清蔵口

内容概要

上京区新町通と鞍馬口通の交差点付近をさす。京の七口の一つ。西蔵口・新町頭とも。清蔵口の設置は中世にさかのぼるともいうが確認できない。長坂口の起点とされ洛中と丹波を結ぶ交通の要所。現在、北区に上清蔵口町、上京区に下清蔵口町がある。

【正式名称】
清蔵口(せいぞうぐち)

関連情報

新町通 京都市街地中央部の南北路。北は上賀茂橋から南は十条通南まで。平安京の町尻小路に当たる。明治中ごろまでは北は鞍馬口通から南は七条通までだったが、市街地の拡大で延びた。丸太町通近く...
長坂口 北区鷹峯から長坂を経て杉坂に至る丹波街道の登り口付近をいう。京の七口の一つ。古くからこの地にしばしば関所が設けられ、長坂口は近世になっても重要視された。
京の七口 室町期から江戸期にかけて、京都と諸国とを結ぶために設けられた街道の出入口。七という数は一定したものでなく時代によって変化した。七口とは五畿七道の七、七口も時代の要請に従って変わ...