吉田山

内容概要

左京区吉田神楽岡町にあり、標高102メートル。比叡山地から花折断層により分離した南北400メートルの孤立丘。丘陵一帯は吉田神社の境内で、神座の岡から「神楽岡」の名で親しまれる。中世には度々戦場となった。今は公園化し、風致地区。丘上に旧制三高寮歌「紅萌ゆる」の歌碑。市バス京大正門前下車500メートル。

【正式名称】
吉田山(よしだやま)

観光ルート情報

井上靖ゆかりの地をたどる 京都大学-吉田山-神楽岡-銀閣寺-北白川-百万遍(知恩寺)九州大学から京都大学に転学した井上靖はあまり教室には出ない学生だったようで、吉田山に下宿し、百万遍かいわいから北白川に...

関連情報

吉田神社 859年(貞観元)藤原山蔭卿が春日の神を勧請し、平安京の鎮守神にしたのが起こり。室町期吉田兼倶卿が吉田神道を唱え権威を高めた。本殿は慶安年間(1648-52)再建の春日造。境内に重文の「...
風致地区 風趣に富んだ自然的景観を維持、保存する地区。京都は古都だけに市域の約30%を指定している。地域の地形や森林等の自然的要素や美観的な要件などに応じて、第1種地域、第2種地域、第3種...