます。

かるた始め式
平成31年1月3日(木) 13時~(予定)
能舞台で十二単姿のかるた姫たちによる、手合わせが行われます。祭神の素戔嗚尊(すさのをのみこと)が和歌の神様であることに由縁する行事です。

修正会
平成31年1月1日(火・祝)~3日(木)
連日、初護摩祈願が行われ、厄除招福の牛王印が絵馬札に押されます。
また、大晦日は鬼追式が営まれ、甘酒や大根炊きの接待もあります。

修正会
平成31年1月3日(木) 13時~
御影堂にて厄除の御宝印を祈願し、堂内の柱、僧の頭に朱印を押していきます。その後、参拝者に御宝印が授けられます。
供養料:500円

初大国祭
平成31年1月1日(火・祝)~3日(木) 14時~
開運招福と良縁祈願の祝詞奏上の後、恋占いの石のお祓いなども行われます。新春のお札やお守、神矢が授与されます。
清水寺拝観料:400円、干支絵馬の授与:500円

初詣大護摩祈願祭
平成31年1月1日(火・祝)~3日(木) 8時~17時 元旦は7時~
護摩が焚き、1年間を健康で過ごせるように祈願します。ご祈祷を受けた人々にお札が授与されます。

皇服茶
平成31年1月1日(火・祝)~3日(木) 9時~16時30分
元旦に汲んだ若水で茶を点て、小梅と昆布を入れた皇服茶(大福茶)がふるまわれます。平安後期、開山の空也上人が薬湯を病人に飲ませ、病気を平癒したという寺伝によります。
皇服茶:300円

筆始祭・天満書
平成31年1月2日(水)~4日(金)
祭神の菅原道真公は書家としても知られ、書道の上達を願っての書き初めをすることができます。
・筆始祭 2日9時~ 神前書初めは16時まで
・元始祭 3日9時~ 狂言奉納は13時から
・天満書 連日10時~16時

蹴鞠はじめ
平成31年1月4日(金) 13時30分~
古くから御所に伝わる京の伝統行事“蹴鞠”が奉納され、一般に公開されます。

八千枚大護摩供
平成31年1月5日(土) 9時~15時
雲母不動堂御宝前にて。比叡山大阿闍梨により法修されます。一年間の厄除け、家内安全等、人々の諸願成就を祈願します。

新年竟宴祭
平成31年1月5日(土) 16時30分~
新年の祭事の締めくくりとして、饗宴の儀が行われます。橋殿にて平安雅楽会により舞楽が奉納されます。

初寅大祭
平成31年1月4日(金)~6日(日)
寅の日を縁日とする毘沙門天は招福と勝負、鬼門を守護する神で、大祭の3日間は“魔除けの寅”の福笹授与や甘酒の無料接待があります。

初金比羅祭
平成31年1月10日(木) 10時~
一年最初の縁日。前年12月10日の終い金比羅からこの日まで、縁起物の稲宝来が授与されます。
稲宝来:3,500円

祇園のえべっさん
平成31年1月9日(水)~10日(木) 10時~
福笹の授与が行われます。
・9日15時 七福神のえびす船の巡行(四条通石段下~烏丸間)
・10日15時 蛭子社祭

十日ゑびす大祭(初ゑびす)
平成31年1月8日(火)~12日(土) 閉門時間 8日23時 9・10日両日夜通し、11日24時、12日22時
商売繁昌・家運隆昌の吉兆笹などが授与され、神楽殿では終夜、神楽の奉納が行われます。
◎招福祭 8日 東映女優による宝恵かご社参(10時~)・湯立て神楽神事(14時~)・餅つき神事(14時30分~)
◎宵ゑびす祭 9日 東映女優による宝恵かご社参(10時~)
◎十日ゑびす大祭 10日 東映女優による福笹の授与(11時~12時、13時~14時30分)
◎残り福祭 11日 祇園町、宮川町の舞妓による福笹、福餅の授与(14時~16時、20時~22時)
◎撤福祭 12日

奉射祭
平成31年1月12日(土) 14時~
本殿祭の後、神苑祭場で副斎主が神矢をもって四方天地を、つづいて神職二名が大的を射ます。かつてはこの時の矢の当たり方がその年の五穀の豊凶を占うものといわれていました。

