京都観光オフィシャルサイト 京都観光Navi
今日の京都観光    2017年7月17日(月)
 催し
金属工芸公募展 『いまからまめさら 2017』
平成29年7月15日(土)~23日(日) 各日10時 ~ 18時 期間中休み無し
今年で6回目となる、この金属で制作された豆皿の公募展覧会は、「豆皿」という広く慣れ親しんだ小さな器をテーマとし、国内外・地位・実績・手法を問わず出品を募り、金工を学ぶ若者から第一線で活躍する従事者らを一同に介した展覧会になります。
中でも優れた作品には、山中源兵衛賞をはじめとした各賞を設けることで、より多くの方に観て触れていただく機会をつくるだけなく、作り手の未来、金属工芸界の活性に繋がると考えています。 また、これから作り手として生きてゆく道を志す者にとって、作品を販売することを想定し価値付けを行うことにより、社会との関わりを深く意識できる経験になることを願っております。
年々出品者数も増え、今年の応募者数は約90名。国内で活躍中のアーティスト、現役の職人、金工を学ぶ学生、また海外からは、イギリス・フランス・台湾からもご応募いただいております。
本年度の賞も引き続き、アンスティチュ・フランセ日本様からアンスティチュ・フランセ日本賞、月桂冠株式会社様から月桂冠賞を設けていただいております。

授賞式・レセプションは7月15日(土)18時から20時まで。
どなたでもご参加いただけますので是非お越しください。

木村展之・宜正 兄弟展
平成29年7月14日(金)~26日(水) 10:00~18:00 木曜日休館(祝日の場合は開館)
<木村展之 陶歴>
1965 京都五条坂に生まれる
1988 京都市工業試験場窯業専攻科修了
父、木村盛伸に師事
1990 日本伝統工芸展初出品入選
以後、多数
1992 楊梅陶窯を開窯独立
1995 日本陶芸展初出品入選
1996 清水卯一先生主幹 「蓬莱会展」出品
以後’04まで毎年
1997 長三賞陶芸展入選
1999 日本工芸会正会員に認定される
2000 第2回現代茶陶展入選
2006 NHKテレビBS-2 「器夢工房」 出演

<木村宜正 陶歴>
1968 京都・岩倉に生まれる
1989 京都府立陶工高等技術専門学校終了
1992 日本伝統工芸展近畿展入選
(以降毎年入選)
1998 清水卯一先生主幹「蓬莱会展」出品
以後’04まで毎年
2003 日本伝統工芸展初入選
2008 KYOTO&LITTLE KYOTO展出品
ANTHONY d‘OFFAY GALLERY(ロンドン)
2012 京都美術・工芸ビエンナーレ2012入選
お二人とも全国各地にて個展多数開催、その他入選、受賞多数

七夕笹飾りライトアップ
平成29年7月1日(土)~8月15日(火) 日没~20時頃(土日祝は21時頃)
期間中、青々とした笹に参拝者の願いをしたためた短冊が揺れます。夜間には、笹が優しい光に浮かびます。

・6月27日(火)~7月9日(日) はやしのりこ 展
・7月11日(火)~7月23日(日) 林まさみつ・武村小平 展
・7月25日(火)~8月6日(日) harunachico 展
・8月22日(火)~9月3日(日) 近藤あかね・潮桂子 展

平成29年6月27日(火)~8月22日(火)
はやしのりこ 展 (バッグ)
林まさみつ・武村小平 展(竹カゴ・浴衣・日傘など)
harunachico 展(衣服)
近藤あかね・潮桂子 展(陶磁器)

→チラシはこちら

京都dddギャラリー第213回企画展 TDC 2017
平成29年7月4日(火)~8月22日(火)
東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルコンペティション「東京TDC賞2017」の成果をご覧いただく本展では、グランプリをはじめ受賞10作品やノミネート作品など、タイポグラフィを軸にしたグラフィックデザインの優秀作品150点あまりを展覧いたします。受賞者には、TDC賞の作品のセレクションに共感する世界のデザイナーの強者が肩を並べ、TDCの設立30周年を祝うような豪華なラインナップとなりました。

