八瀬

内容概要

比叡山ふもとの左京区若狭街道に点在する山間の集落の名。都心から10キロの風光明媚な名所。春は桜、秋は紅葉が有名。壬申の乱(672)の際、大海人皇子がここで背に矢傷を負ったのが地名の始まりと伝わる。1949年(昭和24)京都市に編入。叡山電車八瀬比叡山口一帯。

【正式名称】
八瀬(やせ)

関連情報

若狭街道 京都の北部山間を経て若狭にいく道。今出川通の加茂大橋西詰北にあった大原口を出て出町柳から高野川左岸を北へ八瀬・大原・途中越を経て福井県小浜市へ至る。平安京以来の古道で、昔から魚...