楊枝のお加持と弓引き初め
平成31年1月13日(日) 9時~15時30分
境内を無料開放し、参拝者に楊枝の枝でお加持の浄水をそそいで功徳をわけ与えます。また、大的全国大会(通し矢)では恒例の弓の引き初めが行われます。

初えと祭
平成31年1月14日(月・祝)(予定)10時~
境内の言社(ことしゃ)は、大国主命(おおくにぬしのみこと)を祀る十二支の干支の守り神様。“下鴨の繁盛大国”と呼ばれ、福徳円満・長寿・殖産興業の神とされています。  

寒中托鉢修行
平成31年1月8日(火)~14日(月・祝)
開白式の後、8日13時頃より出発。山伏がほら貝を吹き鳴らして歩き、市内の民家や商店で般若心経を唱え、無病息災や商売繁盛などを祈ります。

法界寺裸踊り(修正会)
平成31年1月14日(月・祝) 19時頃~
身体を浄めた信者の男たちが下帯のみの裸となり、願いを込めて「頂礼(ちょうらい)」という言葉を連呼しながら踊りを奉納します。底冷えのする夜の寒さを吹き飛ばすような勇壮な行事です。

左義長 (とんど祭)
平成31年1月15日(火) 8時~13時頃
小正月のこの日にしめ縄や門松に火を点け、神前の鏡餅を焼いて、氏子や参拝者に授与されます。

左義長神事
平成31年1月15日(火) 11時~
長さ5メートルの笹竹を3本立て、それにしめ縄を巻き付けた左義長を神火で炊き上げる勇壮な神事です。

御正忌報恩講【ごしょうきほうおんこう】
平成31年1月9日(水)~16日(水)
宗祖親鸞聖人の命日16日まで連日、恩徳を偲んで法要(10時、14時※)が行われます。
※9日は14時のみ、16日は10時のみ

武射神事
平成31年1月16日(水) 10時30分~ (射場の儀式は11時頃~)
外幣殿(げへいでん)前の芝生に長さ約40メートルの射場が設けられ、狩衣、烏帽子(えぼし)姿の神職たちが的を射て、悪鬼祓除を行い、その年の息災を祈願します。

湯立神楽
平成31年1月20日(日) 14時~
巫女が、文政6年(1823)の銘を持つ大釜の湯を笹の葉で勢いよく散らして邪気を払い、無病息災・願望成就を祈願します。神事終了後、福笹を特別に授与します(有料)。

初弘法
平成31年1月21日(月) 8時~16時
弘法大師の月命日の21日に行われる弘法市。東寺の境内に、骨董、特産品、植木、園芸、陶器等々、1200軒の露店が並びます。

初天神
平成31年1月25日(金) 6時頃~21時頃
正月の縁日は約千軒余りの露店が出て賑わいます。奉納書初めの作品展示も行われ、宝物殿の神宝も公開されます。日没からは境内のライトアップも行われ、社殿が美しく浮かび上がります。
宝物殿:800円(時期により変更あり)

初不動
平成31年1月28日(月) 初不動特別法要 11時、笹酒無料接待 9時~16時
初不動とはお不動さんの1年で最初の縁日。不動明王は一切の悪魔・災いを祓う力を持つとされ、毎月28日 午前11時にはお護摩を焚き、参拝者全員でお経を唱えます。とくにこの日はガン封じのご利益がある笹酒接待が行われます。
※容器持参による笹酒のお持ち帰りはできません。
※笹酒をお受けになる方は、お車での参拝はご遠慮下さい。

【入山料】500円

 美術展
「大西郷展」第4期 明治維新から西南戦争へ
平成30年9月4日(火)~平成31年1月6日(日)
開催場所:幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
休館日:毎月曜(但し祝日のときはその翌日)
年末年始

薩長同盟から王政復古、鳥羽伏見の戦い、江戸城無血開城と主導的役割を果たした西郷隆盛に焦点をあて、多くの資料でその生涯をたどります。西郷をとりまく坂本龍馬や新選組の資料も展示します。