■ギャラリートーク
特別賞の『横山裕一/アイスランド』のブックデザインをはじめ、京都にゆかりの音楽の仕事「くるりの20回転・京都音博10回転」、POLAの新V.I.など、会場に展示されたご自身の作品をめぐってお話いただきます。また他の受賞作品についてどのように見たのか、興味深い視点をうかがいます。

2017年7月8日(土) 14:30-16:00
会場: 京都dddギャラリー
出演: 服部一成
入場無料、要予約、定員50名
6月29日より受付開始します。参加ご希望の方はギャラリーHPよりお申込みください。

■オープニングパーティ
2017年7月8日(土)16:30-18:00
会場: 京都dddギャラリー

■ギャラリーツアー
東京TDC事務局長が展示作品を楽しく解説します。

2017年7月23日(日)16:00-17:00
会場: 京都dddギャラリー
ガイド: 照沼太佳子(東京TDC事務局長)。

■会場
京都dddギャラリー
〒616-8533 京都府京都市右京区太秦上刑部町10
TEL:075-871-1480 FAX:075-871-1267

■開館時間
11:00-19:00(土曜・7/23(日)は18:00まで)

■休館日
日曜・祝日
※7月23日(日)は、特別開館

→チラシはこちら

※画像 キャプション:Design by Naomi Hirabayashi

京都伝統産業ふれあい館
匠と舞、摺型友禅染体験教室、夏やすみ職人実演まつり

平成29年6月1日(木)~8月27日(日)
開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで) 
休館日:8月22日・23日

□匠と舞
●内容
職人による製作実演と伝統工芸品を身にまとった舞妓さん・芸妓さんの舞台をお楽しみいただけます。
・職人実演 詳しい予定はHPにて
・舞妓舞台
期日
舞妓舞台 平成29年8月20日(日)
芸妓舞台 平成29年8月27日(日)
※両舞台とも14時~、14時30分~、15時~(各回約15分)
観覧無料
**********************

□摺型友禅染体験教室
期日
毎週日曜 9時30分 ~16時 当日随時受付
月~土、祝日(日曜除く) 団体等受付(2週間前までに要予約)
※詳しくはHPにて。
料金:ハンカチ小 900円 Tシャツ、トートバッグ 各2,000 円 他
**********************

□夏やすみ職人実演まつり
期日
平成29年8月6日(日)、13日(日)、20日(日)、27日(日)
●内容
8月の日曜日は普段見る事のできない職人さんの制作実演を行います。職人さんの実演を間近で見るチャンスです。 夏休みの自由研究にもぴったり! 職人さんから話を聞いて伝統工芸品の勉強をしませんか。期間中はワークショップ(有料)も行います。詳しくはHPにて。
**********************

□常設展示場
開館時間:9時~17時
●内容
京の歴史と技を伝える伝統工芸品74品目、約500点を一堂に集め、体系的に紹介する国内有数の展示場。団体の場合、ご希望があれば展示品の解説をさせていただきます。事前にお問い合わせください。(日程によってはご希望に添えない場合もあります。)
**********************

□ギャラリー
開館時間:9時~17時
「彩(いろどり)で涼む、京の清涼展」
期日:平成29年6月1日(木)~8月21日(月)

「キリン一番搾り×市場小路×京都伝統工芸 コラボショップ」
平成29年6月14日(水)~8月31日(木)
京都限定ビールの「キリン一番搾り京都に乾杯」、市場小路料理職人による“京都肉”の限定料理メニューをご提供致します。
京都若手伝統工芸職人による店内外装飾をお楽しみ頂けます。各技術を駆使したオリジナル装飾品でお客さまをお迎えします。
若手陶芸作家10名が特別に作陶した「あなたが決める 一番タンブラー」を実施します。
期間:7月1日(土)から7月31日(月)
内容:
・若手作家による10種類の『京焼・清水焼』ビアタンブラーに注がれた「キリン一番搾り 生ビール」を飲んで投票いただき、一番人気の作品を決定します。
・飲んで投票していただいた方には、もれなく一杯に一個『京焼・清水焼』箸置き(なくなり次第終了)をプレゼントします。
・上記期間終了後、8月1日(火)から8月31日(木)の期間、「市場小路寺町本店」店内で、一番人気となった作家紹介・作品展示します。

