霊鑑寺の日光椿

内容概要

霊鑑寺境内の庭園の南西隅にあるツバキ科のツバキ(日光)。「日光」は雄しべが小さな花弁状になって円形にまとまる「カラ」咲きの園芸品種のツバキ。後水尾天皇(1596~1680)の皇女の門跡尼寺であることから、おそらくこの時代の植栽にかかるものと伝えられている。市指定天然記念物。

【正式名称】
霊鑑寺の日光椿(れいかんじのじっこうつばき)
車椅子による見学 不可
拝観・開館時間 10:00~16:00
見学所要時間 約30分
休日・休館 春の特別公開
H27 3月28日~4月12日
料金 600円
予約方法 無し

関連情報

後水尾天皇 第108代。後陽成天皇の第3皇子。徳川秀忠の娘和子(東福門院)を中宮とする。朝廷を圧迫する幕府に反発。讓位後、4代の天皇の間、院政を行った。学問、詩歌、茶道、華道などに通じ、当時の文...
霊鑑寺 臨済宗南禅寺派の門跡尼寺。1654年(承応3)後水尾天皇が皇女を開基として創建。谷御所、鹿ヶ谷比丘尼御所ともいう。御所人形200点など皇室ゆかりの寺宝が多い。石組に特徴のある江戸時代中...