雙ヶ岡

内容概要

右京区御室双岡町にあり、標高116メートル。名勝指定。一の丘・二の丘・三の丘と順次低くなり、山腹に古墳群がある。周辺地は古くから天皇の遊猟地で、「徒然草」の兼好法師は二の丘西麓に住んだと伝え、一の丘東麓の長泉寺にその歌碑と墓がある。1966年(昭和41)に歴史的風土保存区域の指定も。市バス双ヶ丘下車すぐ。

【正式名称】
雙ヶ岡(ならびがおか)

観光ルート情報

妙心寺界隈 妙心寺は、右京区花園の中央に位置する本市屈指の禅宗寺院で、正法山と号する妙心寺派の大本山である。その広大な境内には38、境外には10の塔頭を擁し、文化財は、大徳寺とともに禅文化の双...

関連情報

徒然草 吉田兼好の随筆。成立は、元徳2年(1330)から翌元弘元年にかけて書かれたとする説と、在俗時代に起筆し、元徳2年から元弘元年にかけて仕上げられた、20年前後にわたる作とする説とがある。...
御室 右京区の仁和寺門前を中心に広がる地域の名。平安時代、宇多天皇が仁和寺を造営するなど古くから開けた。中世の陶匠・仁清がこの地に居を構えた。現在も2カ所に窯跡がある。京福電車御室仁和...