『京都ブルルン滞在記』
平成29年7月8日(土)~9月3日(日)
東映太秦映画村~嵐電沿線をはじめ京都市内一帯で開催中の「実写映画『銀魂』公開記念 京都ブルルン滞在記」が、映画公開を目前に控えリニューアル!フード、グッズ、アトラクションなど新商品が多数登場です。銀魂ファンは京都にGO!
(映画は7/14(金)ロードショー)
(C)空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会
(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

『映画村ひえひえ王国』 =夏だ!びしょびしょ!映画村!! 泡まみれで遊ぶ期間限定アトラクション=
平成29年7月15日(土)~9月3日(日)
夏恒例!大人も子供もびしょ濡れになって大騒ぎの「映画村ひえひえ王国」が今年もやってくる!昨年大好評だった期間限定アトラクション「水の迷路」がパワーアップ!『水の迷路2』となって帰ってきます。
迷宮のように入り組んだエア遊具の中は高さ10mの水柱がビュンビュン噴き上がります。さらに頭上から大量の泡が降り注ぐ泡プールタイムも!こちらも恒例の『水かけまつり』は身長3mの巨大忍者との水かけ合戦でエキサイト!忍者も放水量大幅パワーアップです。水鉄砲をもって参加しよう。
映画村は室内アトラクションが豊富ですので、着替えた後も涼しく遊べます。
暑い夏は映画村で吹き飛ばそう!

京都水族館×京都国立博物館連携企画 すいぞくかんとはくぶつかん
平成29年7月1日(土)~9月3日(日)
“水のいきもの”をテーマにそれぞれの施設で連動した展示を行う期間限定の特別イベントです。イベントにあわせて京都水族館で絵画コンテストを開催されます。

元離宮二条城「築城400年記念 展示・収蔵館」平成29年度第2期展示事業 大政奉還150周年記念展示第1弾:絵画の舞台 ~〈黒書院〉一の間・二の間の障壁画 ~
平成29年6月27日(火)~9月3日(日)まで ※7月4日,11日,18日,25日,8月1日,8日,15日,22日,29日は休館します。
今年,大政奉還150周年を迎えるのを記念して,教科書の挿図(そうず)を通じて広く知られている明治神宮聖徳(せいとく)記念絵画館壁画《大政奉還》に室内の様子が詳しく描かれた,〈黒書院〉一の間・二の間の障壁画を展示します。
将軍が背にする北面の大床(おおどこ)貼付では,雪をまとう巨松(きょしょう)と紅梅が初春を寿(ことほ)ぎ,東面と西面の襖や壁貼付では,咲き乱れる桜や躑躅(つつじ)に鳥たちが遊ぶ等,この上なく豪華な「絵画の舞台」を是非御堪能ください。
なお,〈黒書院〉一の間・二の間の障壁画が一堂に会するのは,展示・収蔵館では7年ぶりとなります。

※画像:二条城二の丸御殿〈黒書院〉一の間障壁画《桜花雉子図》(部分)

ガラスの茶室 - 光庵
~平成29年9月10日(日)
京都の将軍塚青龍殿にて開催されております「 ガラスの茶室 - 光庵 」の会期が2017年9月10日(日)までとなりました。国内外から多くの反響をいただき、沢山の方々にご覧いただきましたことを心より御礼を申し上げます。展示最終日まで残すところわずかとなりましたが、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
「ガラスの茶室 - 光庵 」は、2011 年に開催されました第54 回ヴェネツィア ビエンナーレ国際美術展 Glasstress 2011 にて、建築プロジェクトとして発表致しました。2015 年春、京都・フィレンツェの姉妹都市提携50 周年を記念し、京都の天台宗青蓮院門跡境内、将軍塚青龍殿の大舞台にて展示させていただきました。
光庵は、自然と一体化することで時間を知覚化し、日本文化の根源を問う作品です。
今後は、日本の文化を象徴する京都からはじまり、国内外の巡回を予定しております。

嵐山の鵜飼
平成29年7月1日(土)~9月23日(土・祝) 19時~21時
※9月1日(金)以降は18時30分~20時30分 ※8月16日(水)は貸切船のみ(乗合船はありません)

