賀茂茄子

内容概要

大型の球形なす。北区上賀茂で栽培される京野菜の一つ。大きさは直径7.8センチのほぼ球状のものが多く、重さは1キロほどのものも。皮は柔かく肉質もしまり、煮つけ・焼なす・田楽などに好適。現伏見区下鳥羽の丸なすを改良、江戸期に吉田・聖護院で栽培、明治初め上賀茂に移された。

【正式名称】
賀茂茄子(かもなす)

関連情報

聖護院 本山修験宗の総本山。1090年(寛治4)白河上皇の熊野参詣の折、増誉僧正が先達を務め、賞として寺を賜わり、聖体護持の意味で聖護院と名づけた。1788年の内裏炎上の際、仮皇居ともなり、光格...
京野菜 奈良期から明治期までに50種におよび京料理に欠かせぬ材料。地名付も多く主なものは次のとおり。九条ねぎ・聖護院かぶら・賀茂なす・山科なす・聖護院大根・桃山大根・すぐき菜・堀川ごぼう...