京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi
今日の京都観光    2018年12月10日(月)
 催し
醍醐寺霊宝館 秋期特別公開
平成30年10月15日(月)~12月10日(月) 9時~16時(12月3日~は15時30分まで)
醍醐寺の寺宝・伝承文化財は、約15万点におよび、古代、中世以来の貴重な宝物が静かに安置され、その一部が公開されます。

京都市学校歴史博物館特別展
「開館20周年記念 画題で見る 近代の日本画表現」

平成30年10月6日(土)~12月11日(火) 期間中に展示替を実施
前期:10月6日(土)~11月6日(火)
後期:11月8日(木)~12月11日(火)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:水曜(祝日の場合は翌平日)

~明治改元記念事業 明治150年・京都のキセキプロジェクト~

近代日本画の見どころのひとつは,画家たちの華々しい個性の競演です。それ以前の近世では,基本的に,円山派,四条派など絵師の流派によって決まった様式を学び絵画制作を行っていたため,流派様式を超えた画家の強い自己表現はあまり見られませんでした。しかし明治後期以降になると,画家たちは,流派にしばられず,個々に新しい日本画表現を探究するようになります。古画や,西洋画の表現も学び,写生を積極的に作品に反映させるなどして個性的な絵画が多く制作されました。そうした自分なりの表現を模索する中で,画家は自身が得意とし,画業を代表する画題を発見していきました。
本展では,明治後期から昭和期に,日本画にどのような個性があらわれたのかについて,作品約50点を展示して振り返ります。それらを山水,花鳥,人物という画題に分けて展示し,同一画題の作品同士を比較することで,画家の個性を浮き彫りにします。

関連イベント

(1) 関連講演会「日本画とその画題―山水・花鳥・人物の変遷―」
講師:森光彦(当館学芸員)
日時:10月28日(日)午後2時~午後3時30分
会場:当館3階講義室
内容:日本で描かれてきた絵画は,どのようなものを対象として描いてきたのか。また,近世から近代に移り変わるとき,それはどう変化してきたのか。本講座では日本における画題の代表であった山水,花鳥,人物に注目し,その変遷をたどる。
定員:70名(要申込/先着順)
(2)「山水画と風景画」
講師:廣田孝(京都女子大学名誉教授)
日時:12月2日(日)午後2時~午後3時30分
会場:当館3階講義室
内容:山水画と風景画。このふたつの分野は何となく区別して,イメージしている。京都画壇では明治から大正にかけて山水画から風景画へと代わった。この変化を取り上げてみる。これらの分野について確かめたあと,日本画作品を取り上げて具体的に検討する。なじみの深い日本画家の作品をスライドで呈示する。
定員:70名(要申込/先着順)
(3) 開館20周年記念対談「京都の美術を育んだもの」
登壇者:榊原吉郎(京都市立芸術大学名誉教授)
上村淳之(日本画家,当館館長)
日時:11月25日(日)午後2時~午後3時30分
会場:当館2階講堂
内容:京都市学校歴史博物館は平成10年11月11日に開館し,今年は開館20周年に当たる。それを記念して,このたび特別対談を行う。近代美術研究がご専門の榊原吉郎先生をお招きし,当館館長で日本画家である上村淳之と,京都の美術を育んだ様々な事柄についてお話頂く。京都独自の文化を作品に反映させた画家たちや,その研鑽の場となった絵画学校,これからの京都美術についてなど,興味のつきない話題を縦横無尽に語って頂く。
定員:120名(要申込/先着順)

<受付>(1)~(3)とも,希望される講演会・対談名,参加代表者氏名,代表者の電話番号,参加人数を明記のうえ,下記いずれかの方法により京都市学校歴史博物館へ申込
○TEL:075-344-1305(午前9時~午後5時,水曜日休館)
○FAX:075-344-1327(24時間受付)
○電子メール:rekihaku-jigyou@edu.city.kyoto.jp(PCのみ可。携帯不可。)

→チラシはこちら

祝! 京都市中央市場誕生アニバーサリーウィーク
平成30年12月1日(土)~11日(火) 【メインイベントは12月8日(土)・9日(日)】
○特別展示 12月1日(土)〜12月11日(火)
「京都市中央市場の歴史展」
昭和初期の市場を振り返る風景写真や京都市場新聞のパネルを展示するほか,昔懐かしい昭和の映像を館内にある100インチのプロジェクターで放映。