改組 新 第5回日展京都展
平成30年12月15日(土)~平成31年1月12日(土)
開催場所:京都市美術館 別館
休館日:12月17日、12月28日~1月2日、1月7日

日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。日本画,洋画,彫刻,工芸美術,書の5部門を設け、全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の地元関係作品を展示。京都市美術館別館・みやこめっせ・日図デザイン博物館の3会場で開催します。

お問い合わせ:TEL 075-771-4107

「へうけ(ひょうげ)もの」織部好みの“対照”の美とは?
平成30年9月21日(金)~平成31年1月15日(火)
開催場所:古田織部美術館
休館日:会期中無休

「へうけ(ひょうげ)もの」といわれた激しく歪んだ茶碗と、茶入、水指との三点の絶妙なバランスは「天下一」の茶人・古田織部の真骨頂ともいわれます。その刺激的な取り合わせと、傾いた自筆書状5点などを展示します。

ドアノーの愛した街パリ ROBERT DOISNEAU展
平成30年11月1日(木)~平成31年1月20日(日)
開催場所:何必館・京都現代美術館
休館日:毎月曜(祝日は開館)



京都市美術館所蔵品展 花鳥風月
平成31年1月2日(水)~20日(日)
開催場所:美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F隣接)
休館日:会期中無休



合同企画展  龍大生が語る京都の町と祈り -東市・七条町・醍醐寺-
平成30年12月11日(火)~平成31年1月20日(日)
開催場所:京都市考古資料館
休館日:毎月曜(但し祝日は開館・翌平日休館)



いまもむかしも 胸きゅん!嵐山
平成30年11月1日(木)~平成31年1月27日(日)
開催場所:嵯峨嵐山文華館
休館日:毎火曜(但し祝日のときは翌平日)、年末年始

初公開となる江戸時代後期の画家・矢野夜潮の「高雄秋景・嵐山春景図屏風」、与謝蕪村の「いかだしの」(自画賛)、竹内栖鳳や冨田渓仙らの作品を紹介します。

新春特集展示 亥づくし─干支を愛でる─
平成30年12月18日(火)~平成31年1月27日(日)
開催場所:京都国立博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)、1月29日



特集展示 京の冬景色
平成30年12月18日(火)~平成31年1月27日(日)
開催場所:京都国立博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)、1月29日



根付作家企画展 黒岩明 展
平成31年1月5日(土)~31日(木)
開催場所:京都 清宗(せいしゅう)根付館
休館日:月曜(但し祝日のときは翌平日)、1月15日

継承と挑戦。素材・発想・彫り…熟練の技巧を駆使し、相反する二極の根付を創作。

Kyoto Art for Tomorrow 2019 —京都府新鋭選抜展—
平成31年1月19日(土)~2月3日(日)
開催場所:京都府京都文化博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)
年末年始(12月28日~1月3日)

京都で活躍している新進作家の作品を紹介し、若手作家の育成と京都の美術工芸の振興をはかります。

特集展示 美麗を極める中国陶磁
平成30年12月18日(火)~平成31年2月3日(日)
開催場所:京都国立博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)、1月29日



特別展 京都をよみがえらせた名望家たち
平成30年11月2日(金)~平成31年2月5日(火)
開催場所:京都市歴史資料館
休館日:月曜・祝日休館 年末年始



装剣金工の明治時代
平成30年11月24日(土)~平成31年2月17日(日)
開催場所:清水三年坂美術館
休館日:月・火曜日(但し、12月24日、1月14日、2月11日は開館)、年末年始(12月25日~1月2日)

