角倉了以、高瀬川開削(1611)

内容概要

角倉了以は河川疎通の難事業を進めた安土桃山、江戸初期の豪商。高瀬川は方広寺大仏再建の資材を運搬するため開削した人工河川。京都・伏見間の物資輸送路として活用された。

【正式名称】
角倉了以、高瀬川開削(1611)(すみのくらりょうい、たかせがわかいさく)

関連情報

角倉了以 安土桃山・江戸初期の豪商。角倉船で安南国と海外貿易。河川開発では富士川、天竜川の疏通事業を手がけ、京都では大堰川、鴨川を開き、高瀬川を開削。嵐山の大悲閣にある河川開発を象徴する...
伏見 伏見区の中南部。桃山丘陵とその西ふもと一帯に広がる地域の名。日本書紀にも見えるが、延久年間(1069-74)に橘俊綱がこの地に山荘を造営して伏見殿と称したのが地名になったとも伝わる。良...
高瀬川 中京区木屋町通二条下ル付近から鴨川を分流し、鴨川と平行に南流、中京・下京・南区陶化橋付近で鴨川に注ぎ、東山区福稲から再び分水を経て伏見区へ貫流し宇治川に入る人工川。全長10キロ、...