鞍馬山

内容概要

左京区鞍馬にある。標高569メートル。東の鞍馬川、西は貴船川にはさまれ分水界をなし、全山老杉巨桧が生い茂る。植物は原生ものが多い。古名「暗部山」。平安時代から春は雲珠桜、秋は紅葉の名所で、中腹には鞍馬寺がある。鞍馬天狗や牛若丸ゆかりの山でもある。叡山電車鞍馬下車。

【正式名称】
鞍馬山(くらまやま)

関連情報

鞍馬寺 鞍馬弘教総本山。770年(宝亀1)鑑真和上の高弟鑑禎上人が毘沙門天を本尊として奉安したのが起こり。平安時代は京都の北方守護の寺として信仰を集めた。本殿金堂、多宝塔などは近年再建され...