足利義政、東山山荘を造営(1473)

内容概要

室町幕府8代将軍・足利義政は、文明5年(1473)、義尚に将軍職を譲り、大乱で焼亡した東山浄土寺跡地一帯に東山山荘を造営した。この東山山荘が、後の銀閣寺である。以後、東山文化の興隆をもたらすことになる。

【正式名称】
足利義政、東山山荘を造営(1473)(あしかがよしまさ、ひがしやまさんそうをぞうえい)

関連情報

足利義政 室町幕府8代将軍。実子がなく、弟義視を後嗣とした後、妻日野富子が生んだ義尚を将軍に立てようとし、応仁の乱の要因となる。将軍を義尚に譲り、東山に山荘(銀閣寺・慈照寺)を造営。この山...
銀閣寺 臨済宗相国寺派。1482年(文明14)足利義政が営んだ山荘東山殿を寺に改めた。1489年(延徳元3)に上棟した銀閣(国宝)は宝形造り二層の楼閣。上層は潮音閣。下層は心空殿。庭の北にある東求...