西陣

内容概要

市街地の北東部。北区と上京区にまたがる広い地域の名。応仁の乱(1467-77)で、東軍の細川勝元に対して、西軍の山名宗全が堀川上立売付近に本陣を築いたことから地名となった。乱後、機業家集団「大舎人座」がここに住みつき織物の技術を競った。今も地域内では機織りの音が絶えず、ここで織られる伝統工芸品・西陣織は国際的に有名。

【正式名称】
西陣(にしじん)

観光ルート情報

日野富子ゆかりの地をたどる 華開院-鞍馬口-宝鏡寺-西陣-室町第跡-上御霊神社-吉田神社宝鏡寺は日野富子が過ごした小河第の跡であり、富子と義政の位牌もある。室町第は花の御所とも言われたが今は石碑が残るのみ...

関連情報

細川勝元 室町中期の武将。3度管領となる。将軍家の継嗣や畠山、斯波氏らの家督争いなどで山名宗全と対立、応仁の乱となった。乱では東軍の主将として、宗全が主将の西軍と戦ったが、決着がつかないう...
山名宗全 室町後期の武将。名は持豊。但馬(兵庫県)、備後(広島県)などの守護で、幕政の重職に就く。応仁の乱で西軍の主将として細川勝元と戦い、陣中で没。上京区堀川通上立売下ル西入の邸跡に山...
西陣織 5~6世紀頃大陸から帰化した秦氏(はたし)が伝えた織物技術は、平安建都(794年)とともに官営の機織(はたおり)産業として繁栄します。西陣織の名称は、応仁の乱(1467~77年)後、戦乱...