紫野

内容概要

北区南部の船岡山から大徳寺にかけての広い地域の名。平安初期には皇室、貴族の広大な狩猟場だった。蓮台野、北野、平野、上野などと並んで七野の一つに数えられる。1918年(大正7)京都市に編入。西陣織の家内工業が盛んな地域でもある。

【正式名称】
紫野(むらさきの)

関連情報

大徳寺 臨済宗大徳寺派の大本山で龍宝山と号する。鎌倉時代末期の正和4年(1315)に大燈国師宗峰妙超が開創。室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休和尚が復興。桃山時代には豊臣秀吉が織田信長の...
西陣織 5~6世紀頃大陸から帰化した秦氏(はたし)が伝えた織物技術は、平安建都(794年)とともに官営の機織(はたおり)産業として繁栄します。西陣織の名称は、応仁の乱(1467~77年)後、戦乱...
北野 上京区北西部、北野天満宮付近の地名。洛北七野の一つ。平安遷都後は天皇の遊猟地とされた。菅原道真を祭る北野社が創建されてより神社と共に発展した。1587年(天正15)豊臣秀吉の行った北...
船岡山 標高112メートル、東西200メートル、南北100メートルの孤立丘陵。史跡。頂上から眺望よく京の町、特に西陣一帯が見渡せる景勝地。中世には要衝として戦場となり、応仁の乱(1467-1477)で西...
七野 古くから京の北部(現在の北区)に広がる7カ所の野をいった。内野、北野、平野、点野、紫野、蓮台野、上野の7カ所だが、うち現在も地名として残っているのは5カ所。もともと七野という地名は...