鴨川(賀茂川)

内容概要

京都の顔で代表的な川。北区雲ヶ畑・桟敷岳を源とし南下、上京区出町付近で高野川と合流後、市街地東部を南へ貫通し伏見区下鳥羽で桂川と合流し淀川に入る。全長23キロ。814年(弘仁5)「日本紀略」に書かれたのが古く、文学や歴史にしばしば登場する。加茂川とも。現在、高野川合流点(出町)以北を賀茂川、以南を鴨川と使い分けられるが、現河川法では全長を鴨川と総称する。

【正式名称】
鴨川(賀茂川)(かもがわ)

観光ルート情報

森鴎外ゆかりの地をたどる  高瀬川ー之舟入ー鴨川ー伏見疎水運河ー伏見港公園 森鴎外の小説「高瀬舟」に描かれる場所を訪ねるコース。江戸時代、京の罪人が高瀬舟に乗せられて高瀬川を京の町々を見ながら伏見の港ま...

関連情報

出町 上京区河原町今出川の北部一帯の商業地区の地名。今出川の一筋北が出町橋に通じるため、通り名をいう場合もある。市内から洛北への出はずれ、の意味から「出町」になった。古くから洛北の農...
桂川 左京区広河原を源とし、亀岡盆地、京都盆地の西南部を貫流し淀川に注ぐ京都最大の河川の一つで、全長114キロ。986年(寛和2)一条天皇がこの川で舟遊びするなど平安時代の歴代天皇の遊覧地。...
桟敷岳 北区雲ヶ畑の北西、北桑田郡京北町と境する山。標高895.9メートル。鴨川流域の最高峰。頂上からの展望がすぐれ、近年登山者がふえている。山名は惟喬親王(文徳天皇第1皇子)が山頂に高楼を...
高野川 左京区の北東部、途中越付近の山中を源とし左京区出町柳で鴨川と合流する川。全長19キロ。上流部を大原川、中流部を八瀬川。古名は祭器の原料赤土(はに)が流域で産したので埴(はに)川と...