○プロから学ぶ旬の魚のさばき方と食べ比べ 12月9日(日)
旬の大型魚(ブリ,マグロ,カツオ等)をまちの魚屋さんがさばく様子を見ながら,さばき方のコツや美味しい食べ方などのお話を聞きます。また,さばいた魚を参加者全員に試食いただきます。

○販売コーナー
 ・海鮮ちらし寿司 12月9日(日)
1食1,000円[2,000円相当]
正午から販売開始,先着50名,売切れ次第終了
・フレッシュオレンジジュース 12月8日(土),9日(日)
1杯200円
午前8時30分から販売開始,各日とも無くなり次第終了
・フレッシュカットパイン 12月8日(土),9日(日)
1本200円
午前8時30分から販売開始,各日とも無くなり次第終了
・オリジナルスイーツ 12月9日(日)
1個250円~
正午から販売開始,先着200個,売切れ次第終了
・オリジナルホットドッグ 12月9日(日)
1個500円[800円相当]
正午から販売開始,先着50個,売切れ次第終了
・ちりめんじゃこつかみ取り 12月9日(日)
1回500円
午前8時30分から販売開始,無くなり次第終了
・「京都まるごとお土産コーナー」10%オフセール
12月9日(日)
※一部対象外の商品があります。

○スタンプラリー&大抽選会  12月8日(土),9日(日)
会場内のクイズコーナーのうち,2箇所でクイズに答えてスタンプを集めた方は,もれなく大抽選会に参加できます。
水産物の食べ比べセットや京野菜の詰め合わせ等の豪華賞品が当たります。

森本真二 陶展
平成30年11月30日(金)~12月12日(水) 10:00~18:00 木曜日休館(祝日の場合は開館)
“窯の焼き”、とはいかに焼くか…すなわち炎による焼きという陶芸の最大の醍醐味である部分に力を尽くし、焼きと釉(うわぐすり)の加減をもって素材を生かす術を強みとしている。
約3日間の穴窯の炎を耐え抜いて生まれた灰被りなどの作品と共に、赤織部・天目などが並ぶ。
一貫して暖かさを感じる風合いの器は、日常の中にもしっくりと馴染み、人と生活に優しく憂いをもたらす筈である。

<宋永窯 森本真二 陶歴>
1963  京都に生まれる
1986  京都市工業試験場伝統産業研修専攻科修了
1987  京都府陶工職業訓練校成形科修了
1991  山梨県増穂にて登窯・穴窯焼成を担当 池田満寿夫氏らの焼成を担当
1992  京都市山科、清水焼団地において新工房を開く 国際陶磁器展 美濃’92初入選
1993 大阪阪神百貨店にて個展以後毎年全国の百貨店、画廊にて精力的に展覧会を開催
1998   京都・山科の工房を亀岡・東別院の地へ移す
1999  リッツ・カールトン・ホテル大阪にて茶会と個展
2015  銀座松屋にて20回目の記念個展を開催
赤織部と天目、白磁を中心に現在に至る。

武田直之 陶展 ~永久に咲く色~
平成30年11月30日(金)~12月12日(水) 10:00~18:00 木曜日休館(祝日の場合は開館)
武田直之さんは、主に手捻りで成形されたフォルムに複数の色化粧を重ねることにより、豊かな色調の作品をつくられます。
武田さんは、日頃から草花を愛でられて、その感動とご自身の心象風景を重ね合わせて作品のイメージを考えられます。そして、それを具現化するために、手捻りでフォルムをつくられ、そこに数種類の色化粧を幾重にも重ねることで、爽やかでありながら奥深い色調を創り出されます。儚く色あせてしまう草花の色彩や、その感動を朽ちることのない「陶」へと昇華されます。
本展では、大作のほか器なども展覧いたします。武田さんの、永久に咲く色の世界をお楽しみ下さいませ。

武田直之 陶歴
1979年 大阪府に生まれる
2001年 高野山大学 文学部 卒業
2004年 宮下善爾氏に師事
2008年 大阪芸術大学 芸術学部 卒業
2010年 独立 「陶房 陶匠志」設立
2012年 光風会展「光風奨励賞」受賞(‘13「京都新聞社賞」‘14年「京都新聞賞」)
2013年 全関西美術展「全関西美術展賞第三席」受賞
(‘14年・‘18年「同賞受賞」)
大阪工芸展「大阪府知事賞」受賞
(‘14年「大阪工芸大賞」
‘15年「奨励賞」
‘17年・‘18年審査員)
2014年 改組新日展 入選(‘15年)
2017年 泉佐野市展 審査員(同‘18年)
2018年 京都工芸美術展(於:中国・上海劉海粟美術館)

