平安京遷都(794)

内容概要

延暦13年(794)10月、桓武天皇によって造都が推進され、長岡京から現在の京都の母胎となる平安京へ遷都された。京域は東西約4.5キロ、南北5.3キロ。中央を朱雀大路が南北に走り左京と右京に区分。

【正式名称】
平安京遷都(794)(へいあんきょうせんと)

関連情報

桓武天皇 第50代。光仁天皇の第1皇子。45歳で即位し、26年間在位。現実的な政策を展開したが、特に長岡京の造営から平安京への遷都を成した。蝦夷平定に力を注いだほか、地方政治振興、勅旨田(ちょく...