上七軒

内容概要

北野天満宮の東、千本釈迦堂の西にある花街の地名。京都の花街では最も古く、室町時代に北野天満宮の造営に使った残木で、7軒の水茶屋を作ったのが起こりとされている。毎年春、上七軒歌舞練場で芸・舞妓たちによる北野をどりが催される。市バス上七軒一帯。

【正式名称】
上七軒(かみしちけん)

観光ルート情報

北野界隈 北野界隈きっての景勝地といえば、やはり船岡(ふなおか)山であろう。山上から京都市街を一望にした後、平安京のメインストリート・朱雀大路であった千本通りを下(さが)ると提灯が数多く...

年間行事

北野をどり 3月25日~4月7日、上七軒歌舞練場。上七軒歌舞会の舞踊公演。上立売浄福寺の岩上座で行った温習会が、1902年(明治35)北野クラブに移り、1952年(昭和27)北野天満宮1050年記念万灯会に協賛...

関連情報

北野天満宮 「北野の天神さん」と親しまれている北野天満宮は、天暦元年(947)に創建され、平安時代に学者・政治家として活躍した菅原道真公をお祀りする全国に約一万社御鎮座する天神社・天満宮の宗祀(...
千本釈迦堂 大報恩寺は藤原秀衡の孫と伝える義空上人の開創。真言宗智山派の名刹。本堂(国宝)は1227年(安貞1)創建時のままで、京洛最古の古建築。本尊釈迦如来坐像(重文)のほか霊宝殿に快慶作の十...
舞妓 可憐な容姿で国内外に知られている。京都らしさの代表風俗。幼い頃から厳しい芸事の稽古を受けて一人前になる。京友禅の着物に西陣織のだらりの帯、目にもあやな容姿が、古都をあざやかに印...