桃山

内容概要

伏見区の中南部、桃山丘陵(標高100メートル余)南部一帯の地域の名。古くは伏見山といい、1623年(元和9)伏見城が落城後、山一帯に桃の木が群生したことから名付けられた。明治初年には山の大半が皇室御料地になった。1931年(昭和6)4月京都市に編入。近鉄電車桃山御陵前・東一帯。

【正式名称】
桃山(ももやま)

関連情報

桃山御陵 伏見区桃山町古城山にあり、1912年(明治45)7月30日崩御の明治天皇を葬る。1912年(大正1)9月11日陵墓工事完了。陵墓位置は旧伏見城本丸跡で墳丘は天守閣南にあたり上円下方墳。御陵は東西...