歌舞伎発祥の地

内容概要

鴨川の四条河原。1603年(慶長8)出雲の阿国が歌舞伎踊りを演じたところ。これが歌舞伎の始まりで、江戸前期には常設やぐら=芝居小屋が7軒あり栄えた。現在、南座だけが残っており、毎年「吉例顔見世興行」がある。1991年(平成3)大改修した。南座西側に石碑。京阪電車祇園四条、市バス四条京阪前すぐ。

【正式名称】
歌舞伎発祥の地(かぶきはっしょうのち)

年間行事

顔見世 南座で毎年12月を中心に行われる歌舞伎興行。劇場正面に、出演する俳優の名前を勘亭流で書いた“まねき看板”が上がると、京の人々が冬の到来を感じる風物詩である。江戸時代、劇場と役者は、...

関連情報

南座 出雲の阿国が"かぶき踊り"をはじめた歌舞伎発祥の地で、元和年間(1615~1623)京都所司代によって公に許可された七つの櫓の伝統を現在に伝える唯一の劇場。1906(明治39)年以後、松竹(株)...