美術展

美術展情報
イベント情報すべて 催し情報 伝統行事 劇場情報

美術展詳細情報

美術展情報一覧へ

開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎月曜・火曜(祝日開館)
交通 市バス100・206・207「清水道」下車
電話番号 075-532-4270
地図表示

企画展〈印籠・緒締・根付〉

平成30年8月25日(土)~11月18日(日)

「印籠(いんろう)」は、もともと判子・印肉や薬の入れ物でしたが、江戸時代に人々のお洒落への欲求が高まると、装身具としても流行します。「緒締(おじめ)」は印籠の蓋の開閉をするためのもの、「根付(ねつけ)」は印籠の紐を着物の帯に通し腰元に吊り下げる際、滑り止めの役割を果たすものです。印籠は緒締・根付と一緒に用いられることが常でした。明治時代に入ると、日本人の洋装化等の影響により、印籠は実用性にこだわらない鑑賞品としても発展しました。本展覧会では、当館収蔵の印籠を緒締・根付とともに約90点展示します。彫刻・七宝・蒔絵・象嵌の細かな細工と併せて、印籠・緒締・根付、三者の取り合わせの妙もお楽しみください。

●主な出品作品

《蘭陵王蒔絵印籠》蒔絵:梶川、金工:濱野矩隨/緒締:秋草虫図 真彦/根付:秋草蟷螂図 無銘

《雨宿図蒔絵印籠》塩見政誠

《風流八橋図蒔絵印籠》山本春正

《栗根付》森田藻己

市バス100・206・207「清水道」下車

料金
一般 800円/大・高・中学生 500円/小学生 300円/

※交通の基本はJR京都駅を起点としています。(一部異なる場合があります)

※日時、内容、料金等は都合によって変更されることがあります。

平成30年5月3日(木)~平成31年2月28日(木) 10:00~18:00(最終入館17:30) 草間彌生 永遠の南瓜展
平成30年5月8日(火)~8月31日(金) ※休館日 6月1日・7月2日・8月1日・8月13日~16日 絞り染め 守護四神展
平成30年5月15日(火)~9月2日(日) 2018年通年特別展「大西郷展」
第3期 薩長同盟から大政奉還へ
平成30年5月17日(木)~9月17日(月・祝) へうげものランキング30
平成30年5月26日(土)~8月19日(日) 京のさきがけ
平成30年6月9日(土)~8月19日(日) 蛇足庵のコレクション 江戸のなぞなぞ -判じ絵-
平成30年6月9日(土)~9月2日(日) ※7月18日・25日、8月の水曜日は開館 ビッグコミック50周年展~半世紀のビッグな足跡~
平成30年6月14日(木)~12月1日(土) 企画展 宮廷社会の食文化
平成30年6月23日(土)~10月1日(月) 2014~2016年度 新収蔵品展
平成30年6月28日(木)~9月30日(日) 蘭島閣美術館コレクション  京の日本画家が描く情景
平成30年6月29日(金)~9月18日(火) いま明治を考えるプロジェクト
特別展 明治150年 京都、写真の時代
平成30年6月30日(土)~8月26日(日) 開館40周年 夏期展 樂焼って何だろう? 炎の中の赤と黒
前期 平成30年7月3日(火)~8月5日(日)
後期 平成30年8月8日(水)~9月30日(日)
サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝 ~江戸の名品勢ぞろい~
平成30年7月7日(土)~9月17日(月・祝) 西尾維新大辞典~京都篇~
平成30年7月10日(火)~9月9日(日) 平安博物館回顧展―古代学協会と角田文衞の仕事―
平成30年7月14日(土)~8月19日(日) シリーズ展2 「仏教の思想と文化 ―インドから日本へ― 特集展示 近世京都の寺社参詣」
平成30年7月14日(土)~10月26日(金) 万華鏡あれこれ展
平成30年7月14日(土)~11月25日(日) 特別展示「お公家さんのうつわ―京都御苑出土の古伊万里を中心に―」
平成30年7月21日(土)~9月2日(日) 特集展示 謎とき美術!最初の一歩
平成30年7月28日(土)~9月2日(日) サム・フランシスの色彩 -夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション
平成30年8月1日(水)~10月7日(日) ※休館日:月曜日・祝日・8/11~17 新島襄のかお
平成30年8月4日(土)~9月2日(日) おさるのジョージ展
平成30年8月4日(土)~10月8日(月・祝) バウハウスへの応答
平成30年8月7日(火)~9月9日(日) 特集展示 百萬遍知恩寺の名宝
平成30年8月25日(土)~11月18日(日) 企画展〈印籠・緒締・根付〉
平成30年8月29日(水)~10月8日(月・祝) 生誕110年 東山魁夷展