かがり火の中、〝夏の風物詩〟として知られる鵜飼の見物を楽しみます。
乗合船・出発:19時、20時
※9月1日(金)以降は18時30分、19時30分

※乗合船の予約はできません
※貸切船(予約制)もあります

→「嵐山の鵜飼」ページはこちら

企画展「京都番組小学校史入門 ―創設150周年へカウントダウン―」
平成29年7月1日(土)~9月25日(月)
いよいよ、7年ぶりの番組小学校展が始まります。2年後n番組小学校創設150周年にむえて、これから番組小学校のことを学びたい方、改めて学び直したい方などに、おすすめです。
展示史料はどれも貴重なものばかりですが、解説は平易で分かりやすくしてあります。小学生のみなさんも、お家の方と一緒に是非見学に来てください。
【関連イベント】
① 講演会:幕末維新期の京都の教育 7月9日(日)
② 上映会:むかしの子どもを動画で見よう! 7月29日(土)
③ 演奏会:明治の足踏みオルガンコンサート 9月16日
④ 講演会:明治時代の小学校 9月23日

→チラシはこちら

貴船の川床
平成29年5月1日(月)~9月30日(土) 〈期間はお店により異なる場合があります〉
清流のせせらぎを間近に、市中よりも一層さわやかな空気に包まれ新緑の渓谷美も堪能。
叡山電鉄「貴船口」から貴船までは路線バスも利用できます。

納涼床の詳細ページ もご覧ください。

香雲・ミニコンサート
平成29年7月1日(土)~9月30日(土)の土・日・祝日
京の夏の旅キャンペーンイベント「京都・大原探訪」の期間に開催
「やすらぎの京都、癒しの里大原」をテーマに浄蓮華院・蓮成院を会場に開催されます。

鴨川納涼床
平成29年5月1日(月)~9月30日(土)
江戸時代の大らかで粋な町衆文化をしっかりと受け継ぐ鴨川の床。約100店が営業し、山々を借景とした水辺の風景と京料理をはじめ、イタリアン、フレンチ、カフェなどさまざまなお料理が楽しめます。

納涼床の詳細ページ もご覧ください。

平成29年度企画展 標本からみる京都大学動物学のはじまり
平成29年6月21日(水)~10月8日(日)
京都大学は動物学の分野でも世界をリードしています。その研究や教育の歴史において標本が重要な役割を果たしてきました。本企画展では、京都大学の動物学のはじまりについて、1890(明治23)年までさかのぼる標本をもとに新しい視点で探ります。第三高等学校が購入・収集し、現在までの京都大学で教育・研究に活用された標本を展示するとともに、明治・大正期の第三高等学校や京都における動物学を紹介します。京都大学総合博物館は100年以上の標本の歴史を背景に1997年4月に発足し、設立20周年をむかえました。総合博物館が展開している標本を基盤とした新しい博物館学の構築と大学博物館の役割についても展望します。  

→チラシはこちら

高雄の川床
平成29年4月上旬~11月下旬〈但し、夜の営業は6月上旬から9月中旬のみ〉
新緑の楓に心が和みます。初夏を彩る花に清々しい季節を感じながら京料理を賞味…。
高雄ならではの川床のひとときをご堪能ください。

納涼床の詳細ページ もご覧ください。

京都の住民がガイドする、京都のミニツアー。
全500コース「まいまい京都2017」

平成29年3月4日(土)~12月24日(日)
ガイドは、バラエティに富んだ総勢100名以上。呉服屋店主、植木屋の親方、お坊さん、花街のお姐さん、占い師、廃河川探検家、妖怪の子孫、植物園名誉園長など、多彩な顔触れがそれぞれ専門のテーマでガイドします。
各1.5~3.0kmに設定されたまち歩きコースを、2~3時間かけて、少人数でじっくり堪能します。
コース一例
●京都・パンまつり!かわいい町家パン屋さんの工房見学付き
●ブラタモリ記念、タモリさんを案内したガイドと伏見城凸凹ツアー
●大原野で“春の食宝”白子筍を掘り、そして食べる
●御用庭師とめぐる南禅寺庭園、名庭に秘められた庭師の思い
●東山がいちばん華やぐ時、誰にも教えたくない穴場の桜めぐり
●芸妓さん舞妓さんとお茶屋遊び入門、花街の達人のレクチャー付き
●飼育員さんと歩く京都市動物園、バックヤードにも潜入
●在日コリアン・オモニの暮らしを、東九条に訪ねて
●魔界伝説、平安京のゴーストバスターズ!一条戻橋から北野天満宮まで

