愛宕山

内容概要

右京区嵯峨愛宕町と北桑田郡京北町の境にある山。標高924メートル。丹波山地で突出した硬岩からなる残丘。山頂には火難除けの信仰が厚い愛宕神社があり、山腹には月輪寺、空也の滝がある。登山は清滝からの表参道が一般的で、約2時間5.5キロ。

【正式名称】
愛宕山(あたごやま)

関連情報

愛宕神社 大宝年間(701~704)役小角が泰澄と共に神廟を造立したのが始まり。天応元年(781)勅命を受けた和気清麻呂が慶俊僧都と力をあわせ、王城鎮護の社として中興した。「火伏せ(防火・鎮火)」の神と...
月輪寺 愛宕山の山腹にあり、四囲の山々の雄大な景観がひろがる。781年(天応1)慶俊僧都の開創と伝え、空也上人、法然上人も登山参禅、九条兼実も度々閑居した。本堂には本尊阿弥陀如来像(重文)...
清滝 右京区・愛宕山東南ふもとの地域の名。愛宕神社への参詣路で、戦前はケーブルもあった。夏は京都で数少ない納涼避暑地となる。俳聖・松尾芭蕉が句を詠み、徳富蘆花が失恋の傷みをいやし、与...
空也の滝 清滝から清滝川ぞいに山中に入った愛宕山麓にある滝(長さ12メートル幅1メートル)で京都近郊では最大級。市聖空也上人(903-72)修行の故地といわれ、近くにいまも行者の道場がある。水は幾...