日本刀に取り付けられた鐔(つば)、目貫(めぬき)、小柄(こづか)、笄(こうがい)などの刀装具は、太平の世といわれた江戸時代に装飾性が高まるとともに、多くの優れた装剣金工が登場します。鉄・金・銀・四分一などの金属と高度な彫金技法でもって、花鳥風月や縁起物などの様々な題材が巧みに表現されました。
明治時代に入って日本刀の需要を失うと、彼らは刀装具制作で培った彫金技術を活かした新しいものづくりに挑戦し、花瓶や香炉、装身具といった金工品を制作するようになりました。多彩な金属を用いた高度な彫技は、世界に類を見ず、日本の金工品は万国博覧会でも高い評価を得て、重要な輸出品となっていったのです。
本展では、苦難の時を経て明治を代表する彫金家となった加納夏雄や海野勝珉をはじめ、正阿弥勝義、塚田秀鏡らの刀装具から明治の金工作品を展示します。
●主な展示作品
・《蓮池川蝉図鐔》《芍薬図懐中時計》加納夏雄 ・《花鳥図花瓶 一対》海野勝珉 ・《三友煎茶道具》後藤一乗 ・《蝶紋金総金具堆黒合口拵》正阿弥勝義 ほか

冬の万華鏡展
平成30年10月27日(土)~平成31年2月22日(金)
開催場所:京都万華鏡ミュージアム
休館日:毎月曜(但し祝日のときは翌平日)
年末年始(12月25日~1月4日)

雪の結晶や冬の景色をイメージした万華鏡を展示します。

外国の万華鏡作家大集合展
平成30年10月27日(土)~平成31年2月22日(金)
開催場所:京都万華鏡ミュージアム
休館日:毎月曜(但し祝日のときは翌平日)
年末年始(12月25日~1月4日)

楽しい嬉しい万華鏡がいっぱい!! 海外の作家のものを中心にバラエティーに富んだ作品展です。

世紀末ウィーンのグラフィック デザイン そして生活の刷新にむけて
平成31年1月12日(土)~2月24日(日)
開催場所:京都国立近代美術館
休館日:毎月曜(但し祝日のときは翌平日)



櫛・かんざしとおしゃれ展
平成30年12月15日(土)~平成31年2月24日(日)
開催場所:アサヒビール大山崎山荘美術館
休館日:毎月曜(但し祝日は開館)
年末年始・祝日の翌日



草間彌生 永遠の南瓜展
平成30年5月3日(木)~平成31年2月28日(木) 10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日 12月31日、1月1日、1月7日~9日
開催場所:フォーエバー現代美術館 祇園・京都
休館日:無休(年末年始を除く)

開館1周年を迎え、これまでの常設展示室3室と企画展示室1室に加え、新たに2室を拡張しグランドオープンいたしました。オープンを記念して「草間彌生 永遠の南瓜展」を開催。展覧会では、草間彌生の代表的なモチーフの一つとして知られる「南瓜」の作品世界を中心に紹介しています。「実際の南瓜がそれぞれ豊かな表情を持っているように、わたしの南瓜だってどれ一つとして同じではない。」と草間彌生が語るように、実に様々な形、色、素材で制作されてきた南瓜作品35点を「南瓜の間」にて公開しています。 また、展示室名「花の間」「富士の間」にちなんだ作品や貴重な初期作品など全123点を展示紹介しています。

http://www.fmoca.jp

新春展 樂歴代 変わる−時代・元号・歳・代−
平成30年12月14日(金)~平成31年3月10日(日)
開催場所:樂美術館
休館日:毎月曜(但し祝祭日開館)



漆軒と印象 明治生まれの堂本兄弟・うるしと日本画の競演
平成30年12月13日(木)~平成31年3月17日(日)
開催場所:京都府立堂本印象美術館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)、年末年始

漆軒作品と印象作品を同時に展観して堂本家が創り出した芸術世界を探ります。

シリーズ展3 「仏教の思想と文化 インドから日本へ」
特集展示 仏教美術のいきものがたり

前期 平成31年1月9日(水)~平成31年2月11日(月・祝)
後期 平成31年2月16日(土)~3月24日(日)
開催場所:龍谷大学 龍谷ミュージアム
休館日:毎月曜(祝日のときは翌日休館)



企画展 京都の学校史をたどる ―中学校・高等学校編―
平成30年12月15日(土)~平成31年3月24日(日)
開催場所:京都市学校歴史博物館
休館日:毎水曜(祝日のときはその翌日)

「学校の外にあった学校関係史料」で、明治期から現代までの京都における中等教育の学校史を振り返ります。

温故礼賛 百花繚乱 相国寺文化圏
Ⅰ期 平成30年10月13日(土)~平成30年12月24日(月・休)
Ⅱ期 平成31年1月13日(日)~3月24日(日)
開催場所:相国寺承天閣美術館
休館日:会期中無休



