象嵌

内容概要

金属に金や銀、赤銅などをはめ込んで模様で装飾する象嵌は、シリアのダマスカスで生まれ、日本には飛鳥(あすか)時代(6~7世紀)に伝わったとされています。平安時代(8末~12世紀)には技術の基礎ができ、江戸時代(17~19世紀)には京都の埋忠(うめただ)、正阿弥(しょうあみ)など刀やよろいなどをつくる職人が優れた象嵌を生みました。京都の象嵌は、鉄、銅、真鍮(しんちゅう)などの地金(じがね)に縦横の細かい布目の溝を彫り、金、銀、銅などを鎚(つち)で打ち込んでいく布目象嵌を中心としており、繊細な美しさが特徴です。

【正式名称】
象嵌(そうがん)