現在 創工会会員・京都工芸美術作家協会会員・大阪工芸協会

秋の特別公開
平成30年9月25日(火)~12月15日(土) 10時~16時 ※10月18日~ 21日は拝観休止、10月3日 ~5日、12月8日は法堂のみ 11時~
法堂・方丈・開山堂を公開。

2018年度秋季特別展「8月6日」
平成30年11月6日(火)~12月16日(日) 9:30~16:30(入館は16:00まで)
※休館日 月曜日、11/24(土)

戦後73年が経ち戦争体験者が減少する中、体験継承の重要性が唱えられています。本展では、“8月6日”をテーマにしたふたつの展示から、博物館はどのように戦争体験にアプローチできるのかを考えます。

→HP:http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/event/special/2018/exhibition2018_3.html

まいまい京都2018
平成30年3月3日(土)~12月16日(日)
京都の住民がガイドする、京都のミニツアー。
全700コースのミニツアー「まいまい京都2018」

ガイドは、バラエティに富んだ総勢100名以上。呉服屋店主、植木屋の親方、お坊さん、花街のお姐さん、占い師、廃河川探検家、妖怪の子孫、植物園名誉園長など、多彩な顔触れがそれぞれ専門のテーマでガイドします。
各1.5~3.0kmに設定されたまち歩きコースを、2~3時間かけて、少人数でじっくり堪能します。

1.コース一例 以下の項目に変更願います。
●京都・パンまつり!かわいい町家パン屋さんの工房見学付き
●ブラタモリ記念、タモリさんを案内したガイドと御土居凸凹ツアー!
●御用庭師とめぐる南禅寺庭園、名庭に秘められた庭師の思い
●東山がいちばん華やぐ時、誰にも教えたくない穴場の桜めぐり
●芸妓さん舞妓さんとお茶屋遊び入門、花街の達人のレクチャー付き
●飼育員さんと歩く京都市動物園、バックヤードにも潜入
●魔界伝説、平安京のゴーストバスターズ!一条戻橋から北野天満宮まで

定員:各コース15~20名(要予約・先着順)
主催:まいまい京都実行委員会/(一財)京都ユースホステル協会

名刹大徳寺塔頭の拝観
総見院・ 黄梅院 平成30年10月6日(土)~12月9日(日) 10時~16時
興臨院 平成30年10月6日(土)~12月16日(日) 10時~16時 ※各寺院拝観休止日、時間変更日あり

総見院は織田信長の菩提所であり、利休参禅の師、古渓和尚が開祖。黄梅院の庫裡は日本の禅宗寺院では最古のもの。興臨院は、本堂、表門、唐門が室町時代創建で禅宗建築の代表作です。

大徳寺塔頭 真珠庵特別公開
平成30年9月1日(土)~12月16日(日) 9時30分~16時 ※10月19日~21日は拝観休止
本堂(重文)、書院「通僊院」(重文)、茶室「庭玉軒」、伝村田珠光作の七五三庭園(名勝・史跡)とともに、この度、新たに制作された現代作家6名が描く襖絵が初めて公開されます。