定員:各コース10~20名(要予約・先着順)
主催:まいまい京都実行委員会/(一財)京都ユースホステル協会

きものショー
年末年始(12月29日~1月3日)を除く全日 午前10時から午後6時まで
(1)10:30 ,(2)11:30,(3)13:00,(4)14:00,(5)15:00,(6)16:00  の一日計6回行われます。

西陣織会館の名物,豪華絢爛なきものや西陣織帯などを発表する,きものショーを60年間にわたって毎日開催しています!(無料)
西陣ならではの華やかなショーは,男女問わず,海外からお越しの方にも大人気!一本一本の糸が紡ぎだす,美しさの粋を思う存分ご堪能ください。

○ Shall We きものショー?
大好きなきものを着て,ランウェイを歩いてみませんか?
西陣織会館で大人気の「きものショー」に参加できる大チャンス!
なんと1月9日(月)の成人の日には,特別に振袖の「きものショー」に参加できます!
ご参加いただいた方には,記念のお写真や,西陣の老舗「天喜」のお弁当など特別な特典付き。
成人の日のメモリアルとして,お友達お誘いあわせでどうぞ。

日 時 : 平成29年1月9日(月)午後5時~7時(午後4時から着付け開始)
参加料 : おひとり2,800円 カップル・グループは@2,500円
内 容: きもの一式レンタル,着付け,記念のお写真2枚 (追加は別途)
     ウォーキングお稽古,西陣の老舗「天喜」のお弁当
定 員 : 40人(定員になり次第締切りとなります。)※年齢不問
お申込: 西陣織会館(075-451-9231)
≪ご自分のお着物や振袖以外のきものを着用してのご参加もOKです!≫

トロッコ列車 運転開始
平成29年3月1日(水)~12月29日(金) 水曜日運休(3月1日・祝日・行楽シーズンを除く)
トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅まで8つのトンネルを抜ける全長7.3キロ、約25分の列車旅。3月14日までストーブ列車運行!

 伝統行事
萩の名所
平成29年7月~10月
・拝観料 ◆交通

■上賀茂神社 電話 075-781-0011 境内自由 ◆市バス4・46「上賀茂神社前」
■常照寺 電話 075-492-6775 ・400円 ◆地下鉄「北大路」→市バス北1「鷹峯源光庵前」
■真如堂 電話 075-771-0915 境内無料 ◆市バス5「真如堂前」
■迎称寺(こうしょうじ) 電話 075-761-6680 境内無料 ◆市バス5「錦林車庫前」
■平安神宮 電話 075-761-0221 ・600円 ※9月19日無料 ◆市バス5「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
■霊山観音 電話 075-561-2205 境内自由 ◆市バス206「東山安井」
■高台寺 電話 075-561-9966 ・600円 ◆市バス206「東山安井」
■梨木神社 電話 075-211-0885 境内自由 ◆市バス205「府立医大病院前」
■下鴨神社 電話 075-781-0010 境内自由 ◆市バス205「下鴨神社前」
■龍安寺 電話 075-463-2216 ・500円 ◆市バス50「立命館大学前」
■二尊院 電話 075-861-0687 ・500円 ◆市バス28「嵯峨小学校前」
■天龍寺 電話 075-881-1235 ・500円 ◆京都バス71・72「京福嵐山駅前」
■城南宮 電話 075-623-0846 ・600円 ◆地下鉄「竹田」徒歩約15分

 美術展
春季特別展「明治の七宝 ―靖之が駆け抜けた時代」
平成29年4月1日(土)~7月17日(月・祝)
開催場所:並河靖之七宝記念館
休館日:毎月曜・木曜(祝日のときは翌日休館)

明治・大正期に活躍した七宝家、並河靖之の記念館。 彼の邸宅跡である、建物と庭園、旧工房を公開しています。繊細で優美な七宝・花鳥風月の世界をお楽しみください。

特集展示 名刀聚英 - 永 藤一の愛刀 -
平成29年6月13日(火)~7月17日(月・祝) ※金・土曜日は~21:00(入場は20:30まで)
開催場所:京都国立博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)

