御手洗川(明神川)

内容概要

現在は明神川と称するが、古くは御手洗川の名で知られる。北区上賀茂を流れる賀茂川(鴨川)の分水。上賀茂神社の社殿の背を回り、御物忌川、楢の小川と名を変え、境内を出て再び明神川となり一部は賀茂川に合流し、一部は社家町の北を東流する。その名のとおり上賀茂神社の御手洗の水である。また下鴨神社にも同名の御手洗川があるが水源は湧水である。

【正式名称】
御手洗川(みたらしがわ)
【通称名称】
明神川(みょうじんがわ)

関連情報

上賀茂神社 御祭神は賀茂別雷神で、神代の昔、本殿の北北西にある神山(こうやま)に御降臨になり、天武天皇の御代現在の地に社殿造営。厄除、八方除、電気の守り神、必勝の神として信仰を集めている。...
下鴨神社 平安期以前の創祀で京最古の社の一つで山城国一の宮と崇められ、国事を祈願し、国民の平安を祈る神社として「賀茂斎院の制」「式年遷宮の制」等が定められた。祭神は賀茂建角身命と玉依媛命...
明神川 源流は賀茂川。上賀茂神社の境内に近づくと御生所川・御手洗川と名を変える禊のための聖なる川。一方、御手洗川の一部は楼門前で御物忌川となり、御手洗川と合流して楢の小川となり、境内を...