深草

内容概要

伏見区の北部、稲荷山の西南ふもとに広がる地域の名。多くの古墳が発掘されるなど古代から開けていた。小野小町の恋人、深草少将ゆかりの地でもある。近郷農村地帯だったが、1907年(明治40)陸軍第16師団が置かれてから活気づいた。JR稲荷、京阪電車深草一帯。

【正式名称】
深草(ふかくさ)

関連情報

小野小町 平安前期の女流歌人。六歌仙の一人。小野篁の孫など諸説あり、美貌の歌人とされる。歌は『古今集』など多くの勅撰集に入る。伝説により謡曲、歌舞伎のテーマとなる。深草少将の百夜通いの伝...
稲荷山 伏見区北部、伏見稲荷大社の東にある東山三十六峰南端の山。標高232メートル。一ノ峰・二ノ峰・三ノ峰と三つの峰があり、各峰に円墳がある。古くから神の降臨地とされていて、巡拝する全国か...