高雄

内容概要

右京区梅ケ畑。都心から15キロ。高雄山(428メートル)のふもと、清滝川に沿った一帯の地名。高尾とも書き、付近の栂尾、槙尾とも合わせて「三尾」といわれる。京都屈指の紅葉の名所。南北朝時代から紅葉どころとして詩歌や絵画にしばしば登場。市バス高雄一帯。

【正式名称】
高雄(たかお)

関連情報

梅ケ畑 右京区北部の、御室から高雄を経て中川に至る周山街道(国道162号)沿いに点在する、広大な集落の総称。高雄も地名は梅ケ畑。承久の乱で後鳥羽上皇が北条氏に追われ、梅ケ畑に避難された際、...
栂尾 右京区梅ケ畑にある地名。清滝川沿いにあり隣接の高雄(尾)、槙尾とともに三尾(さんび)と呼ばれる。紅葉の名所。13世紀に再興された栂尾山高山寺が地名になったといわれる。日本最初の茶...
槙尾 右京区梅ケ畑にある地名。清滝川沿いにあり、隣接の高雄(尾)、栂尾とともに三尾(さんび)と呼ばれる。京都有数の紅葉の名所。高山寺との境界を定めた1230年(寛喜2)の文書にすでに「西限...
高雄山 右京区梅ヶ畑にあり、標高428メートル。東南麓の清滝川に沿った一帯に神護寺と紅葉の名所・高雄がある。高雄山の山腹にある神護寺は真言宗別格本山。北東の栂尾には高山寺、その南西の槙尾に...