京野菜

内容概要

奈良期から明治期までに50種におよび京料理に欠かせぬ材料。地名付も多く主なものは次のとおり。九条ねぎ・聖護院かぶら・賀茂なす・山科なす・聖護院大根・桃山大根・すぐき菜・堀川ごぼう・壬生菜・じゅんさい・鹿ヶ谷南瓜・桂瓜・京たけのこ・京みょうが・柊野ささげ・京せり・伏見とうがらし・えびいも・くわい・寒咲菜種・鶯菜・畑菜など。現在、約35種を生産。

【正式名称】
京野菜(きょうやさい)

関連情報

京料理 宮中での饗応料理・寺院での精進料理・茶道の懐石料理の三つの影響を受けてつくられた料理。壬生菜・九条ねぎ・聖護院かぶらなど地名を冠した味のよい京野菜を用い、豆腐・生湯葉・生麩・干...
じゅんさい スイレン科の多年生水草。茎と葉の背面に寒天様の粘液を分泌するのが特徴で新葉には殊に多い。中部以北の池沼に自生し夏水面に紫紅色の花を開き、のち卵形の実を結ぶ。若芽・若葉は吸物の具...
壬生菜 現中京区壬生にあたる地域で産出の水菜の一種。縁に切り込みがなく大きな株となり、漬物に好適。明治期には90%が東京へ出荷されたが昭和初期に姿消す。現在、千枚漬に入れる品質のよい九条...