葵祭復興(1946)

内容概要

葵祭は、毎年5月15日に行われる上賀茂神社および下鴨神社の祭礼である。欽明天皇の代に凶作が続き賀茂神の祟りを鎮めるために始まった祭り。途中何度も途絶えたが、昭和21年(1946)に復興した。

【正式名称】
葵祭復興(1946)(あおいまつりふっこう)

年間行事

葵祭 5月15日、下鴨神社、上賀茂神社の例祭。正しくは、賀茂祭。祇園祭、時代祭と共に京都三大祭の一つ。平安朝の優美な古典行列が見もの。行列のすべてに葵の葉が飾られるので、その名がある。午...

関連情報

上賀茂神社 御祭神は賀茂別雷神で、神代の昔、本殿の北北西にある神山(こうやま)に御降臨になり、天武天皇の御代現在の地に社殿造営。厄除、八方除、電気の守り神、必勝の神として信仰を集めている。...
下鴨神社 平安期以前の創祀で京最古の社の一つで山城国一の宮と崇められ、国事を祈願し、国民の平安を祈る神社として「賀茂斎院の制」「式年遷宮の制」等が定められた。祭神は賀茂建角身命と玉依媛命...