京橋

内容概要

伏見区中南部にある地名。江戸期には一帯は淀川を下る三十石船や、高瀬舟がひしめき、京・大坂をつなぐ水陸交通の要地として発展し、旅篭、荷物問屋の町を形成していた。1928年(昭和3)に奈良電鉄(現近鉄)が開通するまでは伏見の代表的な商店街であった。市バス京橋一帯。

【正式名称】
京橋(きょうばし)

関連情報

高瀬舟 森鴎外の名作。大正5年発表。弟殺しの罪で遠島を申し渡された罪人を大阪へ護送する途次の話を、史実に即して書いた作品で、安楽死の問題などに触れている。
伏見 伏見区の中南部。桃山丘陵とその西ふもと一帯に広がる地域の名。日本書紀にも見えるが、延久年間(1069-74)に橘俊綱がこの地に山荘を造営して伏見殿と称したのが地名になったとも伝わる。良...