伏見城炎上、関ヶ原合戦(1600)

内容概要

伏見区桃山の丘陵に豊臣秀吉、徳川家康・秀忠が5期にわたり築いたのが伏見城。慶長5年(1600)、天下分け目の戦い、関ヶ原合戦の前哨戦により落城焼亡、慶長7年家康が第3期の規模に準じて再興した。

【正式名称】
伏見城炎上、関ヶ原合戦(1600)(ふしみじょうえんじょう、せきがはらのかっせん)

関連情報

徳川家康 江戸幕府の初代将軍。三河(愛知県)岡崎城主松平広忠の長男。豊臣秀吉の全国統一に尽力。関ヶ原合戦に勝ち、大坂冬夏の陣で豊臣氏を滅ぼし、天下を統一。京都では二条城を作り、東本願寺の...
豊臣秀吉 安土桃山期の武将。尾張(愛知県)生まれ。織田信長の家臣となり信長死後、全国統一。朝鮮半島の侵略に出兵。京都では聚楽第を建設。市中寺院の集中、御土居築造、新町割つくりなど京都改造...
桃山 伏見区の中南部、桃山丘陵(標高100メートル余)南部一帯の地域の名。古くは伏見山といい、1623年(元和9)伏見城が落城後、山一帯に桃の木が群生したことから名付けられた。明治初年には山...