関西の刀剣界において、昭和の名コレクターとして知られる永藤一(ながふじかず)の蒐集した名刀の数々を一堂に展示します。

企画展 鷹山ふたたび ─祇園祭鷹山復興支援展─
平成29年4月21日(金)~7月18日(火)
開催場所:京都市歴史資料館
休館日:月曜・祝日休館

約200年ぶりの復興に向けて動きだしている祇園祭鷹山の歴史と復興の取組過程を紹介します。

平成29年 春季企画展 「角屋の障子と明かり展」
平成29年3月15日(水)~7月18日(火)
開催場所:角屋もてなしの文化美術館
休館日:毎月曜(祝日のときは翌日休館)

約300年を経ても斬新さを失わない角屋オリジナルの障子と燭台などの照明器具からもてなす、座敷の明るさと雅趣を味わいください。

特集展示 古書画へのまなざし - 伴實コレクション -
平成29年6月13日(火)~7月23日(日) ※7月18日休館 金・土曜日は~21:00(入場は20:30まで)
開催場所:京都国立博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)

古美術を愛する真の「コレクター」であった伴實(ばんみのる)が蒐集した古書画の中から、代表的な作品を紹介します。

技を極める ―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸
平成29年4月29日(土・祝)~8月6日(日) ※金・土曜日は~21:00(入館は20:30まで)
開催場所:京都国立近代美術館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)

日本とフランスの「技」に注目をし、「技を極める」あるいは極められた技によって生み出された美しい作品を両国の文化とともに鑑賞していただく展覧会です。

帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉
平成29年5月20日(土)~8月13日(日)
開催場所:清水三年坂美術館
休館日:毎月曜・火曜(祝日開館)

観光地、清水三年坂に建つ美術館。今回は、柴田是真、池田泰真、川之辺一朝、白山松哉、以上4名の帝室技芸員による蒔絵作品を展示します。

ぎをん 齋藤コレクション ―布の道標― 古裂に宿る技と美
平成29年6月17日(土)~8月20日(日) ※7月18日休館
開催場所:細見美術館
休館日:毎月曜(祝日の場合翌日)

近年話題を呼んだ唐花文錦を筆頭に、中世の綾・錦から近世の辻が花や慶長裂、友禅、そして渡りの更紗まで、東洋染織史を概観できる華麗な染織芸術品の数々を紹介します。

彩(いろどり)で涼む、京の清涼展
平成29年6月1日(木)~8月21日(月) ※休館日 8月22日・23日
開催場所:京都伝統産業ふれあい館ギャラリー

緑色・水色・青色といった涼しげな「色」をテーマ にした伝統産業製品を展示します。

ミュージアム25周年記念 「特別展ポスターコレクション1992-2017」
平成29年7月8日(土)~8月27日(日)
開催場所:立命館大学国際平和ミュージアム
休館日:毎月曜(但し祝日のときは翌平日)

1992年の開館以来これまで開催された特別展ポスターから、ミュージアム25年間の軌跡をたどります。
★夏休み親子企画「へいわ」ってなに??2017
7月23日 (定員50名)

平常展「仏教の思想と文化 -インドから日本へ-」(第1期)
平成29年7月1日(土)~8月27日(日)
開催場所:龍谷大学 龍谷ミュージアム
休館日:毎月曜(祝日のときは翌日休館)

インドで生まれた仏教がアジア各地へ広がり、日本に浸透していった様相を紹介します。

夏の夜空を絞る 巨大絞り地球と辻ケ花「五山の送り火」
平成29年5月9日(火)~8月31日(木) ※8月1日・13日~16日
開催場所:京都絞り工芸館
休館日:会期中無休

世界最古の染色技法「絞り染め」で表現した、心ときめく夏の夜空をお楽しみください。

山岸凉子展「光-てらす-」-メタモルフォーゼの世界-
【前期】平成29年5月27日(土)~6月27日(火)
【中期】平成29年6月29日(木)~8月1日(火)
【後期】8月3日(木)~9月3日(日)※8月9日・16日開館 ※前期と後期の展示作品は同じです
開催場所:京都国際マンガミュージアム
休館日:毎水曜(祝日のときはその翌日)

