西京極

内容概要

右京区南端。西京極総合運動公園に象徴される付近一帯の地域の名。1931年(昭和6)京都市に編入の際、平安京の西の京極に位置するところから西京極と名付けた。戦後、葛野中通や五条通など道路が整備され飛躍的に発展した。阪急電車西京極一帯。

【正式名称】
西京極(にしきょうごく)

関連情報

五条通 京都市街地中央部の東西幹線路。東は清水寺近辺から西は右京区西京極の葛野西通まで。平安京の六条坊門小路に当たる。豊臣秀吉が五条通(現松原通)の五条橋を六条坊門に移し、五条橋通と呼...
平安京 794年(延暦13)、桓武天皇により長岡京から平安京への遷都が発せられ、新京を東西約4.5キロ、南北約5.2キロのやや南北に長い長方形に区画し、その中央北部に大内裏、その南面中央の朱雀門か...
西京極総合運動公園 都市公園法に基づく市営総合運動場として1930年(昭和5年)着工、12年かけて1942年(昭和17年)に完成。陸上競技場兼球技場、わかさスタジアム京都(野球場)などで、陸上競技、野球、各球技...