衣笠

内容概要

北区の衣笠山南東ふもと一帯の地名。風光のよい住宅地域。王朝時代から多くの寺院が造営されたが、中世の兵火でほとんど廃絶した。1918年(大正7)京都市に編入。1965~1981年立命館大学が移転し付近はすっかり学生街になった。市バス金閣寺道・南北一帯。

【正式名称】
衣笠(きぬがさ)

関連情報

金閣寺 臨済宗相国寺派。1397年(応永4)足利義満が建立。金閣は宝形造りの三層殿閣で、1950年(昭和25)放火で焼け、1955年(昭和30)再建された。庭は池泉回遊式庭園(特別名勝・特別史跡)であり...
衣笠山 右京区と北区の境にあり北山の一部で標高200.6メートル。絹(衣)掛山とも。古生層からなり、古代は葬送の地で山名は遺体を覆った布地が絹掛・絹笠であったことにもよるという。北山とも呼ば...