霊宝館秋季名宝展
平成30年10月13日(土)~12月16日(日) 9時~16時30分
孔雀明王像(国宝)、阿弥陀三尊像(国宝)などの寺宝を多数展示予定。

拝観定休日:
10月・・・29日、30日、31日
11月・・・1日、2日、13日、14日、27日、28日、29日、30日
12月・・・1日、2日、7日

京都dddギャラリー・京都市立芸術大学 ビジュアル・デザイン研究室 共催展
グラフィックで科学を学ぼう 進化のものがたり展

平成30年11月12日(月)~12月22日(土)
「グラフィックで科学を学ぼう 進化のものがたり展」では、京都芸大ビジュアル・デザイン専攻の学生たちが、生物の進化について書かれた専門書を読み、その内容を子供たち(小学校 中・高学年)に伝えるためにデザインした作品を展示します。学生たちがデザインした作品は、ゲーム、映像、絵本など多岐に渡ります。
科学の知識は正確に伝えられなければなりません。説明文、図版、写真、どれも正確を期すことが求められますが、学生たちが子供たちに進化について伝えようとしたこれらの作品には全て、なんらかの「ものがたり」が加えられています。
また、この展覧会には、京都大学総合博物館所蔵近代教育掛図をパネルと画像で紹介しています。近代教育掛図は、京都帝国大学の学生たちが植物などを学ぶために世界各地から集められた図版です。通常このような図版は、正確である一方でやや退屈と感じることがあるものですが、近代教育掛図は、科学的視点から事実を伝えるという使命を超え、世界の深遠さを多角的に示唆する芸術性を感じさせる「作品」に昇華しているように感じられます。
学生たちが作った作品と近代教育掛図の図版からは、楽しく、美しく、情報が伝わります。
これらの作品から、科学と芸術が並存した世界を可視化することができる、グラフィックデザインの可能性を感じていただければ幸いです。

★ポスターデザイン:冨浦 智里・イラストレーション:元村 麻希子

■出展学生によるギャラリーツアー
2018年11月12日(月)16:30–18:00
会場:京都dddギャラリー
入場無料 予約不要。

■オープニングパーティ
2018年11月12日(月)18:00–19:00
会場: 京都dddギャラリー
入場無料 予約不要

■主催
主催 :公益財団法人DNP文化振興財団 京都市立芸術大学 ビジュアル・デザイン研究室

→チラシはこちら

京都ぐるり
平成30年12月1日(土)、8日(土)、15日(土)、22日(土)
京都市営地下鉄の駅周辺の、まだまだあまり知られていない史跡や見どころを巡るウォーキングツアーです。
期日:毎週土曜10時出発
●内容
12月のコース 《レギュラーコース》
1日(土) 二条城前駅「二条城周辺の史跡をぐるり」
8日(土) 三条京阪駅「高瀬川と坂本龍馬ゆかりの史跡ぐるり」
15日(土) 東山駅「岡崎と疏水関連遺産ぐるり」
22日(土) 御陵駅「散歩道 山科疏水沿いの史跡ぐるり」
参加費:500円
※小学生以下は保護者・引率者同伴(有料)に限り無料
要予約(申込は前々日17時まで)
定員:20名
お申し込みはHPから http://www.kyokanko.or.jp/gururi

芸舞妓さんお座敷体験
平成30年11月28日(水)~12月22日(土) 毎週 水曜日と土曜日 17:30 ~ 20:00
遊ぶん化寺子屋 特別プラン
毎週 水曜日と土曜日
5:30pm~8:00pmまで
特別価格:お一人様13,000円(税別)
※お子様料金:3才まで無料 4才~12才まで半額の6,500円

■ 芸妓さんもしくは舞妓さんとお座敷あそび体験
 花街・芸舞妓さんのことをお話、ゲーム、舞など
■ お食事とお飲み物1杯付 ※ 英語と日本語
ここが違います!
■ 舞台の演舞を見るのではなく、一緒にお座敷あそび体験ができます。
■ 直接お話ができます。
■ 写真もたくさん撮れます。もちろん一緒にも!
■ お座敷あそびができます。

■お申込みについて
1.メールの場合
info@miyako-lab.com に参加⼈数、参加者全員のお名前(フルネーム)、性別、年齢を記載の上、お申し込み下さい。折り返しクレジットカード決済のメールを送らせて頂き、決済確認後ご予約確定となります。
2.お電話の場合
090-5016-3356(担当 佐藤)に参加⼈数、代表者のお名前、参加者全員のお名前(フルネーム)、性別、年齢、メールアドレスをご連絡頂き、お申し込み下さい。
折り返しクレジットカード決済のメールを送らせて頂き、決済確認後ご予約確定となります。
3.締め切りは前⽇の夜6:00まで。但し、定員になり次第締め切りさせて頂きます。
4.お申し込み後のキャンセルはできませんので、ご了承くださいませ。
5.台⾵など危険を伴う可能性がある場合は、ツアーをキャンセルする場合がございます。

■集合場所について
5:30pmまでに会場の瑠万(りゅばん)に直接お越し下さい。
http://ruban-kyoto.com/

注意事項
1.ツアー中にツアー参加者に⽣じた事故やお怪我、物損事故などに対して、ホテル、ツアー主催者、通訳ガイド、会場は⼀切責任は持ちません。ご了承ください。
2.⾔語は英語と日本語のみとなります。
3.最⼩催⾏⼈数は6名様とさせていただきます。
主催 : みやこLab株式会社 遊ぶん化おとなの寺⼦屋
担当:佐藤 090-5016-3356
info@asobunka.com
詳細
https://www.facebook.com/2141471492780069/posts/2159128091014409/

