雲ケ畑

内容概要

北区上賀茂から北へ12~13キロ、鴨川の源流・雲ケ畑川を挟んだ山間に広がる地域の名。古来から林業が盛ん。平安時代から大内裏修理職領、江戸時代には仙洞御所領となり皇室との関係が深い。地名の起源に諸説。1949年(昭和24)京都市に編入。雲ヶ畑バス雲ヶ畑岩屋橋一帯。

【正式名称】
雲ケ畑(くもがはた)

関連情報

仙洞御所 後水尾上皇の御所として1630年(寛永7)に完成した。御殿は1854年(嘉永7)に焼失したのを最後に再建されず、現在は醒花亭と又新亭の2つの茶室と雄大な庭園が往時の面影を残している。問合...