稲荷山

内容概要

伏見区北部、伏見稲荷大社の東にある東山三十六峰南端の山。標高232メートル。一ノ峰・二ノ峰・三ノ峰と三つの峰があり、各峰に円墳がある。古くから神の降臨地とされていて、巡拝する全国からの参詣者で賑っている。

【正式名称】
稲荷山(いなりやま)

関連情報

伏見稲荷大社 ご鎮座は和銅4年(711)とされ、全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮。古くは食物・蚕桑あるいは諸願成就の神、中世から近世にかけて商業神・屋敷神へとご神徳も拡大。本殿(重文)は明...
東山三十六峰 京都盆地の東部を区切る南北12キロにおよぶ36の山々の総称。おだやかな形状を「ふとん着て寝たる姿や東山」の句が言い得て妙。北から順に名称は次のとおり。比叡山・御生山・赤山・修学院山...