高瀬川

内容概要

中京区木屋町通二条下ル付近から鴨川を分流し、鴨川と平行に南流、中京・下京・南区陶化橋付近で鴨川に注ぎ、東山区福稲から再び分水を経て伏見区へ貫流し宇治川に入る人工川。全長10キロ、幅7メートル。角倉了以が1611年(慶長16)開削。京都―伏見間の物資を輸送する舟運を盛んにした。森鴎外の『高瀬舟』の舞台。舟の荷物揚げおろしをする船溜(船入り)が9ヵ所あり川の起点の木屋町二条を「一之舩入」といい、石碑がある。国の史跡。

【正式名称】
高瀬川(たかせがわ)

観光ルート情報

タウンガイド<洛中> 四条通は百貨店やブティック・飲食店などが連なるショッピングストリート。四条大橋東詰から烏丸通にかけての区間はアーケードも改装され、一層オシャレになった。それに対して、四条通一筋...

関連情報

角倉了以 安土桃山・江戸初期の豪商。角倉船で安南国と海外貿易。河川開発では富士川、天竜川の疏通事業を手がけ、京都では大堰川、鴨川を開き、高瀬川を開削。嵐山の大悲閣にある河川開発を象徴する...
木屋町通 京都市街地東部の南北路。北は二条通から南は七条通まで。角倉了以による高瀬川の開削に伴い開通。通り名は高瀬川で搬入する木材、薪炭を商う店が多かったためで、初めは樵木町通と呼んだ。...
高瀬舟 森鴎外の名作。大正5年発表。弟殺しの罪で遠島を申し渡された罪人を大阪へ護送する途次の話を、史実に即して書いた作品で、安楽死の問題などに触れている。
伏見 伏見区の中南部。桃山丘陵とその西ふもと一帯に広がる地域の名。日本書紀にも見えるが、延久年間(1069-74)に橘俊綱がこの地に山荘を造営して伏見殿と称したのが地名になったとも伝わる。良...
宇治川 琵琶湖に源を発し京都府の南部を流れる川。淀川水系73.1キロの中流部の名称で、上流を瀬田川、宇治市域に入って京都市伏見区までを宇治川、3川合流点から下流を淀川と称し大阪湾に入る。古く...