同展は東京・弥生美術館で2016年に開催した展覧会の巡回で、そこでは公開されなかった「日出処の天子」の新規出展原画も34点追加されています。
デビューから最新作までのメタモルフォーゼ(変容)をお楽しみください。

春夏展 「やきもの巡り 京都・滋賀編」
【前期】平成29年4月26日(水)~6月25日(日)
【後期】平成29年7月5日(水)~9月10日(日)
開催場所:茶道資料館
休館日:毎月曜(祝日は開館)

近畿各地において、中世から近世後期に生産されたやきものを幅広く取り上げ、いわば「ご当地のきもの」を紹介する展覧会をシリーズ化して開催します。

パリ・マグナム写真展
平成29年7月1日(土)~9月18日(月・祝)
開催場所:京都府京都文化博物館
休館日:毎月曜(祝日のときはその翌日)
年末年始(12月28日~1月3日)

ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ= ブレッソン、デビッド・シーモアらを擁した世界最高の写真家集団であるマグナム。彼らがパリをテーマにとらえた作品から精選した130点あまりを展観します。

織部の遺響 ~後水尾天皇と東福門院和子~
平成29年5月20日(土)~9月18日(月・祝)
開催場所:古田織部美術館
休館日:年末年始(平成29年12月29日~平成30年1月4日)

朝廷に茶の湯を広め織部流を学んだ茶人・金森宗和や織部門下で徳川秀忠の娘・東福門院和子が好んだ茶道具などを展示。見どころは、重要美術品である後水尾天皇の宸翰「一貫」や新発見の野々村仁清の蓬菖蒲文茶碗など。

何必館コレクション _ 北大路魯山人展和の美を問う _
平成29年6月27日(火)~9月24日(日)
開催場所:何必館・京都現代美術館
休館日:毎月曜(祝日は開館)

館長の梶川芳友が50年に渡り蒐集したコレクションから、厳選された作品約100点を「陶」「書」「茶」「花」「食」の5つのテーマに分け、古材や更紗、根来などと取り合わせて展示します。

夏の特別展「新選組、義に生きる!!」
第1期 平成29年7月11日(火)~9月3日(日)
第2期 平成29年9月5日(火)~24日(日)
開催場所:幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
休館日:毎月曜(但し祝日のときはその翌日)
※7月23日・30日開館

幕末動乱の京を駆け抜け、鳥羽伏見の戦いから、箱館戦争まで幕府軍として戦った新選組。義に生きた彼らの思いと行動を多くの資料から探ります。

夏期展 樂焼って何だろう?
RAKU WARE – One of the Most Traditional Japanese Ceramics –

平成29年7月1日(土)~9月24日(日)
開催場所:樂美術館
休館日:毎月曜(但し祝祭日開館)

初代長次郎の黒樂平茶碗『隠岐嶋』や3代道入の黒樂平茶碗『燕児』、9代了入の赤樂茶碗 古稀七十之内など、樂焼が持つ魅力を作品から感じて頂くと共に、実際に使われている窯道具なども展示し、見て触れて樂焼を読み解く展観となっています。

京都番組小学校史入門 - 創設150周年へカウントダウン -
平成29年7月1日(土)~9月25日(月)
開催場所:京都市学校歴史博物館
休館日:毎水曜(祝日のときはその翌日)

室町時代の町組をルーツとする「番組」を学区とし、 全国に先駆けて誕生した合計64もの小学校(「番組 小学校」)の歴史をわかりやすく紹介します。

夏の万華鏡展
平成29年6月24日(土)~9月29日(金)
開催場所:京都万華鏡ミュージアム
休館日:毎月曜(祝日の場合翌日)

澄み渡る青空、キラキラと輝く海をイメージした万華鏡。暑い夏の京都で、爽やかな夏の万華鏡をお楽しみください。
★万華鏡手作り教室 8月6日(テディベア)、13日(オイルワンド型、ペットボトル)、20日(粘土でコネコネ)

恋するアンティークドール達 少女のオートマタ展
平成29年7月1日(土)~9月30日(土)
開催場所:京都嵐山オルゴール博物館
休館日:毎火曜(不定期にメンテナンス休館あり)

