空也の滝

内容概要

清滝から清滝川ぞいに山中に入った愛宕山麓にある滝(長さ12メートル幅1メートル)で京都近郊では最大級。市聖空也上人(903-72)修行の故地といわれ、近くにいまも行者の道場がある。水は幾条にも分かれて岩肌を洗い、夏でも冷気ただよう。京都バス清滝下車5キロ。

【正式名称】
空也の滝(くうやのたき)

関連情報

空也 平安中期の念仏僧。生国不明。諸国を遍歴後、京都に入り、口称念仏を広め、市聖(いちのひじり)と呼ばれた。天台座主延昌により受戒、光勝の名を受けた。悪病流行時は勧進で仏像を造立。鴨...
清滝 右京区・愛宕山東南ふもとの地域の名。愛宕神社への参詣路で、戦前はケーブルもあった。夏は京都で数少ない納涼避暑地となる。俳聖・松尾芭蕉が句を詠み、徳富蘆花が失恋の傷みをいやし、与...
愛宕山 右京区嵯峨愛宕町と北桑田郡京北町の境にある山。標高924メートル。丹波山地で突出した硬岩からなる残丘。山頂には火難除けの信仰が厚い愛宕神社があり、山腹には月輪寺、空也の滝がある。登...