新春展 旅する茶道具 併)歳寒三友-新春を寿ぐ松竹梅-
前期 平成31年1月7日(月)~平成31年2月3日(日)
後期 平成31年2月28日(木)~3月31日(日)
開催場所:茶道資料館
休館日:毎月曜(祝日は開館)



ギガタウン・イン・テラタウン こうの史代の「漫符図譜」
平成30年11月22日(木)~平成31年4月2日(火)
開催場所:京都国際マンガミュージアム
休館日:毎水曜(祝日のときはその翌日)
年末年始(12月26日~1月4日、2月4日~8日)

樂家歴代の中から春にちなんだ作品を展覧します。

絞り十四連作 古都三連山朝夕襖絵
平成31年1月5日(土)~5月6日(月・休)
開催場所:京都絞り工芸館
休館日:会期中無休
2月1日、3月1日、4月1日



不都合な真実展 併催「仏教と環境展」
平成30年11月21日(水)~平成31年5月13日(月)
開催場所:京都佛立ミュージアム
休館日:毎月曜(祝日、25日のときは翌平日休館)



織部の子・孫と流儀の門人たち
平成31年1月19日(土)~5月21日(火)
開催場所:古田織部美術館
休館日:会期中無休



企画展 京の塔をめぐる
平成30年12月13日(木)~平成31年6月3日(月)
開催場所:古典の日記念 京都市平安京創生館
休館日:毎火曜(祝日の場合翌日)
年末年始

平安時代後期の京都には数多くの塔が立ち、100基の塔に詣でた記録もあります。平安時代の京都に立っていた塔、そして今日、京都周辺に立っている塔を紹介します。
監修:京都大学大学院工学研究科教授 冨島義幸氏
同時開催!「旅の装い~平安貴族の外出~」(協力:風俗博物館)

 コンサート
京都観世会謡初式
平成31年1月1日(火・祝)10時30分~
演目:舞囃子/仕舞/狂言小舞/祝言

金剛流謡初式
平成31年1月3日(木) 12時~

開催場所:金剛能楽堂


休館日:毎週月曜日(催しの開催に合わせて変更あり) 年末年始

演目:神歌/仕舞/舞囃子

吉本新喜劇 年末年始特別興行
平成31年1月1日(火・祝)~5日(土)  ①12時30分~ ②15時30分~
[新喜劇]辻本茂雄 アキ 若井みどり 他

南座新開場記念
劇団創立70周年  初笑い! 松竹新喜劇 新春お年玉公演

平成31年1月1日(火・祝)~8日(火) 午前の部11時~ 午後の部15時30分~
(初日のみ13時1回公演)
※1/6午後の分は貸切


開催場所:南座


休館日:公演によって異なる。

演目:一、裏町の友情 一場/二、お祭り提灯 二場

クレール=マリ・ル・ゲ  ピアノ・リサイタル/アンサンブルホールムラタ
平成31年1月9日(水) 19時~

開催場所:京都コンサートホール


休館日:第1,3月曜日(休日に当る場合はその日以降の最初の休日でない日)、年末年始(12/28~1/4)



笠井叡迷宮ダンス公演『高丘親王航海記』/サウスホール
平成31年1月11日(金)19時~、12日(土)15時~

開催場所:ロームシアター京都



京都市交響楽団 特別演奏会「ニューイヤーコンサート」/大ホール
平成31年1月13日(日) 14時30分~

開催場所:京都コンサートホール


休館日:第1,3月曜日(休日に当る場合はその日以降の最初の休日でない日)、年末年始(12/28~1/4)



京都観世会1月例会
平成31年1月13日(日) 11時~


相模友士郎『LOVE SONGS』
観客のまなざしが、不在の「あなた」を呼び起こす無人劇

平成31年1月12日(土)18時~・13日(日)15時~

開催場所:京都市東部文化会館


休館日:12月28日~1月4日
火曜日(祝日のときはその翌日)