2018年長楽館クリスマスケーキ
平成30年12月10日(月)~25日(火) ※カフェでクリスマスケーキを提供している期間
長楽館では今年も特製クリスマス・ケーキをご用意いたしました。
ケーキのご予約はお電話・FAX・店頭にて承っております。
個数限定の為、おはやめのご予約をお待ちしております。【ご予約11月17日(土)より開始】
また、2018年の特製クリスマス・ケーキがプチガトーとして、デザートカフェ長楽館のメニューに加わります。(各700円)
12月10日(月)よりクリスマスまでの期間、数量限定でご用意しております。
是非ご試食されてみてはいかがでしょうか。

・Noël Chocolat ノエル・ショコラ ※洋酒使用
オレンジピールとヘーゼルナッツの濃厚ブラウニーをベリーのショコラムースで包みました。
サクサクのフィヤンティーヌをアクセントに。
15x7xH5cm 4~6人用 ¥4,000(¥4,320) 50個限定

・Noël Calvados ノエル・カルヴァドス(右) ※洋酒使用
カルヴァドスの香る白のムースにくるみの香ばしい食感。
赤く染めたコンポートが華やかな、りんごをふんだんに使用したケーキ。
15x7xH5cm 4~6人用 ¥4,000(¥4,320) 50個限定

・【定番】 Decoration Cake 生クリームデコレーションケーキ
パティシエこだわりの生クリームとスポンジで包まれた長楽館オリジナル
デコレーションケーキです。
4号(12cm)2~3人用 ¥3,000(¥3,240)
5号(15cm)4~6人用 ¥3,500(¥3,780)
6号(18cm)6~8人用 ¥4,000(¥4,320)

◆クリスマスケーキの店頭販売およびお引渡し日は12月21日から25日迄です。
 お受取り希望時間は11:00~19:00のお時間帯にて承ります。
 風味を大切にしております。宅配便での発送・配達は承っておりません。

http://chourakukan.co.jp/

嵯峨野トロッコ列車 運転開始
平成30年3月1日(木)~12月29日(土) 水曜日運休(祝日・行楽シーズンを除く)
トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅まで8つのトンネルを抜ける全長7.3キロ、約25分の列車旅。3月13日までストーブ列車運行!

當る亥歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎
平成30年11月~12月
歌舞伎発祥地に建つ南座にて、東西の人気歌舞伎役者が一堂に会する京の師走の一大興行。今年は南座発祥四百年と南座の新会場を記念し、期間を延長して開催されます。
江戸の頃、劇場と役者の契約期間は一年で、毎年11月に新しい顔触れによる座組で開場されました。これを「顔見世」と称し、この名残が今日の興行へと受け継がれています。

木屋町三条「ライブスポットラグ フォトコンテスト&撮影会」
応募期間:2018年10月1日(月)~2019年1月31日(木)
撮影会:2018年10月6日(土)7日(日)11月8日(木)9日(金)いずれも11:00~14:00

多くの著名アーティストが連日素晴らしいパフォーマンスを繰り広げる京都・木屋町三条の「ライブスポットラグ」。木屋町RAG30年を迎えるにあたりフォトコンテストを開催、この30年の間に店内で撮影された写真を大募集します!フォトジェニックな演出であなたらしい写真を撮って、ご応募ください。10/6,7、11/8,9は昼間の店内を一般公開します。一面のサインも撮りごたえあり。【賞品】ライブスポットラグ金券5万円(1名)ほか各賞あり。

→チラシはこちら

詳しくは https://www.ragnet.co.jp/photocontest/ まで

保津川下り 冬期お座敷暖房船
平成30年12月10日(月)~平成31年3月9日(土) 12月29日~1月4日運休
※2月7日も安全点検のため運休

保津川の渓谷を縫って、亀岡から嵐山まで、約2時間の自然とふれあう船。冬場は、船の敷き板に絨毯を敷き、ストーブを入れ、透明のビニールで屋根をつくった温かい暖房船が運行されます。絨毯の上に直接座るお座敷スタイルになり、中は温かく、硝子の窓から風景を楽しみます。

