皆子山

内容概要

北山連峰の最も東にある。標高971.5メートル、京都市域の最高峰。登りはきつい。安曇川源流をさかのぼって京都に戻り、安曇川本流を離れ寺谷の急坂から稜線を経て頂上。山名は日本山岳会京都支部の故今西錦司顧問が名付けたという。旧名は霞ヶ嶽とみられる。

【正式名称】
皆子山(みなこやま)