舞妓

内容概要

可憐な容姿で国内外に知られている。京都らしさの代表風俗。幼い頃から厳しい芸事の稽古を受けて一人前になる。京友禅の着物に西陣織のだらりの帯、目にもあやな容姿が、古都をあざやかに印象づける。花街の接客が本業であるが、最近は海外への親善使節としての役割も大きい。

【正式名称】
舞妓(まいこ)

関連情報

京友禅 白生地に、花鳥風月などの模様を染め上げる京友禅。その華やかさは京友禅の大きな特徴です。手描友禅と型友禅に大別されますが、手描友禅は、江戸時代中期(17世紀後半)に京都の宮崎友禅斉...
西陣織 5~6世紀頃大陸から帰化した秦氏(はたし)が伝えた織物技術は、平安建都(794年)とともに官営の機織(はたおり)産業として繁栄します。西陣織の名称は、応仁の乱(1467~77年)後、戦乱...