【ぷらっと京さんぽ】朝さんぽ お寺で“朝ヨガ”&阿字観体験と東寺さんぽ
平成30年11月18日(日)・平成31年3月16日(土)
通常非公開のお寺・東寺塔頭「宝菩提院」にてヨガ・阿字観体験と世界遺産東寺のさんぽをします♪ヨガの後は阿字観体験も!初心者の方参加大歓迎♪♪東寺のさんぽでは現地ガイドがご案内します。ぜひご参加ください!
※事前にJR東海ツアーズにてお申込みが必要です。(お申込み締切日:1日前)
※交通費・食事代金などは含まれません。各自でお支払いください。

http://www.jrtours.co.jp/domestic/option/kyoto.html

【ぷらっと京さんぽ】京都で楽しく ノルディック・ウォーク♪
平成30年11月17日(土)・12月16日(日)・2019年3月17日(日)
季節が感じられる京都。
ノルディック・ウォークで楽しく京都を散策しませんか?
ノルディック・ウォークはポールを2本使うウォーキングで、近年注目されています!初心者の方大歓迎!出発前にノルディック・ウォークのレクチャーも行います!ぜひご参加ください♪
※事前にJR東海ツアーズにてお申込みが必要です。
(当日申込の場合は、京都支店・京都駅新幹線中央口支店にて承ります。)
※交通費・食事代金などは含まれません。各自でお支払いください。

http://www.jrtours.co.jp/domestic/option/kyoto.html

京の「匠」ふれあい事業 ~京の職人さんによる実演~
平成30年7月23日(月)~平成31年3月17日(日) 10:30~16:30 (休館日:平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木))
(但し,平成30年12月28日(金),平成31年1月4日(金),5日(土)は,実演を行っておりません)

京都市では,伝統産業に携わる職人さんの雇用創出及び市民や観光客などへの伝統産業のPRを目的として,集客施設や小学校等において,職人さんによる体験教室や実演を実施しています。
現在,西陣織工業組合協力のもと,西陣織会館において,西陣織や京友禅など,帯やきものに関する業種の職人さんによる実演を実施しています。普段目にすることができない,伝統産業の希少な工程,職人さんの匠の技を是非御覧ください。

 伝統行事
報恩講(大根焚)
平成30年12月9日(日)~10日(月) 法要11時~
約750年前、鳴滝の地を訪れた親鸞上人は、村人が捧げた大根焚に大層喜ばれたと伝えられます。大根焚は9時から16時までふるまわれます。
大根志納券/1,000円、お斎(食事)券/1,600円 (予定)

交通・アクセス:市バス26「鳴滝本町」

終い金比羅祭
平成30年12月10日(月) 10時~
この日から初金比羅の1月10日まで、稲穂に紅白の折鶴、松竹梅などを配した神札「稲宝来」が社頭で参詣者に授与されます。
稲宝来 3,500円

 美術展
秋の特別展「御所人形と嵯峨人形」展
平成30年9月15日(土)~12月13日(木)
開催場所:博物館 さがの人形の家
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)

江戸時代に京都で制作された木彫りの人形で、あどけない稚児の姿をした”御所人形”と人形の王様といわれ極彩色で品格のある”嵯峨人形”を展示いたします。

平成30年秋季企画展「異国趣味展」
平成30年9月15日(土)~12月15日(土)
開催場所:角屋もてなしの文化美術館
休館日:毎月曜(但し祝日のときは翌平日)

角屋の2階にある中国風の座敷「青貝の間」では、調度類も異国情緒が漂うものが用いられます。とりわけ青花牡丹唐草文細水指は景徳鎮窯で、オランダ語の銘があります。

没後50年 藤田嗣治展
平成30年10月19日(金)~12月16日(日)
開催場所:京都国立近代美術館
休館日:毎月曜(但し祝日のときは翌平日)



秋季特別展 並河靖之―心の七宝
平成30年9月7日(金)~12月16日(日)
開催場所:並河靖之七宝記念館
休館日:毎月曜・木曜(祝日のときは翌日休館)

明治・大正期に活躍した七宝家、並河靖之の記念館。 彼の邸宅跡である、建物と庭園、旧工房を公開しています。
「明治150年」の秋、「開館15周年」を迎えた同館にて、京都七宝を世界に冠たるものとして極めた「新たな時代の創造の美」をご堪能ください。

開館二十周年記念展 大西家歴代
平成30年9月1日(土)~12月16日(日)
開催場所:大西清右衛門美術館
休館日:毎月曜日(但し祝日のときは翌平日)

