嵯峨野

内容概要

右京区太秦の西、桂川の北付近に広がる広い住宅地域の名。優れた風物が好まれ、平安時代には天皇、大宮人たちの絶好の遊猟、行楽地だった。1931年(昭和6)京都市に編入。さらに1970年(昭和45)新丸太町通が開通してから急速に発展した。京福電車有栖川一帯。

【正式名称】
嵯峨野(さがの)

関連情報

丸太町通 京都市街地中央部の東西幹線路。東は鹿ヶ谷通から西は右京区嵯峨釈迦堂大門町まで。平安京の春日小路に当たる。通り沿いの西堀川に材木商が多く、この名称がついたという。幕末以後、鴨川か...
太秦 右京区の中心地区にある地名。5世紀のころ百済から渡来した秦氏がここで大陸文化を広めた。雄略天皇に献上した絹がうづ高く積まれたことから「禹豆麻佐」(うずまさ)の姓を賜ったのが起こり...
桂川 左京区広河原を源とし、亀岡盆地、京都盆地の西南部を貫流し淀川に注ぐ京都最大の河川の一つで、全長114キロ。986年(寛和2)一条天皇がこの川で舟遊びするなど平安時代の歴代天皇の遊覧地。...