小倉山

内容概要

右京区嵯峨亀ノ尾町にあり、大堰川(桂川)の北岸に位置し、南岸の嵐山と相対する。雄蔵山・小椋山とも。標高296メートル。東麓に嵯峨野が広がり、東北麓には化野がある。平安期の山麓は貴人の隠棲地。「小倉百人一首」の名は藤原定家がこの地で撰集したことに由来。京福電車嵐山下車1キロ。

【正式名称】
小倉山(おぐらやま)

関連情報

藤原定家 鎌倉初期の歌人・公家。藤原俊成の子。和歌所寄人として『新古今集』の撰者となり、また『新勅撰集』を撰集。『源氏物語』など多くの古典の書写も成した。貴重な資料の日記『明月記』が冷泉...
小倉百人一首 鎌倉初期の詩歌集。藤原定家が古代から鎌倉初期に至る百人の歌人から一首ずつ、計百首の歌を撰した。定家の別荘のあった嵐山の小倉山の山荘の障子に張った百枚の色紙に、定家が撰した百首を...
化野 右京区嵯峨にある地名。小倉山のふもと、二尊院から念仏寺にいたる付近一帯。東の鳥辺野、北の蓮台野と並び葬地として有名である。1931年(昭和6)京都市に編入。近くに嵐山高雄パークウェイ...
嵐山 右京区と西京区にまたがり、渡月橋の西にそびえる山。標高381.5メートル。国の史跡名勝。古くから嵐山は歌枕として多くの歌に詠まれているように、春は桜、秋は紅葉の名所として有名。山腹に...
嵯峨野 右京区太秦の西、桂川の北付近に広がる広い住宅地域の名。優れた風物が好まれ、平安時代には天皇、大宮人たちの絶好の遊猟、行楽地だった。1931年(昭和6)京都市に編入。さらに1970年(昭和...
桂川 左京区広河原を源とし、亀岡盆地、京都盆地の西南部を貫流し淀川に注ぐ京都最大の河川の一つで、全長114キロ。986年(寛和2)一条天皇がこの川で舟遊びするなど平安時代の歴代天皇の遊覧地。...