京都・三条釜座。約四百年の間、大西家はこの地に住みながら茶の湯の釜を作り続けてきました。歴代の仕事を振り返り、代表作の数々を展観します。

総合展示 伝統と創生 ―無形文化財保持者たちの作品展―
平成30年11月10日(土)~12月24日(月・休)
開催場所:京都府京都文化博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)
年末年始(12月28日~1月3日)



生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。
平成30年11月16日(金)~12月25日(火)
開催場所:美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7F隣接)
休館日:会期中無休

2018年12月15日、生誕100年を迎えるちひろ。同展では資料を交えた約200点を展示。「絵描き」としてのちひろの技術や作品の背景を振り返る展覧会です。

速報展示「鹿苑寺(金閣寺)南池跡の調査」
平成30年10月13日(土)~12月27日(木)
開催場所:京都市考古資料館
休館日:毎月曜(但し祝日は開館・翌平日休館)



「大西郷展」第4期 明治維新から西南戦争へ
平成30年9月4日(火)~平成31年1月6日(日)
開催場所:幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
休館日:毎月曜(但し祝日のときはその翌日)
年末年始

薩長同盟から王政復古、鳥羽伏見の戦い、江戸城無血開城と主導的役割を果たした西郷隆盛に焦点をあて、多くの資料でその生涯をたどります。西郷をとりまく坂本龍馬や新選組の資料も展示します。

「へうけ(ひょうげ)もの」織部好みの“対照”の美とは?
平成30年9月21日(金)~平成31年1月15日(火)
開催場所:古田織部美術館
休館日:会期中無休

「へうけ(ひょうげ)もの」といわれた激しく歪んだ茶碗と、茶入、水指との三点の絶妙なバランスは「天下一」の茶人・古田織部の真骨頂ともいわれます。その刺激的な取り合わせと、傾いた自筆書状5点などを展示します。

ドアノーの愛した街パリ ROBERT DOISNEAU展
平成30年11月1日(木)~平成31年1月20日(日)
開催場所:何必館・京都現代美術館
休館日:毎月曜(祝日は開館)



いまもむかしも 胸きゅん!嵐山
平成30年11月1日(木)~平成31年1月27日(日)
開催場所:嵯峨嵐山文華館
休館日:毎火曜(但し祝日のときは翌平日)、年末年始

初公開となる江戸時代後期の画家・矢野夜潮の「高雄秋景・嵐山春景図屏風」、与謝蕪村の「いかだしの」(自画賛)、竹内栖鳳や冨田渓仙らの作品を紹介します。

特別展 京都をよみがえらせた名望家たち
平成30年11月2日(金)~平成31年2月5日(火)
開催場所:京都市歴史資料館
休館日:月曜・祝日休館 年末年始



装剣金工の明治時代
平成30年11月24日(土)~平成31年2月17日(日)
開催場所:清水三年坂美術館
休館日:月・火曜日(但し、12月24日、1月14日、2月11日は開館)、年末年始(12月25日~1月2日)

日本刀に取り付けられた鐔(つば)、目貫(めぬき)、小柄(こづか)、笄(こうがい)などの刀装具は、太平の世といわれた江戸時代に装飾性が高まるとともに、多くの優れた装剣金工が登場します。鉄・金・銀・四分一などの金属と高度な彫金技法でもって、花鳥風月や縁起物などの様々な題材が巧みに表現されました。
明治時代に入って日本刀の需要を失うと、彼らは刀装具制作で培った彫金技術を活かした新しいものづくりに挑戦し、花瓶や香炉、装身具といった金工品を制作するようになりました。多彩な金属を用いた高度な彫技は、世界に類を見ず、日本の金工品は万国博覧会でも高い評価を得て、重要な輸出品となっていったのです。
本展では、苦難の時を経て明治を代表する彫金家となった加納夏雄や海野勝珉をはじめ、正阿弥勝義、塚田秀鏡らの刀装具から明治の金工作品を展示します。
●主な展示作品
・《蓮池川蝉図鐔》《芍薬図懐中時計》加納夏雄 ・《花鳥図花瓶 一対》海野勝珉 ・《三友煎茶道具》後藤一乗 ・《蝶紋金総金具堆黒合口拵》正阿弥勝義 ほか

冬の万華鏡展
平成30年10月27日(土)~平成31年2月22日(金)
開催場所:京都万華鏡ミュージアム
休館日:毎月曜(但し祝日のときは翌平日)
年末年始(12月25日~1月4日)

