木の芽煮

内容概要

洛北の鞍馬は山椒の産地。この山椒を醤油で長時間炊き上げたもの。木の芽だきとも。その昔、鞍馬山で修行の牛若丸が食べた山椒とアケビのつるの塩漬の‘木の芽漬’から発達し、今の木の芽煮になった。鞍馬の名産。

【正式名称】
木の芽煮(きのめに)

関連情報

鞍馬山 左京区鞍馬にある。標高569メートル。東の鞍馬川、西は貴船川にはさまれ分水界をなし、全山老杉巨桧が生い茂る。植物は原生ものが多い。古名「暗部山」。平安時代から春は雲珠桜、秋は紅葉の...