有名なアンティークドールメーカー『ジュモー』の顔(ビスクヘッド)を持つ少女のからくり人形の特集。華麗なドレスは当時の流行を物語っています。

幕末維新の仏教改革者「長松清風展」
平成28年10月8日(土)~平成29年10月15日(日)
開催場所:京都佛立ミュージアム
休館日:毎月曜(祝日、25日のときは翌平日休館)

生粋の京都人らしい洒脱さ、特有のユーモアやアイロニー。クリエイティブな意匠の数々。何より宗教家としての情熱、信念。日本の夜明けと共に現れた幕末維新の仏教改革者 長松清風を紹介します

「草間彌生 My Soul Forever」
平成29年6月10日(土)~10月29日(日) 受付:10時~17時30分
開催場所:フォーエバー現代美術館祇園京都
休館日:会期中無休

昨春まで「都をどり」の会場として知られてきた祇園甲部歌舞練場に直径5メートルの南瓜のパブリックアートがお出迎え!
「フォーエバー現代美術館」は、同歌舞練場内の八坂俱楽部に伝統と現代を融合させた生きた伝統の発信をコンセプトとしてオープンしました。
大正2年建造の重要文化財の佇まいを生かした現代美術の展示とともに庭園ギャラリーやカフェ、ショップも併設されます。今回はプレオープニング展として、同館所蔵作品のメイン作家である草間彌生作品展を開催。総畳敷きの和空間と草間彌生作品がコラボレーションした新しいアート空間を体験ください。

HPはこちら → http://www.fmoca.jp/

特別展示「極楽浄土への想い」 ~鳥羽法皇と鳥羽離宮金剛心院~
平成29年7月15日(土)~11月26日(日)
開催場所:京都市考古資料館
休館日:毎月曜(但し祝日は開館・翌平日休館)

鳥羽離宮金剛心院跡(伏見区)は平安時代末期に鳥羽法皇が造営した田中殿の寺院。発掘調査では、釈迦堂や九体阿弥陀堂、複数の苑池など全貌がほぼ明らかになっています。様々な出土遺物などを通して当時の極楽浄土への想いを紹介します。

企画展 平安貴族のファッション
平成29年6月12日(月)~12月1日(金)
開催場所:古典の日記念 京都市平安京創生館
休館日:毎火曜(祝日の場合翌日)

束帯や女房装束(十二単)に代表される平安貴族の装束を取り上げ、紹介します。平安貴族の優美な世界をぜひご覧ください。
(協力:風俗博物館)

臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠忌記念「禅林美術展」
平成29年6月15日(木)~12月3日(日)
開催場所:相国寺承天閣美術館
休館日:年末年始

臨済禅師没後1150年と、白隠禅師没後250年を記念し、中国宋・元、日本中近世の墨蹟、祖師図や茶道具等を一堂に展観します。

草間彌生 My Soul Forever
平成29年6月10日(土)~平成30年2月25日(日)
開催場所:フォーエバー現代美術館祇園京都
休館日:会期中無休

祇園甲部歌舞練場内にある、大正5年に建てられた有形文化財・八坂倶楽部。その歴史ある建物の中に選りすぐりの草間作品81点を展示。総畳敷き、壁には浅葱色や弁柄色などの伝統的な色彩を配した展示室で、唯一の体験をお楽しみください。

 コンサート
新喜劇公演
土・日・祝の朝(10:30~)


よしもと祇園花月 7月本公演
①12:30~ ②15:30~ ※土・日・祝、7月18日~は1日2回 ※他は1日1回 ①のみ ※7月12日貸切
豪華出演者による漫才・落語等と京都オリジナルな「祇園吉本新喜劇」の「本公演」を上演。

ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』
月・水・金・土・日・祝 ※メンテナンス休業あり 平日 14:00~、19:00~ 土・日・祝 12:00~、17:00~ 

開催場所:ノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』


休館日:チケット電話受付・お問合せ:平日10:00-19:00 土日祝日9:00-19:00

言葉を使わないコンプレックス(=複合)・エンターテイメント。大人も子どもも国籍も超えて楽しめる、90分100席限定の衝撃体験。