「新古今和歌集」成立(1205)

内容概要

「新古今和歌集」は、後鳥羽上皇の勅令で元丘2年(1205)、藤原定家、藤原家隆らが撰した歌集。貴族的権威崩壊の背景が、貴族歌人を超現実的な自然観照と洗練された技巧表現にはしらせた。

【正式名称】
「新古今和歌集」成立(1205)(「しんこきんわかしゅう」せいりつ)

関連情報

藤原定家 鎌倉初期の歌人・公家。藤原俊成の子。和歌所寄人として『新古今集』の撰者となり、また『新勅撰集』を撰集。『源氏物語』など多くの古典の書写も成した。貴重な資料の日記『明月記』が冷泉...