あぶり餅

内容概要

北区紫野、今宮神社の東門に面した茶店一和が平安後期から売る餅。親指大の餅片を12センチほどの細く割った竹串にさし炭火であぶって、きな粉と混ぜた白みそをつけて食べる。994年(正暦5)一条天皇の時、疫除けの意味で神前に供えたのが初め。一和は1000年(長保2)の創業。市バス今宮神社前200メートル。

【正式名称】
あぶり餅(あぶりもち)

関連情報

今宮神社 平安期以前から疫病鎮めに疫神を祀った社があったといわれる。994年(正暦5)都の悪疫退散を祈り、御輿を造営し紫野御霊会を営んだのが今宮神社の起りである。現在の社殿は1902年(明治35)...