雪の結晶や冬の景色をイメージした万華鏡を展示します。

外国の万華鏡作家大集合展
平成30年10月27日(土)~平成31年2月22日(金)
開催場所:京都万華鏡ミュージアム
休館日:毎月曜(但し祝日のときは翌平日)
年末年始(12月25日~1月4日)

楽しい嬉しい万華鏡がいっぱい!! 海外の作家のものを中心にバラエティーに富んだ作品展です。

草間彌生 永遠の南瓜展
平成30年5月3日(木)~平成31年2月28日(木) 10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日 12月31日、1月1日、1月7日~9日
開催場所:フォーエバー現代美術館 祇園・京都
休館日:無休(年末年始を除く)

開館1周年を迎え、これまでの常設展示室3室と企画展示室1室に加え、新たに2室を拡張しグランドオープンいたしました。オープンを記念して「草間彌生 永遠の南瓜展」を開催。展覧会では、草間彌生の代表的なモチーフの一つとして知られる「南瓜」の作品世界を中心に紹介しています。「実際の南瓜がそれぞれ豊かな表情を持っているように、わたしの南瓜だってどれ一つとして同じではない。」と草間彌生が語るように、実に様々な形、色、素材で制作されてきた南瓜作品35点を「南瓜の間」にて公開しています。 また、展示室名「花の間」「富士の間」にちなんだ作品や貴重な初期作品など全123点を展示紹介しています。

http://www.fmoca.jp

温故礼賛 百花繚乱 相国寺文化圏
Ⅰ期 平成30年10月13日(土)~平成30年12月24日(月・休)
Ⅱ期 平成31年1月13日(日)~3月24日(日)
開催場所:相国寺承天閣美術館
休館日:会期中無休



ギガタウン・イン・テラタウン こうの史代の「漫符図譜」
平成30年11月22日(木)~平成31年4月2日(火)
開催場所:京都国際マンガミュージアム
休館日:毎水曜(祝日のときはその翌日)
年末年始(12月26日~1月4日、2月4日~8日)

樂家歴代の中から春にちなんだ作品を展覧します。

不都合な真実展 併催「仏教と環境展」
平成30年11月21日(水)~平成31年5月13日(月)
開催場所:京都佛立ミュージアム
休館日:毎月曜(祝日、25日のときは翌平日休館)



 コンサート
南座発祥四百年 南座新開場記念
白井松次郎 大谷竹次郎 追善
京の年中行事
當る亥歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎

平成30年12月1日(土)~26日(水) 昼の部10時30分~、夜の部16時30分~

開催場所:南座


休館日:公演によって異なる。

演目:
〈昼の部〉第一 寺子屋/第二 鳥辺山心中/第三 ぢいさんばあさん/第四 新口村
〈夜の部〉第一 義経千本桜/第二 面かぶり/第三 弁天娘女男白浪/第四 三社祭

ノンバーバルパフォーマンス
『ギア-GEAR-』

月・水・金・土・日・祝 ※12月3日・5日・31日は休演
月・水・金・土 14:00~、19:00~ 日・祝 12:00~、17:00~


開催場所:ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』


休館日:チケット電話受付・お問合せ:平日10:00-19:00 土日祝日9:00-19:00



よしもと祇園花月 本公演 12月
平成30年12月1日(土)~平成30年12月31日(月) ①12時30分~  ②15時30分~ 土・日・祝と12月26日~は1日2回 平日は①のみ


会社設立30周年記念「RAGフォトコンテスト」
絶賛大募集中!

平成30年10月1日(月)~平成31年1月31日(木)
テーマ:この30年の間にライブスポットラグ店内で撮影された楽しい写真、感動写真、面白写真、アート写真
 応募方法等:詳しくは → https://www.ragnet.co.jp/photocontest/
各賞/賞品
グランプリ (1点)/ライブスポットラグ金券5万円
準グランプリ(1点)/ライブスポットラグ金券3万円
アート写真賞、楽しい写真賞 、感動写真賞、面白写真賞(各賞1点)/ライブスポットラグ金券1万円
KIRINBEER賞(3点)/一番搾り(350ml缶)1ケース

小澤征爾音楽塾展2019 第2部/ミュージックサロン
平成30年12月4日(火)~平成31年3月28日(木) 10時~19時

開催場所:ロームシアター京都