紙屋川

内容概要

北区鷹峯大谷町を源に南流し、西ノ京円町を経て太秦東南で御室川と合流、のち南区吉祥院で桂川に流入する。北野天満宮西付近から上流を紙屋川、下流を天神川とよぶが、現在河川法では上流から天神川と総称し全長14キロ余。川の名は平安期に、この川のほとりで禁裡御用の紙を漉いた紙座があったことに由来する。

【正式名称】
紙屋川(かみやがわ)

関連情報

北野天満宮 「北野の天神さん」と親しまれている北野天満宮は、天暦元年(947)に創建され、平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真公をお祀りする全国に約一万社御鎮座する天神社・天満宮の宗祀(...
太秦 右京区の中心地区にある地名。5世紀のころ百済から渡来した秦氏がここで大陸文化を広めた。雄略天皇に献上した絹がうづ高く積まれたことから「禹豆麻佐」(うずまさ)の姓を賜ったのが起こり...
円町 中京区西ノ京円町。西ノ京地域で代表的な商店地帯の名。江戸時代は西京村と呼ばれ、村の民家はここに集まっていた。1918年(大正7)京都市に編入。昭和初期、付近に市電が開通し丸太町線西端...
桂川 左京区広河原を源とし、亀岡盆地、京都盆地の西南部を貫流し淀川に注ぐ京都最大の河川の一つで、全長114キロ。986年(寛和2)一条天皇がこの川で舟遊びするなど平安時代の歴代天皇の遊覧地。...