ロームシアター京都×京都市文化会館 5 館連携事業
地域の課題を考えるプラットフォーム CIRCULATION KYOTO ー 劇場編

前進座初春特別公演「裏長屋騒動記」
平成31年1月4日(金)~14日(月・祝)※1月4日は貸切公演


第7回 佐藤弘樹的生ラヂオ ~THE 振替公演~
平成31年1月14日(月・祝) 昼の部14時~  夜の部19時30分~


南座新開場記念
桂米朝一門会

平成31年1月18日(金) 18時~

開催場所:南座


休館日:公演によって異なる。



奥井紫麻 ピアノ・リサイタル/アンサンブルホールムラタ
平成31年1月19日(土) 14時~

開催場所:京都コンサートホール


休館日:第1,3月曜日(休日に当る場合はその日以降の最初の休日でない日)、年末年始(12/28~1/4)



ロームシアター京都×京都芸術センター U35創造支援プログラム“KIPPU”
安住の地『ポスト・トゥルースクレッシェンド・ポリコレパッショナートフィナーレ!』/ノースホール

平成31年1月17日(木)19時30分~、18日(金)・19日(土)14時30分~、19時30分~・20日(日)11時~、15時~

開催場所:ロームシアター京都



京都市交響楽団 第630回 定期演奏会/大ホール
平成31年1月19日(土)~20日(日) 14時30分~(14時頃~ プレトーク開催)

開催場所:京都コンサートホール


休館日:第1,3月曜日(休日に当る場合はその日以降の最初の休日でない日)、年末年始(12/28~1/4)



アンサンブル弦伍楼 旗揚げ公演 京都市交響楽団メンバーによる~/アンサンブルホールムラタ
平成31年1月25日(金) 19時~

開催場所:京都コンサートホール


休館日:第1,3月曜日(休日に当る場合はその日以降の最初の休日でない日)、年末年始(12/28~1/4)



南座新開場記念 喜劇名作劇場
喜劇 有頂天団地

平成31年1月12日(土)~27日(日) 11時~、15時30分~
※1月18日休演
※1月20日・22日・24日の11時は貸切
※公演日時等はHP等でご確認ください


開催場所:南座


休館日:公演によって異なる。



第14回 京都市ジュニアオーケストラコンサート/大ホール
平成31年1月27日(日) 14時~

開催場所:京都コンサートホール


休館日:第1,3月曜日(休日に当る場合はその日以降の最初の休日でない日)、年末年始(12/28~1/4)



第344回 市民寄席/サウスホール
平成31年1月27日(日) 13時30分~

開催場所:ロームシアター京都



金剛定期能
平成31年1月27日(日) 13時~

開催場所:金剛能楽堂


休館日:毎週月曜日(催しの開催に合わせて変更あり) 年末年始



ノンバーバルパフォーマンス 『ギア-GEAR-』
月・水・金・土・日・祝
月・水・金・土 14:00~、19:00~ 日・祝 12:00~、17:00~
※1月2日・7日・9日は休演


開催場所:ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』


休館日:チケット電話受付・お問合せ:平日10:00-19:00 土日祝日9:00-19:00



よしもと祇園花月 本公演 1月
平成31年1月6日(日)~31日(木) ①12時30分~  ②15時30分~
土・日・祝は1日2回 平日は①のみ ※1月15日~18日休館、1月24日は貸切



会社設立30周年記念「RAGフォトコンテスト」
絶賛大募集中!

平成30年10月1日(月)~平成31年1月31日(木)
テーマ:この30年の間にライブスポットラグ店内で撮影された楽しい写真、感動写真、面白写真、アート写真
 応募方法等:詳しくは → https://www.ragnet.co.jp/photocontest/
各賞/賞品
グランプリ (1点)/ライブスポットラグ金券5万円
準グランプリ(1点)/ライブスポットラグ金券3万円
アート写真賞、楽しい写真賞 、感動写真賞、面白写真賞(各賞1点)/ライブスポットラグ金券1万円
KIRINBEER賞(3点)/一番搾り(350ml缶)1ケース

小澤征爾音楽塾展2019 第2部/ミュージックサロン
平成30年12月4日(火)~平成31年3月28日(木) 10時~19時

開催場所:ロームシアター京都